ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PHOTO-U SP01」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PHOTO-U SP01」に関する情報が集まったページです。

遠隔操作対応のauフォトフレーム「PHOTO-U2 SP03」、9月16日から順次発売
KDDIは、PCやケータイから遠隔操作できるフォトフレーム「PHOTO-U2 SP03」を9月中旬から順次発売する。写真のほか、天気予報や緊急地震速報などの配信にも対応する。(2011/9/9)

KDDI、「PHOTO-U SP01」向けに電力使用状況情報を無償で配信
KDDIが8月25日から、東京電力管内の電力使用状況を、デジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」向けのフレームとして配信する。情報料は無料で、パケット通信料のみで利用可能だ。(2011/8/24)

遠隔操作に対応、シンプルデザインのデジタルフォトフレーム「PHOTO-U2 SP03」
au向けデジタルフォトフレームの新モデル「PHOTO-U2 SP03」(Huawei製)が登場。7インチディスプレイを備え、生活情報の配信サービスにも対応する。(2011/5/17)

デジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」向けに朝日新聞短文ニュースを配信
KDDIが2月24日から、デジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」向けに朝日新聞の速報ニュースを48文字以内に要約してで配信する「朝日新聞ニュース」の提供を開始する。(2011/2/23)

KDDI、デジタルフォトフレーム向けに「今日は何の日?」を配信
KDDIが、auのデジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」向けに新コンテンツ「今日は何の日?」の配信を12月1日に開始する。コンテンツ配信サイト「カスタモ for PHOTO-U」も開始する。(2010/11/30)

ソフトバンク、3月以外で過去最高となる純増33万超――2010年9月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2010年9月末時点の携帯・PHS契約数を発表した。ソフトバンクモバイルは、3月をのぞくと過去最高となる33万2600の純増を獲得した。iPhone 4需要が引き続き大きく寄与している。(2010/10/7)

au初の通信対応フォトフレーム、6月24日から順次発売
au初となる通信対応のデジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」が、6月24日から順次店頭に並ぶ。合わせて家族がフィルタなどを設定できる専用サポートサイトの提供も開始する。(2010/6/22)

月額780円で受け取り放題――au、デジタルフォトフレーム向け料金プランを発表
KDDIが、6月以降発売予定の通信対応フォトフレーム「PHOTO-U SP01」の料金プランを発表した。「誰でも割シングル」に申し込むと、月額780円でデータを受け取り放題になる。(2010/5/17)

全機種防水、キー交換、13Mカメラ、高速「KCP3.0」――au 2010年夏モデル10機種を発表
KDDIが2010年夏モデルを発表した。今回は全10機種とも防水機能を備えているほか、カメラ機能や映像機能に注力したモデルや、キーパッドを交換できる機種、ソーラーパネル搭載機をラインアップ。チップセットに1GHzの「snapdragon」を採用した新プラットフォーム「KCP3.0」を導入したモデルも投入する。(2010/5/17)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
通信端末化と多機能化が進む「デジタルフォトフレーム」
デジタルフォトフレーム市場の拡大基調が続いている。デジタルカメラの普及を受けたユーティリティーの登場が予想されていたにせよ、これほどまでの規模となるには他の理由も考えられる。今回は、デジタルフォトフレームの最新トレンドを取りあげてみよう。(2010/4/23)

Flash対応のデジタルフォトフレーム、auが初夏にリリース
ソフトバンクモバイル、ドコモに続いてauも3G通信対応のデジタルフォトフレームを発売。6月発売予定の「PHOTO-U SP01」は、静止画だけでなく、FlashやGIFなどのアニメーションも再生できる。(2010/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。