ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「放送禁止」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「放送禁止」に関する情報が集まったページです。

ナイスなキャストですね〜 「全裸監督」シーズン2に渡辺大知、宮沢りえ、伊原剛志ら出演
村西監督の敵となるのか、味方となるのか。(2021/3/26)

「ミッション:インポッシブル」俳優、一般人相手にオンライン乱闘 妻の経歴詐称、疑惑の第7子巡って「黙れクソが」
セレブ一家の俳優。(2021/3/3)

「デッドプール」MCU入りもライアン・レイノルズの尽力で無事R指定に スパイダーマンとのいちゃいちゃ展開へ期待
これが“俺ちゃん流”。(2021/1/12)

トム・クルーズ、新型コロナ対策怠ったスタッフに激怒 ブチギレ音声流出も、ネットでは支持する声多数
「ミッションイン:ポッシブル」最新作撮影現場で。(2020/12/16)

胴体なんて飾りです デッドプールの動いてしゃべる頭だけフィギュアが1万円で買えるぞ
1/8スーパーヒーロー(意味深)。(2020/6/25)

おなかの中から中指ピーン! ケイティ・ペリー、エコー検査で胎児から洗礼 ファン「この母にしてこの娘あり」と大ウケ
生まれる前から母親譲りのサービス精神。(2020/5/14)

「5秒ごとにピー音入ってるの笑う」 サミュエル・L・ジャクソン、“ピー音”連発な外出自粛の絵本読み聞かせに反響
さすがマザファッカ職人。(2020/4/3)

「テレビで生中継!? 聞いてないよ!?」 サンドウィッチマン、聖火が2度消えるハプニングにショートコントで場をつなぐ“神対応”
すばらしい。(2020/3/21)

ファンタスティックですね〜 「全裸監督」シーズン2は2021年配信、主要キャストは続投
お待たせしすぎたかもしれません。(2020/3/20)

セルリアンブルーのプロ経営者【前編】:
「6年で売り上げ5倍」「売上高過去最高の54億円」 プロ経営者・メイ社長が明かす新日本プロレス躍進の秘密
新日本プロレスが絶好調だ。2018年度の売上高は過去最高の54億円。19年には米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで1万6000人を動員し、20年1月4日・5日には史上初の東京ドーム2日間も成功させた。その新日本プロレスの社長がハロルド・ジョージ・メイ氏。メイ社長は、サンスターの執行役員、日本コカ・コーラの副社長を経て、タカラトミーでは社長として業績をV字回復させた「プロ経営者」だ。就任後、海外進出などで新たな戦略を打ち出しているメイ社長に、今後の新日本プロレスの戦略や、プロ経営者から見た日本企業の課題などを2回にわたって聞く。前編では、新日本プロレスの躍進の秘密に迫る。(2020/3/17)

ハピドラ!:
【漫画で紹介】KIMONO騒動でしかキム・カーダシアンを知らない人に伝えたい、まだまだいっぱいのお騒がせエピソード「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」
全員、悪役(ヴィラン)。(2019/10/26)

ライアン・レイノルズ、“悪友”ヒュー・ジャックマンの誕生日をお祝いするも自分を抑えられなくなってしまう
止まらないピー音。(2019/10/13)

この頃、セキュリティ界隈で:
ディープフェイクは見抜けるか、FacebookやGoogleが対抗プロジェクト チープフェイクも登場
ディープフェイク、チープフェイクといった情報操作に対抗する術はあるのか?(2019/9/30)

みなさま、お待たせしました 山田孝之が“AV監督”演じた「全裸監督」、シーズン2制作が決定!
楽しみ。(2019/8/16)

“AV監督”に魅力を感じた理由――山田孝之、「全裸監督」で意識的に切り替えた“村西とおる”のスイッチ
山田さん「どこまで表現していいのかという葛藤が常にあった」。(2019/8/8)

不満をためずに壺へ吐こう ストレス解消グッズ「グチの壺」がヴィレヴァンに
「毒舌」「放送禁止」「ナイショ」といったテーマ別のバリエーションも。(2019/7/1)

ネットに広まる「魔女っ子は放送禁止用語」説 調査して分かった「放送で扱いにくい理由」と「一般人が納得できない理由」
芸人さんのツイートが話題に。まとめサイトなどで記事化され、情報が拡散しています。(2019/3/27)

「火にかけて2時間放置する」 → 「ひどいありさまだ」 ディスカバ「男気クッキング」あんまりな展開に笑いと涙
たき火はガスレンジのように自在に操れませんでした。(2018/12/21)

「放送禁止スレスレ」 藤原竜也&香川照之がドラマ「新しい王様」でカイジ以来の共演、正反対の“王”に
藤原さん「香川さんとの芝居は心地いいものがあり、とても刺激的」。(2018/12/12)

「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」:
世間から「黙殺」される無名候補の生き様が、勇気をくれる
選挙でほとんど報じられない無名候補者を20年取材してきた畠山理仁氏の著書「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」。「変わり者」と受け止められがちな候補者たちの生き方を知ると、「自分も頑張ろう」と思えてくる。(2018/1/26)

ドラマみたい! 宇多田ヒカル、飛行機内で「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか」に遭遇する
ぜひ曲にしてほしい。(2017/12/6)

コロッケでスラッシュメタルの名曲「Angel Of Death」を演奏する猛者あらわる
台風の日にふさわしい。(2017/10/29)

残虐、流血、大量殺人! GACKT、新曲「罪の継承」のMVが完全に放送禁止レベル「グロ過ぎて吐くかと思った」
ひえっ……。(2017/3/15)

アニメ「銀魂」新シリーズはまさかの深夜枠! 「今更!?」「やりたい放題じゃん!」とファンざわつく
一方で、「ギリギリ放送枠取れたって感じぷんぷん」と分析する人も。(2016/11/27)

「りんな」の技術を使ったローソン「あきこちゃん」は、なぜ「マジで!? やば!」などの“女子高生”口調にならないのか
女子高生AI「りんな」のシステムを用いたローソン公式アカウント「あきこちゃん」の技術の裏側が、LINE DEVELOPER DAY 2016で明かされた。(2016/9/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
暴走! マイコラス投手を不問にした巨人の“罪”
巨人のマイルズ・マイコラス投手が“大暴れ”した。8月28日に登板した試合で、相当な不機嫌モード。バットをへし折ったほか、キャッチャーと口論する場面も。チームワークを明らかに乱した言動に対しても、首脳陣は不問。このままでは……。(2016/9/1)

「クソ豚!」「エロい目でジロジロ見んじゃねえよ、このクズ」――“ドS”人工知能「罵倒少女」開発の狙いは? ソニーに聞く
制服姿の美少女AIに罵詈雑言を浴びせてもらえるWebサービス「罵倒少女」が話題に。プロジェクトの狙いをソニー・ミュージックエンタテインメントの担当者らに聞いた。(2016/8/12)

「呪ギャル」とは一体 ニコニコ生放送にて5月6日から48時間ぶっ続けでホラー作品配信
ホラーは苦手ですが「呪ギャル」は気になります!(2016/4/26)

泥まみれの板野にいったい何が! 映画「のぞきめ」の衝撃場面写真、初公開
元AKB48が泥まみれになった姿に戦慄……。(2016/4/1)

板野友美主演のホラー映画「のぞきめ」 怖すぎて放送禁止になったテレビCMをWebで限定公開
横から目、地面にも目、目、目、……!(2016/3/30)

「ドラえもん」フランスで放送禁止はデマ 辻仁成さんのラジオ発言で波紋
現在もちゃんとフランスの子ども向けチャンネルで放映されています。※追記あり(2016/3/4)

Elasticsearch+Hadoopベースの大規模検索基盤大解剖(3):
Hadoop+Embulk+Kibanaのデータ集計基盤によるデータ可視化と集計データを活用したキーワードサジェストの仕組み
リクルートの事例を基に、大規模BtoCサービスに求められる検索基盤はどう構築されるものなのか、どんな技術が採用されているのか、運用はどうなっているのかなどについて解説する連載。今回は、ログデータの分析および可視化の基盤を構成する5つの主なOSSや集計データを活用したキーワードサジェストの事例を紹介します。(2015/8/21)

パチスロ「サイレントヒル」発表で海外ファンが怒り爆発 「ひどい悪夢だ」「『SILENT HILLS』は開発中止にしておいて……」
動画の評価が大変なことに……。(2015/8/6)

E★エブリスタの人気作品がラジオドラマ化、TBSラジオで2番組を放送開始
TBSラジオで、E★エブリスタの人気作品をラジオドラマ化した「AKB48 木崎ゆりあ 2014のシンデレラ」「エブ★ラジ 〜夜の連続スマホ小説〜」の2番組がスタートする。(2014/10/1)

歩く放送禁止用語・江頭2:50がニコ生デビュー 嫌な予感がするぞオ゛ォ゛ーイ!
エガちゃんがニコ生に降臨! 危険が危ないぞ!(2014/7/9)

放送禁止で話題に 「ごめんなさいね、コーラとペプシ」CMがYouTubeで人気
見られないものほど見たくなるものです。(2014/2/10)

もはや外道な恐ろしさ 放置されたベビーカーから悪魔のベイビーが飛び出すドッキリ企画
心配して近づくと、いきなり青白い赤ちゃんが起き上がって鬼の形相で叫ぶ。(2014/1/15)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第22回 カフェを破壊し、隕石を降らせ、エレベーターの床を抜く……、「一般人リアルドッキリ」が海外で大流行
いま海外ではWebでクチコミを起こすための手法として、一般人を巻き込む少し過激な企画が増えている。仕掛けられている人の驚く様子を見ている分には、ものすごく楽しい。そんな意地悪な人間の心理を利用した、ギリギリのところを突く手法だ。(2013/10/23)

コーヒーこぼされたら超能力に目覚めちゃった彼女にとまどう俺たち
中二的設定で余裕。(2013/10/8)

田原総一朗VS. 水道橋博士のテレビと著作権(後編):
番組を動画サイトにアップ、どう思う? テレビが面白い理由
ソーシャルメディアが普及したことでネット上にテレビ番組についての感想や批評を記す人たちが出てきた。テレビ番組の引用はどうあるべきなのか。田原総一朗さんと水道橋博士が語り合った。(2013/6/19)

田原総一朗VS. 水道橋博士のテレビと著作権(前編):
ネットを使ってテレビを見るのは、そんなにダメなの?
動画サイトにアップロードされているテレビ番組は、かなりの数にのぼる。しかしそれらの番組のほとんどは、テレビ局によって消されてしまう。ネット上でテレビ番組を見ることができるようになると、どのようなメリットがあるのか。田原総一朗氏と水道橋博士が語り合った。(2013/5/1)

放送禁止ってレベルじゃねぇぞ! 初仕事でいきなり局をクビになった新人キャスターが話題に
「バカモーン、貴様はクビだ!」という上司の怒声が聞こえてくるようです。(2013/4/23)

「ドラえもん」がバングラデシュで放送禁止に……一体なぜ?
その理由は言語教育にありました。(2013/2/21)

“奇跡のテディベア”が27年後には、下品すぎる“エロテディベア”に…『テッド』衝撃のポスター&予告編が解禁
全米初登場No.1を記録し、話題沸騰の映画『テッド』のポスタービジュアルと日本版予告編が公開された。(2012/11/18)

「あぶない!テレビのタブー」 放送禁止な闇を大放出
ヤラセの裏側、放送禁止用語、ヤクザと芸能人、2012年2○時間テレビ黒い偽善、ス○ちゃんの慰謝料など、テレビでは放送不可能な「テレビの闇」を大放出する。配信は9月12日21時0分〜。(2012/9/11)

伊吹太歩の世界の歩き方:
「プーチンを追い出して!」――マリア様にお願いした女性バンドに世界を学べ
プーチン大統領を揶揄したロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」が禁錮2年の実刑判決を受けた。これ以外にも、ミュージシャンにまつわる政治的・国際情勢的なニュースというのは枚挙に暇がない。(2012/8/23)

アニメビジネスの今:
制作量は日本の2.5倍でも……中国アニメーション産業の光と影
政府の強力な後押しによって、中国のテレビアニメの制作分数は2008年に日本を越え、現在では約2.5倍にもなっている。筆者は先日行われた中国最大のアニメフェア、杭州アニメーション・フェスティバルを訪れ、一躍アニメーション大国となった中国の内情を探った。(2012/5/15)

な、なんだってー:
実践で教える「国際セックス学校」がウィーンに誕生
よりよい恋人になるための技術を「実践で」教えてくれる国際セックススクールがウィーンに開校。ちょっとウィーン行ってくる。(2011/12/1)

「中年サラリーマンの哀愁を、テキトーに歌い上げます」 藤岡藤巻×カントリー娘。里田まい
「崖の上のポニョ」で知られる藤岡藤巻と、里田まい(カントリー娘。)のユニットの新曲「続・オヤジの心に灯った小さな火」 リリースを記念した「藤岡藤巻LIVE」をニコ生。「藤岡藤巻が、放送禁止曲だらけの”まりちゃんズ”時代を彷彿とさせながら、中年サラリーマンの哀愁を、テキトーに歌い上げます。里田まいもスペシャルゲストとして参加するので万が一、藤岡藤巻が期待を裏切っても、里田まいが取り返します……」(2010/10/5)

相場英雄の時事日想:
“前打ち記事”は必要なのか 独りよがりのスクープ
新聞などで「◯○国際会議、主要議題の全容判明」といった見出しが並ぶことが多いが、国際会議などの裏側ではどのような取材が行われているのだろうか。今回の時事日想では、いわゆる“前打ち記事”について紹介する。(2010/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。