ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SDN48」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SDN48」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「みんな青春アミーゴです」 ドラマ「野ブタ。をプロデュース」同窓会に“2-B”クラスメイトが集結!
もう13年前!?(2018/5/26)

ふわっふわの“百烈脚” 野呂佳代、太もも完全再現な春麗コスで足技をキメる
足上がっていないけど、それもまた良し。(2018/1/23)

元SDN48河内麻沙美が第1子を妊娠 ぽっこりお腹も公開
SDN48の第1期メンバーとして活動していました。(2016/8/29)

新幹線お掃除がまさかのミュージカル化! 「どう表現すればいいのか……」
10万部を突破する大ベストセラーとなった『新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?』が、まさかのミュージカル化。(2013/3/7)

アニメビジネスの今:
海外では圧倒的、音楽ビジネスに浸透するアニメソング
AKB48が席巻している、昨今の日本の音楽シーン。しかし、長期的に見るとアニメソングも大きな位置を占め続けており、海外からの著作権収入では他ジャンルを圧倒しているのである。(2012/6/12)

「ワンピース 海賊無双」プレス発表会:
「ワンピース 海賊無双」すでに50万の受注! オリラジ藤森さんやSDN48芹那さんも、応援に駆けつけた!
3月1日に発売される無双シリーズ最新作「ワンピース 海賊無双」のプレス発表イベントが開催! 藤森慎吾さんとハンコック姿のSDN48芹那さんも登場し、実機でのデモプレイも行われた。(2012/2/14)

仕事をしたら“若者はナゾ”だった:
なぜ男性ファッション誌『smart』は売れているのか(前編)
男性向けの雑誌が苦戦している。しかし逆風が吹き荒れる中でも、売れている雑誌がある。それが男性ファッション誌の『smart』だ。販売部数を伸ばしている理由、そして若い男性の心をつかむ秘けつなどを、太田智之編集長に聞いた。(2011/10/14)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
わたしがこの国の代表です
SDN48の大堀恵さん、佐藤由加理さん、チェン・チューさんの3人をゲストに迎え、PSP用ファンタジーRPG「グランナイツヒストリー」でオンラインバトルに興じてみました。最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2011年9月2日放送分。(2011/9/8)

IS03でauの復活を、とKDDI田中専務 ビックカメラ有楽町でも“解禁”
秋葉原に続いて、有楽町のビックカメラでも「IS03」の販売開始を記念したセレモニーが開催された。KDDIの次期社長、田中専務はIS03で「auの復活」を目指す。(2010/11/26)

27万人が購入宣言:
日本人向けに作ったことがハマった――アキバヨドバシで「IS03」解禁セレモニー
感無量――。KDDIの田中孝司氏がそう第一声を発したように、まさに満を持しての発売となったauのスマートフォン「IS03」。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでの発売セレモニーで、田中氏はあらためて意気込みを語った。(2010/11/26)

「アラン ウェイク」ダウンロードコンテンツ第1弾配信決定――UstでAKB石田晴香さんらが生放送も
5月27日発売予定のXbox 360専用サイコスリラー「Alan Wake」でダウンロードコンテンツが配信される。また、5月26日にUSTREAMで「Alan Wake」生中継イベント第3弾が放送予定!(2010/5/26)

秋葉原で春のXbox 360祭り開催――AKB48のメンバーも登場!
5月15日、マイクロソフトは秋葉原で春のXbox 360祭りと題し、Xbox 360でしか遊べない新作タイトルの試遊会を行った。「Alan Wake」ステージイベントにはAKB48のメンバーも!(2010/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。