ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Playfish」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Playfish」に関する情報が集まったページです。

アメフトのトップ選手も熱狂:
世界最強のサッカーゲーム、間もなく正式発表のiOS版「FIFA 13」に迫る
これまでサッカーにまるで興味がなかった筆者を、熱狂的なファンに変えてしまったゲームがある。EAスポーツの「FIFA ワールドクラス サッカー」だ。EAカナダのシニア・バイス・プレジデントであるMatt Bilbey氏に、iOS版「FIFA」の現状や次期バージョンについて聞いた(聞き手:林信行)。(2012/8/7)

Facebookゲームの「SimCity Social」が今夏登場 都市同士の提携や抗争も
Zyngaの「CityVille」に対抗すべく、EAが「SimCity Social」を発表した。(2012/6/5)

「基本無料」でビジネスをする方法――ソーシャルゲームのマネタイズ戦略
ソーシャルゲームやスマートフォンのアプリ市場の一部で共通しているのが、「基本無料だが別の方法で課金を行う」というビジネスモデル。特にソーシャルゲームには、長く遊んでもらう秘訣、価格設定など、さまざまなノウハウがある。『ブラウザ三国志』などを手がけた椎葉忠志氏らが語る「マネタイズの勘所」とは……?(2011/9/9)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その39):
2010年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
くねくねハニィが年末にドカンとお送りする「2010年Top10ニュースランキング!」。ええ、ハニィの独断と偏見ですが、何か? 1年を振り返って今年をしみじみと振り返りたい方必見。来年もよろしく特集ってことでよろしこ。(2010/12/29)

“ハイパー競争”に勝ち残れ 英ソーシャルゲーム大手Playfish、日本参入へ
ソーシャルゲームメーカー大手の英Playfishが日本に参入する。「ハイパー競争」で勝ち残り、日本でも成功するには――副社長が語る。(2010/9/21)

野島美保の“仮想世界”のビジネスデザイン:
Zyngaは“無料”カフェ経営ゲームでどのように課金させているのか
「高品質なら高価格で売れる」という従来の常識が通用しない無料経済(フリー)が、インターネットを支配している。有料で売れない理由は、「価格が高いか安いか判断が付かない」と消費者を迷わせる心理的負担にある。仮想アイテムに、心理的ハードルを越えて買ってもらえる価格を付けるにはどうしたらいいだろうか。Zyngaの『Caf? World』や『Treasure Isle』から、その方法を学ぶ。(2010/8/18)

IVS 2010 Spring:
「ソーシャルゲームという言葉は消える」 Zynga、EA幹部が語る「ソーシャル」
国内外のベンチャー経営者らが集まった「IVS 2010 Spring」は「ソーシャル一色」。オープニングに登場したEAのPlayfish部門とZyngaの幹部がソーシャルゲームについて持論を述べ、将来の日本参入も示唆。(2010/6/18)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その37):
ゆる〜い北米取材報告 -GDCもね♪-
寒過ぎて冬眠から覚めなかった(?)くねくねハニィがお送りする季節外れのGDCリポートをお送りしまぁす。大胆なご無沙汰っぷりでびっくりだよねぇ。おもしろい角度でまとめてみたのでご一読をばっ!(2010/4/20)

せかにゅ:
仏新聞社がWebサイト有料化、ただし「ニュースは永久無料」
新聞社の間でWebサイト有料化の流れが進んでいるが、フランスのLe Figaro紙は、「ニュースは無料、付加機能は有料」という「フリーミアム」モデルを採用する。(2010/2/16)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その35):
2009年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
2009年末になっちまいましたが、くねくねハニィが独断と偏見で語る「2009年10大トピック!」。1年間の話題を振り返って、勝手にこんなことがあった! をランキングしてみたよ〜。(2009/12/30)

EA、ソーシャルゲームのPlayfishを買収
農場ゲームなどのソーシャルゲームを手掛けるPlayfishをEAが買収。人気が高まっているソーシャルゲームに、大手ゲーム会社が乗り出そうとしている。(2009/11/10)

Google、ゲームにもAdSense広告
広告主はゲームに動画広告や、画像広告、テキスト広告を挿入できる。(2008/10/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。