ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOSケータイ SH905iTV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOSケータイ SH905iTV」に関する情報が集まったページです。

「SH905i」「SH905iTV」でソフト更新──メール振分設定が解除されるなどの不具合
ドコモはシャープ製端末「SH905i」「SH905iTV」で、メール振り分け設定が解除される、iチャネルテロップが表示されなくなるなどの事象が起こる可能性があると告知。更新ソフトウェアの配布を開始した。(2008/5/20)

ドコモ、「SH905iTV」「SH905i」のソフトウェア更新を開始
ドコモはシャープ製端末「SH905iTV」「SH905i」のソフトウェア更新を開始。更新ソフトウェアの適用で「メール本文編集操作を繰り返して行う際の画面表示レスポンス」が改善される。(2008/4/15)

PR:手のひらに乗るモバイルシアター──シャープ端末に搭載されたドルビーモバイルの秘密
シャープの「AQUOSケータイ SH905iTV」や「SH905i」には、世界で初めて“ドルビーモバイル”という技術が搭載された。映像と音にこだわって生まれたシャープの905iシリーズに、このドルビーモバイルは欠かせないものだった。(2008/3/17)

「SH905iTV」にmicroSDへデータ保存できない不具合――ソフト更新で改善
ドコモは、シャープ製のAQUOSケータイ「SH905iTV」のソフト更新を開始した。一部の2GバイトmicroSDが利用できない不具合や、ワンセグデータ放送の更新が滞る不具合を解消する。(2008/2/20)

“厚い”“遅い”の不満を解消:
PR:約6.1ミリの薄型化を成し遂げた男たち──「AQUOSケータイ SH905iTV」誕生の裏側
前モデルAQUOSケータイ SH903iTVの登場から約1年。大幅な薄型化と高機能化を果たしたドコモ向けAQUOSケータイ第2弾「SH905iTV」が満を持して発売された。その開発の裏には、開発者たちの限界への挑戦があった。(2008/2/14)

PR:“サイクロイドスタイル”ならではの快適な操作性──「AQUOSケータイ SH905iTV」
映像と音にこだわり開発された「AQUOSケータイ SH905iTV」の特徴である“サイクロイドスタイル”は、単に映像が横向きで楽しめるだけではない。ポインティングデバイス「TOUCH CRUISER」との組み合わせで実現する快適な操作性にも注目だ。(2008/2/7)

PR:かつてない映像と音が共演する「AQUOSケータイ SH905iTV」の魅力
シャープが持つ最上級の液晶ディスプレイ、NewモバイルASV液晶による美しい映像と、ドルビーモバイルによる携帯電話とは思えないほど豊かな臨場感あふれるサウンド。この2つが見事に融合し、AQUOSケータイ SH905iTVは生まれた。(2008/1/31)

「AQUOSケータイ SH905iTV」購入者限定──抽選でmicroSDやイヤフォンをプレゼント
シャープは1月24日から3月31日まで、「AQUOSケータイ SH905iTV」のデビューキャンペーンを実施する。SH905iTVを購入後、期間中にキャンペーンに応募すると、抽選で1GバイトのmicroSDかステレオイヤフォンをプレゼントする。(2008/1/25)

PR:上質なメタルの輝きをまとったサイクロイドスタイル──「AQUOSケータイ SH905iTV」
シャープならではのサイクロイドスタイルを採用したAQUOSケータイが、より薄く、さらに大画面に進化した。美しい金属製のヒンジが放つ独特の輝きが、見る者の目を奪う。(2008/1/23)

「SH905iTV」の予価、バリューコースは一括5万円台半ば/月々2205円から
1月24日から全国で店頭に並ぶシャープのAQUOSケータイ「SH905iTV」。冬割適用後の端末予価は、新規の一括払いが5万円台半ば。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは2205円(24回分割の場合)からとなっている。(2008/1/23)

AQUOSケータイ「SH905iTV」、1月24日に発売
ドコモがAQUOSケータイ「SH905iTV」を、1月24日に発売する。3.2インチの大画面を搭載したスリムなサイクロイド型ボディに、ドルビーモバイルを搭載。高画質な画面と迫力の音声でワンセグを楽しめる。(2008/1/21)

写真で解説する「AQUOSケータイ SH905iTV」(ソフトウェア編)
2008年1月以降の発売が予定されている、シャープのドコモ向けAQUOSケータイ「SH905iTV」は、前モデル「SH903iTV」からどのような進化を遂げたのか。改めて実機でチェックした。(2008/1/10)

写真で解説する「AQUOSケータイ SH905iTV」
サイクロイドスタイルのAQUOSケータイが、より薄く、そしてより高性能に進化した。「SH905iTV」は、905iシリーズの機能を搭載しつつ、さらにワンセグを快適に視聴できる機能を搭載するハイエンドワンセグケータイだ。(2007/11/2)

3.2インチフルワイドVGA液晶、TOUCH CRUISER搭載の第2世代AQUOSケータイ──「SH905iTV」
ドコモのワンセグ端末の中で圧倒的な人気を博したAQUOSケータイ「SH903iTV」がさらに薄く、さらに大画面へと進化。TOUCH CRUISERも搭載してフルブラウザ使用時の操作性も向上している。(2007/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。