ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rustock」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Rustock」に関する情報が集まったページです。

企業ネットワークへのバックドアと化すボットネット
標的型攻撃など企業や組織を狙ったサイバー攻撃で使われるのが、「ボット」と呼ばれる不正プログラムだ。このボットの現状および将来予測をセキュリティ研究者が解説する。(2012/1/20)

Microsoftがボットネット撲滅作戦を続行 「Kelihos」もダウン
Microsoftは大規模ボットネットのWaledacやRustockに続き、Kelihosというボットネットをダウンさせたと発表した。(2011/9/28)

Android狙うマルウェア、Symbianを抜いて最多に
Android端末を狙ったマルウェアは前期比で76%の急増を記録。マルウェア作者がAndroidに狙いを定めている傾向が鮮明になった。(2011/8/25)

脅威動向の中間報告
2011年も半分が過ぎ、セキュリティ脅威の傾向が明らかになってきた。フォーティネットでは2010年末に発表した2011年の予測の結果を検証している。(2011/7/27)

Microsoft、ボットネット運営者の発見に25万ドルの懸賞金
Microsoftは「Rustock」のボットネットをコントロールしている人物の発見、逮捕、訴追につながる情報の提供者に25万米ドルの懸賞金を提供する。(2011/7/19)

Microsoft、マルウェア撲滅作戦の成果を報告 感染数は半減
迷惑メール送信などに使われていたマルウェア「Rustock」のインフラを破壊する作戦を3月に展開した結果、7月までに感染数は半減したという。(2011/7/6)

巨大ボットネットの「Rustock」がダウン――迷惑メールは激減か
世界の迷惑メールの半数あまりを流通させていた巨大ボットネット「Rustock」がダウンした。(2011/3/18)

世界のスパム流通量が突然激減、その理由は?
10月3日、世界のスパム流通量が突然激減した。その背景にあるボットネットの現状について、Symantecが分析している。(2010/10/7)

スパムの87.9%をボットが送信、メッセージラボ調べ
スパムメールの大部分が新規に台頭したボットネットから送信されていると、メッセージラボは指摘する。(2009/10/7)

ボットネットのスパム配信が高水準に、メッセージラボ調べ
メッセージラボは、大規模なボットによるスパム配信が高水準にあると発表した。(2009/9/3)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(12):
急増したSQLインジェクション、McColo遮断の影響は
(2009/2/12)

初のフルカーネルマルウェア? スパム送信もカーネルモードで実行
Symantecによると、MPACK攻撃で感染するトロイの木馬「Srizbi」は、ユーザーモードを使わずにスパムを送信できる初のフルカーネルマルウェアと見られる。(2007/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。