ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SLA(光造形法)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SLA(光造形法)」に関する情報が集まったページです。

3Dプリンタニュース:
光造形方式3Dプリンタ向けに柔軟性と耐熱性を実現する2種類の新材料を発売
XYZプリンティングジャパンは、光造形(SLA/DLP)方式3Dプリンタ用材料として、ゴム素材のような柔軟性を備える「ProFlexDL Resin」と、最高250℃の耐高熱性を備える「ProTempSL Resin」の2種類のレジンを追加した。(2021/2/25)

3Dプリンタニュース:
SLAに近い造形精度を実現、FDM方式3Dプリンタ用精密ノズル
テクダイヤは、3Dプリンタ用の精密ノズル「kaika」の一般販売をオンラインショップで開始した。熱溶解積層方式で光造形方式に近づく精度を可能にした。(2021/1/28)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(7):
いまさら聞けない 3Dプリンタの後処理
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第7回は、造形終了後の“後処理”にフォーカスし、その手順について詳しく解説する。(2020/12/7)

3Dプリンタニュース:
最短5日間から利用できる3Dプリンタレンタルサービス
オリックス・レンテックは、デスクトップ型樹脂3Dプリンタの法人向け短期レンタルサービスを開始した。用途に合わせた多種多様な造形に対応できるよう造形方式の異なる3機種を取り扱う。(2020/11/19)

2代目設計屋の事件簿〜量産設計の現場から〜(1):
【トラブル1】試作がそのまま使えない!? 3Dプリンタと量産金型の違い
量産樹脂製品設計の現場でよくあるトラブルを基に、その原因と解決アプローチについて解説する連載。第1回は、3Dプリンタで試作した製品を量産しようとした際、そのままでは金型に展開できず設計の見直しを余儀なくされた……というトラブルだ。問題の原因はどこか? その解決アプローチとは?(2020/11/12)

HP デジタルマニュファクチャリング サミット 2020:
パナソニックが実践するデジタルマニュファクチャリング技術の適用と価値づくり
日本HPは、オンラインイベント「HP デジタルマニュファクチャリング サミット 2020」を開催。基調講演に登壇したパナソニックは「デジタルマニュファクチュアリング時代の製造メーカーの価値づくりの未来」と題し、同社におけるデジタルマニュファクチャリング技術の量産適用の取り組み、メーカーとしての価値づくりの考え方などを披露した。(2020/11/5)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(6):
造形品質を大きく左右する3Dプリンタのキャリブレーションの重要性
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第6回は、3Dプリンタを実際に動かす前に必要な“セッティング(段取り)”について詳しく解説する。(2020/11/4)

Formnext Forum Tokyo 2020:
日本版Formnext、多彩な材料に対応する3Dプリンタが集結
2020年9月24〜25日の2日間、ドイツ・フランクフルト発の積層造形技術の見本市「Formnext」の日本版といえる「フォームネクストフォーラム 東京 2020」が東京都内で開催された。本稿では、展示ブースの模様を中心に同イベントの様子をレポートする。(2020/10/21)

医療機器ニュース:
血液適合性ポリマーの高靭性化と3Dプリンティングに成功
名古屋大学は、血液適合性ポリマーとして知られるPoly(2-methoxyethyl acrylate)(PMEA)の高靭性化成功した。また、光造形式3Dプリンタを利用して、任意の形に加工することができた。(2020/10/20)

3Dプリンタニュース:
「NXE400」を用いた受託造形サービスに、サポート除去の有無を追加
DMM.comは2020年10月14日、DMM.make 3Dプリント事業で展開するNexa3D製3Dプリンタ「NXE400」を用いた受託造形において、サポート除去サービスを新たに開始することを発表した。(2020/10/15)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(5):
3Dプリンタの設定を追い込む!! スライサーの役割と基本項目を学ぶ
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第5回は、3Dプリンタによる造形を制御するソフトウェア「スライサー」の一般的な設定項目について詳しく解説する。(2020/10/14)

3Dプリンタニュース:
最小形状0.2×0.2×0.3μmの超微細3Dプリントをサービス展開
キャステムは、永守学園 京都先端科学大学と共同研究を行っている「世界最高精度」をうたう3D光造形装置を用いた、「超微細3Dプリント造形サービス」を開始する。(2020/10/13)

TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020:
限定的な利用からの脱却へ、Carbonの3Dプリント技術がもたらす価値
「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」の出展者セミナーにおいて、JSR Carbon事業推進部 部長の澤田安彦氏が登壇し、「3Dプリンタが実現するモノづくりプロセスの革新」をテーマに講演を行った。(2020/9/17)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(4):
絶対に押さえておきたい、3Dプリンタ活用に欠かせない3Dデータ作成のポイント
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第4回は、3Dプリンタを活用する上で欠かせない「3Dデータ」に着目し、3Dデータ作成の注意点や知っておきたい基礎知識について解説する。(2020/9/3)

3Dプリンタニュース:
従来比“5倍以上の造形サイズ”を誇る3Dプリンタ「Form 3L」の国内販売開始
Formlabsは、新たな造形方式「LFS」を採用したプロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」の“5倍以上の造形サイズ”を誇る新製品「Form 3L」の国内販売開始を発表した。(2020/9/1)

3Dプリンタニュース:
米3Dプリンタメーカーとパートナー契約を締結
データ・デザインは、Formlabsとパートナー契約を締結し、「テーラーメード・デジタル生産プロセス構築サービス」の提案を開始した。3Dプリンティングを活用したアジャイル型プロダクションラインの構築を支援する。(2020/8/31)

3Dプリンタ買っちゃいました:
マイ3Dプリンタは失敗できる、それが楽しい 熱溶解積層の立体製造機で40時間の造形に挑戦した
3Dプリンタで一緒に失敗してみませんか?(2020/8/24)

3Dプリンタ買っちゃいました:
FDM方式の3Dプリンタを1週間使ってみた そして等身大へ
人物フィギュアを等身大で出せる?(2020/8/17)

3Dプリンタ買っちゃいました:
光造形3Dプリンタでオリジナル人体フィギュアが簡単に作れた 次はどうする? え、FDM?
SLAにはとても満足しているんですが、次の段階に進むことに。(2020/8/6)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ製造市場、新型コロナの影響で2020年は縮小もその後は回復する見通し
グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「3Dプリンター製造の世界市場(2020年〜2030年):Covid-19の影響による成長と変化」(発行:The Business Research Company)の販売を開始した。(2020/8/5)

3Dプリンタ買っちゃいました:
光造形3Dプリンタで作る、世界で一つだけのフィギュア リアルな人体モデルを作る最短の方法
思い通りの人体モデリングができない? それでも大丈夫。(2020/8/3)

3Dプリンタ買っちゃいました:
3万円しない光造形3Dプリンタ、セットアップして印刷してみた
テレワークを明るくしてくれるかもしれない3Dプリンタ連載の第2回はようやくセットアップ。(2020/7/30)

新連載「3Dプリンタ買っちゃいました」:
3万円を切る光造形3Dプリンタでテレワークを乗り切る
2万7999円の3Dプリンタ。しかもかつては手が出なかった光造形方式。テレワークを機に立体造形生活を始めてみました。(2020/7/29)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(3):
いまさら聞けない 3Dプリンタの選定基準
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第3回は、3Dプリンタの特長や造形方式による違いなどに触れつつ、導入時に検討すべき「3Dプリンタの選定基準」について解説する。(2020/7/28)

3Dプリンタニュース:
Formlabs製3Dプリンタ「Form 3」を用いた受託造形サービスを開始
DMM.comは、DMM.make 3Dプリント事業で展開する受託造形サービスにおいて、新たにFormlabs製3Dプリンタ「Form 3」を用いた造形に対応した。(2020/7/20)

3Dプリンタニュース:
現役競泳選手が発案した水泳フォーム矯正用パドル、試作開発に3Dプリンタ
Formlabsは、競泳選手でジュエリーブランドのアートディレクターを務める古賀淳也氏が、ジュエリー製作と水泳フォーム矯正用パドルの開発に、同社の光造形方式3Dプリンタ「Form 2」を採用したことを発表した。(2020/7/15)

3Dプリンタニュース:
超高速3Dプリンタを用いた受託造形サービスに2つの素材を新たに追加
DMM.comは、DMM.make 3Dプリント事業で展開する受託造形サービスにおいて、Nexa3D製3Dプリンタ「NXE400」を用いた造形素材として、新たに「xABS」および「PPライク」を追加した。(2020/7/13)

3Dプリンタニュース:
Formlabs、ゴムやTPUを模したエンジニアリングレジンを発表
Formlabsは、ゴムやTPU(熱可塑性ポリウレタン)を模したエンジニアリングレジン「Flexible 80A Resin」と、同素材が属する素材ファミリー「Flexible and Elastic Resins」を発表した。(2020/7/3)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタを使用した新型コロナウイルス感染症に関する取り組みを公開
Formlabsが、新型コロナウイルス感染症に関する取り組みを公開した。PCR検査用の鼻咽頭スワブや、BiPAPを人工呼吸器に変換するアダプタを3Dプリンタで製造している。(2020/6/1)

メーカー5社に聞いた:
【緊急調査】新型コロナ対策支援における3Dプリンタ活用
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に伴い、重症患者の治療に必要とされる人工呼吸器、さらには診察・治療のための検査キットや医療用マスク、防護具などが不足している。こうした状況を受け、今積極的に支援活動を展開し、その輪を広げようと、さまざまな施策を打ち出しているのが3Dプリンタメーカーだ。(2020/4/9)

3Dプリンタニュース:
Formlabs、硬くて丈夫なパーツ造形に最適な新素材「Tough 2000 Resin」を発表
Formlabsは、同社の光造形方式3Dプリンタ「Form 3」「Form 2」などで使用可能な新素材「Tough 2000 Resin」を発表した。(2020/4/1)

日本ものづくりワールド 2020:
1分間に5mmの超高速造形を実現する産業用3Dプリンタが150万円以下で登場
XYZプリンティングジャパンは「日本ものづくりワールド 2020」内の「第2回 次世代3Dプリンタ展(AM Japan)」に出展し、産業用3Dプリンタの新製品「PartPro120 xP」の国内先行予約を2020年2月26日から開始したことを発表した。(2020/2/27)

メカ設計用語辞典:
3Dプリンタ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「3Dプリンタ」について解説する。(2020/2/18)

3Dプリンタニュース:
光造形方式3Dプリンタ用サポート自動設計機能を搭載したスライス処理ソフト
日本ユニシス・エクセリューションズは、3Dプリンタ用スライス処理ソフトウェア「AMmeister」の新バージョンを提供開始する。スライス処理機能の強化に加え、光造形方式向けのサポート自動設計機能を搭載する。(2020/2/6)

formnext 2019 フォトレポート:
製造領域における3Dプリンタの価値を再認識――「formnext」の会場を巡って
3Dプリンティング技術に関する国際展示会「formnext 2019」を視察。本レポートでは多数の写真を交えながら、製造領域において存在価値をさらに高めつつある3Dプリンタの最新動向をお届けする。(2019/12/6)

3Dプリンタニュース:
従来比2倍高速で高精度、価格40万円と安価な産業向けSLA方式3Dプリンタ登場
XYZプリンティングジャパンは、デスクトップ型の産業用途向け光造形(SLA)方式3Dプリンタの新製品「PartPro150xP」を発表。国内販売代理店であるイグアスを通じて販売を開始する。(2019/11/29)

はじめてのジェネレーティブデザイン(3):
ジェネレーティブデザインの結果形状を設計や製造の観点から修正する【完結編】
オートデスクの3D CAD/CAM/CAEソリューション「Fusion 360」に搭載されているジェネレーティブデザイン機能を活用し、“はじめてのジェネレーティブデザイン”に挑戦。第3回は、ジェネレーティブデザインで計算された結果形状を、デザインや生産方法(製造)の観点から修正する方法を解説する。(2019/10/24)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンティングで作成されたソールを搭載したシューズを限定発売
New Balanceは、3Dプリントシューズ「FuelCell Echo Triple」を限定発売した。3Dプリンティングで作成された新しいテクノロジープラットフォーム「TripleCell」の第2弾となる。(2019/10/23)

CEATEC 2019:
打ち上げコストを極限まで抑えた月面ロボ「YAOKI」、9割は3Dプリンタで製造
ダイモンは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に出展し、超小型・軽量の月面ロボット「YAOKI(ヤオキ)」の展示デモを披露した。(2019/10/17)

3Dプリンタニュース:
毎時100mmで造形可能な光造形方式製造ソリューションを発売
スリーディー・システムズ・ジャパンは、光造形方式の製造ソリューション「Figure 4 Modular」と、新材料3種を日本国内で発売した。Figure 4 Modularは、パーツの再現性と表面品質が高いうえ、1時間に100mmの超高速造形が可能だ。(2019/10/17)

寡占市場での勝ち残り術:
エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由【後編】
エポック社のカプセルトイ「カプセルトイができるまで」をご存じでしょうか。成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品。そんな斜め上を行く「カプセルトイができるまで」の誕生秘話やカプセルトイづくりの難しさについて、担当者に話を聞いてきました。(2019/10/8)

メカ設計メルマガ 編集後記:
未完成の「ガレキ」だから3Dプリンタとの相性は抜群!?
サポート材がガッツリ付いた状態でも商品として成立する世界。(2019/10/8)

3Dプリンタニュース:
Full-HD規格DLPを採用した高精細光造形方式3Dプリンタ2機種を発表
武藤工業は、高精細光造形方式3Dプリンタ2機種を発表した。XY解像度が50μmの「ML-100」と40μmの「ML-80」で、標準添付のソフトウェアにより、高精細工業製品の造形に必要な寸法精度や嵌合の検証、滑らかな表面にも対応できる。(2019/9/27)

3Dプリンタ インタビュー:
3Dプリンタに求められる3つの要素とは――Formlabsが描く“勝ち筋”のシナリオ
日本初となるユーザーイベント「Formlabs USER SUMMIT JAPAN 2019」に併せて来日したFormlabs 最高製品責任者のDavid Lakatos氏と、同社 最高マーケティング責任者のJeff Boehm氏に、同社を取り巻く環境や日本市場への期待、気になるあの製品の開発状況、そして金属3Dプリンタへの挑戦の可能性などについて聞いた。(2019/9/19)

3Dプリンタニュース:
Formlabs、高精度造形をさらに追求したLFS方式3Dプリンタ「Form 3」を国内展開
Formlabsは、従来の光造形(SLA)方式とは異なる新たな造形方式「LFS(Low Force Stereolithography)」を採用したプロフェッショナル向け3Dプリンタの新モデル「Form 3」を日本市場向けに販売開始すると発表した。(2019/9/18)

DMM.make AKIBAを支えるプロフェッショナルたち(1):
大企業からスタートアップ、芸術家まで駆け込むDMM.make AKIBAのモノづくり哲学
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第1回は、機材の運用から試作相談、受託開発までサポートするテックスタッフたちを紹介する。(2019/9/13)

3Dプリンタニュース:
Nexa3DがBRULEと提携、LSPc技術搭載の超高速3Dプリンタを国内販売
Nexa3Dは、3DプリンタソリューションプロバイダーのBRULEと提携し、日本市場へ参入。LSPc技術搭載の光造形方式3Dプリンタ「NXE400」の国内販売を開始する。(2019/8/28)

3Dプリンタニュース:
秋葉原に3Dプリンタの体験型ショールームを開設
DMM.comは、総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」内に産業用3Dプリンタのショールームを開設した。導入を検討中の法人向けに、3Dプリンタの出力設定や造形後の後加工工程を体験できるワークショップも実施する予定だ。(2019/7/31)

3Dプリンタニュース:
国内インダストリアル/3Dプリンタ市場予測を発表
IDC Japanが、国内インダストリアル/3Dプリンタ市場の2018年支出額実績を発表。2018年の同市場全体の支出額は918億1900万円だった。また、同市場の2023年の支出額を1040億5700万円と予測している。(2019/7/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
挫折したからこそ敏感に反応してしまった「家庭に普及」というワード
ちゃんと活用したいものです……。(2019/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。