ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「上海道場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上海道場」に関する情報が集まったページです。

上海問屋、6つのボタンに任意キーを割り当てできるUSB有線リモコン
サードウェーブは、任意の機能割り当てが可能なUSB手元スイッチ「DN-914808」の取り扱いを開始する。(2018/4/11)

ランニング、サイクリングのお供に:
最近運動不足かなあ、と思ったら――「MP3再生・FMラジオ機能搭載 GPSデータロガー」
上海問屋がMP3プレーヤー機能を搭載するGPSロガーを発売した。価格は6999円。(2013/8/9)

新しいPCを買ったときに:
2台のPC間でデータを無線転送――「ワイヤレスリンク対応 データリンク USBアダプター」
上海問屋が2台のPC間でデータ転送が行えるUSBアダプタを発売した。価格は3499円。(2013/6/19)

価格は2999円:
CPUやHDDの温度も確認できる――「4チャンネル マルチファンコントローラー」
上海問屋が、5インチベイ内蔵型のファンコントローラーを発売した。ファンの回転数やPC内部の温度も確認できる。価格は2999円。(2013/3/13)

6回ミスるとデータ全消去:
他人に見られたくないデータ、あるよね?――「パスワードロック式 USBメモリ」
上海問屋から、8ケタのパスワードを設定できるUSBメモリが発売された。価格は1999円。(2012/11/1)

4台まで操作可能:
自作PCを1000円で手軽に静音化――「3.5インチベイ使用 4チャンネル ファン コントローラー」
上海問屋から、3.5インチベイ内蔵型のファンコントローラーが発売された。価格は999円。(2012/10/11)

設定も簡単:
USBでお手軽外部出力――「USB接続 ハードディスク 動画読み込み用アダプタ」
上海問屋から、PCに保存した動画ファイルをテレビやプロジェクターに直接読み込ませて再生できるアダプタが発売された。価格は1499円。(2012/8/23)

2.4型液晶ディスプレイ内蔵:
旅の思い出をカタチに――「720P 常時録画型 ドライブレコーダー」
上海問屋で、常時録画型のドライブレコーダーが発売された。価格は9999円。(2012/7/24)

共有しよう、そうしよう:
PCが何台もあるなら――「プリント・メディア・USBデバイス 各種サーバー」
上海問屋から、USB機器やプリンタなどをネットワーク経由で共有するサーバが発売された。価格は3999円から。(2011/12/22)

長さが異なる3種を用意:
マクロレンズを買うより安いですよ――「エクステンション チューブセット」
上海問屋から、デジタル一眼レフカメラの最短撮影距離が短くなるエクステンションチューブが発売された。価格は9999円。(2011/12/22)

USB 3.0&RAID対応:
最大24Tバイトのストレージ領域に!――「3.5インチ SATAハードディスク 外付けケース」
上海問屋から、RAID 0、1、3、5、10構成に対応する外付けHDDケースが発売された。4台用と8台用の2種類を用意する。価格は1万6999円から。(2011/11/10)

PSPの音質と操作性を向上:
家の中なら大音量で遊びたい――「PSP用 ハンドグリップ型スピーカー」
上海問屋から、ハンドグリップ型のPSP専用スピーカーが発売された。価格は1499円。(2011/9/9)

ふむ、使い方次第で便利かも:
無線LAN接続でPC画面をHDMIテレビに表示──「Wi-Fi ドッキングステーション」
上海問屋で、無線LAN接続でPC画面をHDMI出力できるというネットワーク機器が発売された。価格は1万1999円。(2011/8/1)

ノートPCに使うと良さそう:
PCで映画を見る人にオススメしたい――「7.1ch USBサウンドアダプタ」
上海問屋から、7.1ch出力対応などのUSBサウンド機器が発売された。価格は699円から。(2011/7/4)

ちょっといい音で楽しみたい人に:
胸ポケットに入れて持ち歩ける――「USB DAC デジタルオーディオコンバーター」
上海問屋から手のひらサイズのD/Aコンバーターが発売された。価格は3999円。(2011/6/29)

家での練習用に:
自分の演奏、ちょっと録音してみない?――「USB接続 ギターレコーディングユニット」
上海問屋から、ギターの演奏をPCに録音できるUSBユニットなどが発売された。価格は2499円から。(2011/6/28)

その不具合は電源のせいかも:
自作PCユーザー向け――「パソコン電源ユニット用 テスター」
上海問屋からPCの電源ユニット用テスターが発売された。価格は1999円。(2011/6/24)

価格は999円:
立てたまま充電OK+音声出力端子付き──「iPad/iPad2用 ドックスタンド」
上海問屋で、iPad 2対応の卓上スタンドが発売された。価格は999円。(2011/5/18)

PCがたくさんある人向け:
こりゃ便利そう、2台のPCで1つのUSB端子を共有──「USB切替機」
上海問屋で、1つのUSB機器を2台のPCで共有できるUSB切り替え器が発売された。価格は1299円。(2011/4/25)

“Net2HDMI”というものらしい:
な、なにこれ。LAN接続でHDMI出力できちゃう とのこと──「HDMI出力対応ネットワークドッキングステーション」
上海問屋で、LAN接続でPC画面をHDMI出力できるというネットワーク機器が発売された。価格は1万1999円。(2011/4/22)

10いんわん:
そ、そんなにいりません……──「10in1 マルチ充電USBケーブル」
上海問屋で、10種類の端子をひとまとめにしたUSBケーブルが発売された。価格は999円。(2011/4/21)

IDE用もあります:
安くするため、よけいな機能なし──「ハードディスク 外付けケース」
上海問屋で、ベアHDDを収納できるHDD外付けケース 2製品が発売された。価格は499円から(2011/4/18)

レースゲームやるなら:
こ、これは……まるでWi(略)──「iPhone4専用スピーカー付きハンドル型コントローラー」
上海問屋で、iPhone 4を設置できるハンドル型ホルダーが発売された。価格は1599円。(2011/4/15)

999円ならおひとついかが?:
こうさくだいすきっ──「クリップ・ルーペ付き ハンダコテ台」
上海問屋で、ハンダコテ作業に便利なルーペ付きはんだごて台が発売された。価格は999円。(2011/4/15)

変換しようそうしよう:
PCから豪快にはみ出る、ExpressCard→PCカード変換──「PCカード−ExpressCard変換アダプタ」
上海問屋で、ExpressCard型のPCカードスロット増設アダプタが発売された。価格は2999円。(2011/4/11)

変換しようそうしよう:
PCからはみ出ない、PCカード→SDIOスロット──「SDIO−PCカード変換アダプタ」
上海問屋で、SDIO対応のSDメモリーカードスロット搭載PCカードが発売された。価格は5999円。(2011/4/11)

LAN、IEEE1394、eSATA、シリアル:
RS-232Cも増設できます──「ExcressCard型インタフェース増設カード」4モデル
上海問屋で、ExpressCardタイプのインタフェース増設カード4モデルが発売された。価格は1599円から。(2011/2/22)

……かもしれませんって。:
何に使うんでしょう パート2──「デュアルSIMアダプタ」
上海問屋で、SIMカードを2枚差せるアダプタが発売された。価格は999円。(2010/11/16)

練習用? 何かの:
何に使うんでしょう──上海問屋が「空SIMカード」発売
上海問屋で、“空”のSIMカードとSIMカードの電話帳データリーダーが発売された。空SIMカードの価格は299円。(2010/11/10)

自分で解決できる上級者向け:
PCでSIMカードを読み書きできる──上海道場「SIMカード対応マルチカードリーダー」
サポート範囲が異なる上級者向けブランド“上海道場”より、SIMカード対応のUSBスティック型マルチメモリカードリーダーが登場。価格は999円。(2010/8/30)

段位「2段」:
エバーグリーン、1万円台の“マニア向け”ネットワークユニット
エバーグリーンがテレビチューナー内蔵のネットワークユニットを発売。自己責任がテーマの“マニア向け”ブランド「上海道場」からのリリースだが、低価格。(2007/6/15)

エバーグリーン、“自己責任”な「上海道場」ブランドのPCIキャプチャカード
エバーグリーンは、ロケフリ風機能をソフトウェアで実現する「orb」にも対応するPCIキャプチャーカード3製品を発売する。初期不良のみ2週間保証の上級者向け「上海道場」ブランドからの発売。(2006/10/20)

マニア向けブランド“上海道場”開始――上海問屋
エバーグリーンは、PC上級者向け製品を提供するブランド“上海道場”を発表した。第1弾としてCF−IDE変換アダプタ「PACF1」、およびマザーUSBピン−USB A変換コネクタ「FAPU2」を用意する。(2006/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。