ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトウェア品質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソフトウェア品質」に関する情報が集まったページです。

ROIC経営が企業を変える:
PBRをいかに高めるか レゾナック、NECの好例から探る
高PBR実現に向けた実務上の課題と処方箋を、具体的な企業の事例を交えながら深掘りする。(2024/5/24)

GUIテストの自動化:
PR:手間もコストもかかるGUIのテストはどうすれば自動化できるのか
GUIを搭載するアプリケーションや機器の市場が拡大し、GUIのテストの効率化がソフトウェア開発者の課題になっている。そこで役立つのが、GUIテストの自動化が可能なQt Groupの「Squish」(スクイッシュ)だ。(2024/5/21)

組み込み開発ニュース:
Qtとクアルコムが協業、IoTデバイス向けGUI開発とソフトウェア品質保証を効率化
Qt Groupは、Qualcomm Technologies(クアルコム)と協業し、産業用IoTデバイス向けのGUIの開発とソフトウェア品質保証を効率化する。ソフトウェアベンダーは、UIソリューションの開発とテスト作業の効率化が可能となる。(2024/5/17)

2024年5月版「TIOBEインデックス」発表:
Pythonがますます独走、Fortranが2カ月連続でトップ10入り プログラミング言語の人気ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年5月版が公開された。Pythonが首位独走を続け、上位の順位は不動だが、Fortranが2カ月連続でトップ10に入った。(2024/5/13)

「@IT 開発変革セミナー 2024 Winter」基調講演レポート:
DevOps視点で考える「ソフトウェア品質マネジメント」
「新しい開発手法やツールを導入したが、期待したほど効果が上がっていない。むしろ生産性が低下した気がする……」。そんな課題を抱える企業に不足している視点とは何か。第一線で活躍するアジャイルコーチがDevOpsの視点でソフトウェア品質について語った。(2024/5/17)

2024年4月版「TIOBEインデックス」発表:
Pythonは首位を維持、PHPの人気はピークを過ぎた? プログラミング言語の人気ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年4月版が公開された。上位の順位が不動の一方、このところ低下が続くPHPの人気は17位となり、調査開始以降、過去最低を記録した。(2024/4/22)

業界でも有数のソートリーダーが解説:
BrightTALKサミットの登壇者が語る「ソフトウェア開発の新時代」
TechTargetは、「BrightTALKサミット」のレポートを公開した。同サミットでは、適切なソフトウェア開発プロセスを選択し、AIとMLを最大限に活用するための戦略について話し合われた。(2024/4/18)

C、C++、Javaは順位は変わらずもレーティングが低下:
かつてないほどリードを拡大するPython、JavaScriptも伸長 プログラミング言語ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年3月版が公開された。変動が少ない中、Pythonがリードを広げた他、Scratchがトップ10に返り咲き、Rustも再び上昇してきた。(2024/3/13)

首位は長期間変動なし:
2024年に人気が出る言語は? 「2023年の言語」はやはりC#に
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年1月版が公開された。C#が「2023年のプログラミング言語」となり、Fortran、Kotlin、Scratch、PHPもこの1年で順位を伸ばした。(2024/1/11)

CMS、Webサーバ、CDN、CSSフレームワーク、トラフィック分析ツールなど:
2023年に躍進したWeb技術とは? Q-Successが18分野を調査
Q-Successは18種類のWeb技術について、2024年1月1日と2023年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2023」として発表した。(2024/1/10)

追加された拡張機能数は20個:
Dockerが2023年に公開した新機能、拡張機能をおさらい ソフトウェアサプライチェーン管理の簡素化など強化
Dockerは、2023年における同社のハイライトとして、主な性能向上、ソフトウェアサプライチェーン管理の簡素化、20個の新しいDocker拡張機能、主な新機能を紹介した。(2024/1/5)

「TIOBEインデックス」12月版:
2023年の言語はC#で決まり? 1年前より順位を上げた注目言語も紹介
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年12月版が公開された。1年前と比べて「PHP」「Scratch」「Fortran」「Kotlin」の順位の上昇が目立った。(2023/12/13)

「TIOBEインデックス」11月版:
順位を上げ続けるKotlinはいずれビッグ4に入るか プログラミング言語人気ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年11月版が公開された。Kotlinが順位を上げ続けており、TIOBE SoftwareのCEOは「Kotlinはいずれトップ10に入ると確信している」という。(2023/11/25)

AIプラットフォームが近い将来に最大のカテゴリーに:
世界AIソフトウェア市場、2022年の640億ドルから2027年には約2510億ドルに IDC予測
IDCによると、世界のAIソフトウェア市場は2022年の640億ドル規模から年平均31.4%のペースで成長し、2027年には約2510億ドル規模に達する見通しだ。(2023/11/6)

「TIOBEインデックス」10月版:
Javaの”やらかし”でC#と人気逆転か 激変プログラミング言語人気ランキング
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023月10月版では、JavaとC#のレーティングが1.2ポイントのわずかな差に縮まっている。(2023/10/13)

「デベロッパーエクスペリエンス」「プラットフォームエンジニアリング」など:
ソフトウェア開発責任者なら知っておきたい3つのテクノロジートレンドとは? Gartner
Gartnerは2023年以降のソフトウェアエンジニアリングにおける3つの戦略的テクノロジートレンドを発表した。(2023/10/6)

費用対効果分析、「シフトレフト」戦略など:
「どれだけテストしても欠陥は本番環境に逃げ込む」 だからこそ、QAチームには“ベストプラクティス”が必要だ
Cubic Transportation Systemsのジェリー・オーウェン氏はWebメディア「TechTarget」にてソフトウェアのQAチーム(品質管理チーム)の品質管理プロセスを改善するのに役立つ、5つのベストプラクティスを紹介した。(2023/9/19)

「TIOBEインデックス」9月版:
Kotlinは全ての面でJavaを追い越す――プログラミング言語の人気ランキングにコミュニティーの反応は
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023月9月版では、「Kotlin」がトップ20に返り咲いた。(2023/9/13)

「狩野モデル」の狩野先生からソフトウェア技術者に質問:
君は「バグ減らし」と「魅力的なソフトウェアの開発」のどちらに関心がある?
ソフトウェア品質やレビューについて研究している、名古屋大学 大学院情報学研究科 情報システム学専攻 准教授の森崎修司氏が、「狩野モデル」(Kano Model)で有名な狩野紀昭先生にインタビュー。狩野先生が今、ソフトウェア技術者に聞きたい3つのことについてのアンケート結果を基に所感を頂いた。(2023/8/29)

「Python」は首位を維持:
TOP 20にランク入りした「Julia」とは――プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」に波乱
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023月8月版では、初めて「Julia」がTOP 20にランク入りした。(2023/8/23)

「JavaScript」は史上最高ランク:
「COBOL」がトップ20にまさかの復帰、「C++」は「C」を超えるか――2023年7月言語人気ランキング発表
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年7月版が公開された。「C++」が順位を上げ、「C」を追い抜こうとしている。「JavaScript」は史上最高ランクに達している。(2023/8/5)

非IT企業も「AIプログラミングのない時代には戻れない」 「GitHub Copilot」導入した東急の内製開発チーム、手応えは?
AIプログラミング支援ツール「GitHub Copilot」を導入した東急の内製開発チーム。キーパーソンは「もう導入前には戻れない」と語る。手応えや効率化の効果を聞いた。(2023/7/28)

既に射程範囲内:
不動の1位「Python」を脅かすのは「C」か「C++」か、それとも「Java」? 2023年6月言語人気ランキング発表
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年6月版が公開された。1位は変わらず「Python」。だが、2023年に入ってシェアが下がっており、2位以下からは「背中が見えている」状態だ。(2023/6/24)

2023年3月からトップ層の言語は不動:
「PHP」「Rust」の順位がじわり上昇、首位のPythonは? 2023年5月言語人気ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年5月版が公開された。2023年3月から5月まで、1〜7位は「Python」「C」「Java」「C++」「C#」「Visual Basic」「JavaScript」で、PythonとCは小差が続き、8位以降では「PHP」と「Rust」が順位を上げつつある。(2023/5/10)

高性能な「Zig」がトップ50入り:
王者Pythonのトップ陥落もあり得るか? C++とJavaが猛追 2023年4月言語人気ランキング
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年4月版を発表した。3月と同じく、1〜5位は「Python」「C」「Java」「C++」「C#」で、PythonとCは引き続きわずかな差となった。「Go」が10位を維持した。(2023/4/13)

一から分かる! テスト自動化(終):
UIテスト自動化の流れをおさらい 導入から運用までのライフサイクルを振り返ろう
テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する本連載。最終回はテスト自動化のライフサイクルについて。(2023/3/24)

首位「Python」と2位「C」は4カ月連続でわずかな差:
「Go」がトップ10入り、「Python」は? 2023年3月開発言語人気ランキング
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年3月版を発表した。「Python」が首位を維持し、2〜5位は「C」「Java」「C++」「C#」となり、JavaとC++は、2月までの3カ月と順位が入れ替わった。「Go」が過去最高の10位に入った。(2023/3/9)

首位「Python」と2位「C」は3カ月連続でわずかな差:
Pythonを超える人気上昇率、C++躍進はどこまで続く? 2023年2月TIOBEインデックス
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年2月版を発表した。「Python」が首位を維持し、2〜5位の「C」「C++」「Java」「C#」という4言語のレーティングが前年同月比で大きく上昇したが、中でもC++の勢いが突出していた。(2023/2/24)

ソフトウェアサプライチェーンの守り方(3):
ソフトウェアサプライチェーンセキュリティを「品質」で読み解く
米国と欧州を中心に法整備が進みつつある「ソフトウェアサプライチェーン」のセキュリティについて解説する本連載。最終回となる第3回は、SBOMの流通によってどんな「良いこと」と「悪いこと」が起こるかを整理しつつ、品質保証の枠組みへの取り込みについても考察する。(2023/2/9)

CMS、サーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど:
2022年に躍進したWeb技術とは? Q-Successが17分野を調査
Q-Successは17種類のWeb技術について、2023年1月1日と2022年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2022」として発表した。(2023/1/12)

首位「Python」と2位「C」のレーティングはわずかな差に:
2022年、最も人気が上昇したプログラミング言語は?
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年1月版を発表した。「Python」「C」「C++」「Java」という上位4言語のレーティングがこの1年で大きく上昇し、C++がTIOBEの「2022年のプログラミング言語」となった。(2023/1/11)

Python、C、Java、C++の強さが際立つ結果に:
言語ランキング、首位Pythonが差を広げる中、新興言語でトップ20に入った注目株は?
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年11月版を発表した。「Python」「C」「Java」「C++」という上位4言語のレーティングが、前年同月比で大きく上昇した。(2022/11/14)

当事者が語る「女性開発者の増やし方」【後編】
“プログラミング女子”は「ハッカソン」では増えない――女性エンジニアが断言
ゼニア・キム氏は、ソフトウェア開発者として働いている女性だ。自身の経験を基にキム氏が考える、女性ソフトウェア開発者を増やすための施策とは何か。(2022/11/4)

山浦恒央の“くみこみ”な話(158):
業務効率化の道具箱(5)Google Testを使ってみよう【その1】
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第5回は、単体テストで役立つフリーのツールである「Google Test」と「gcov/lcov」を紹介する。(2022/10/20)

特集:1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解(3):
Javaで書いた4行のコード、依存関係をたどると51万行に――超複雑化するソフトウェア構成、SBOMで探るには
OSSの使用リスク対処として注目を集めているSBOM。SBOMを使ってどのようにサプライチェーン攻撃対策を行えばいいのだろうか。本稿では、@ITが開催した「@IT ソフトウェア品質向上セミナー」の基調講演「SBOMによるサプライチェーン攻撃対策 〜自社ソフトウェアのリスク、把握していますか?〜」で語られた、OSSの使用に潜むリスクへの対処法について、要約してお届けする。(2022/9/22)

上位4言語はレーティング上昇:
Pythonの人気はどこから来るのか 開発言語ランキングから分かること
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年8月版を発表した。「Python」「C」「Java」「C++」という上位4言語のレーティングが、2021年8月比で大きく上昇した。(2022/8/12)

首位は「Python」:
「C++」が大幅に上昇し「Java」に迫る、プログラミング言語ランキング「TIOBEインデックス」で分かること
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年6月版では、「C++」のレーティングが2021年同月比で大きく上昇した。首位は「Python」だった。(2022/6/16)

「C#」のレーティングが大幅に上昇:
「Python」が首位を堅持、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年5月版では、「Python」が引き続き首位を占め、「C#」のレーティングが前年同月比で大きく上昇した。(2022/5/17)

海外企業に学ぶテスト自動化(2):
Netflix考案のテスト「カオスエンジニアリング」を探る――システムのあらゆる部分を“壊す”、そのメリットとは
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。第2回は、Netflixが考案したテスト手法「カオスエンジニアリング」について。(2022/5/9)

組み込み開発ニュース:
組み込みソフト開発で重視されるSBOM、BlackBerryが国内パートナーと連携強化
BlackBerryは、組み込みシステム向けに特化したバイナリベースのソフトウェア構成解析とセキュリティテストのツール「BlackBerry Jarvis 2.0」について、マクニカ、日立産業制御ソリューションズ、アイ・エス・ビー、ネクスティ エレクトロニクス、SCオートモーティブエンジニアリングの5社がチャネルパートナーに加わったと発表した。(2022/4/26)

「Cloudflare Server」「LiteSpeed」が躍進:
2010〜2022年のWebサーバシェアランキング上位7製品、Q-Successが調査
Q-Successは、2010年から2022年3月までの間に、使用サイト数に基づくWebサーバの上位7製品がどのように入れ替わり、それぞれの市場シェアがどのように推移したかを示すアニメーション動画を公開した。(2022/4/26)

約3割の企業がUX向上に取り組む:
使いやすさだけでなく売り上げが上がった企業も SHIFTがUX向上に関する調査結果を発表
SHIFTは、調査レポート「UX開発の実態調査2021(UXはソフトウェア開発の切り札か)」を発表した。UX向上に取り組み、その成果が出ている企業の割合は66%だった。(2022/3/24)

一から分かる! テスト自動化(2):
テスト自動化で「失敗しない」ために、何がいる? 必要なツールと手順をおさらい
テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する本連載。第2回は自動化ツールの種類やテスト自動化に必要な手順について。(2022/3/18)

組み込み開発環境:
PR:組み込みソフト開発にCI/CDやコンテナを活用、IaCで開発基盤を最適化
組み込み機器のIoT化やコロナ禍によるリモートワークへの対応などによって、組み込みソフトウェアの開発基盤の新たなトレンドへの移行が加速している。さまざまなコーディング規約への対応で高い評価を得てきた、テクマトリックスが販売するテストツール「C++test」は、最新バージョンの「2021.2」でこれらのトレンドに対応する新機能を搭載した。(2022/3/8)

約8割の組織が2022年に利用を予定:
セキュリティを高める「SBOM」、なぜ利用が進んでいるのか
The Linux Foundationはソフトウェアの再利用に関する課題について調査したレポート「The State of Software Bill of Materials(SBOM) and Cybersecurity Readiness」(ソフトウェア部品表《SBOM》とサイバーセキュリティへの対応状況)を発表した。SBOMは最近のアプリケーションのおよそ90%がオープンソースソフトウェアを利用しているという状況に沿った解決策だ。(2022/2/3)

使用サイトの年間増加数を調査:
2021年に躍進したWeb技術は?
Q-SuccessはさまざまなカテゴリーのWeb技術について、2022年1月1日と2021年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2021」として発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど17種類の技術が対象だ。(2022/1/27)

一から分かる! テスト自動化(1):
基礎から学ぶ、テスト自動化――導入時に見極めたい、コストの損益分岐点
ソフトウェアテストにおける選択肢の一つとして候補に挙がるのが「テスト自動化」だ。本連載では、テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する。第1回は「テスト自動化とは何か」と「導入時に注意すべきポイント」について。(2021/12/23)

「動かすための修正」を削減
言語やフレームワークのバージョンアップ対応を自動化するOpenRewrite
開発者なら、言語やフレームワークのバージョンアップへの対応に追われた経験があるだろう。記述方法の変更や関数の追加・廃止といった仕様変更に伴うコード修正を自動化できるとしたらどうだろうか。(2021/12/15)

Gartner Insights Pickup(230):
デジタル免疫でソフトウェア品質を高めるには
ソフトウェアおよびアプリケーションエンジニアリングリーダーは、デジタル免疫システムの5つの要素を構築することで、アプリケーションのアップタイムとユーザーエクスペリエンスを向上させ、エンドユーザーの満足度を高められる。(2021/10/29)

「C」「Java」は下降中:
「Python」が初の首位に、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年10月版では、20年間で初めて「Python」が初めて首位に立った。(2021/10/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。