ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Sweets cute」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Sweets cute」に関する情報が集まったページです。

au「CA003」「K001」「Sweets cute」「A5525SA」に不具合
KDDIが、「CA003」「K001」「Sweets cute」「A5525SA」の不具合を改善するソフト更新を開始した。(2010/4/2)

「auケータイフィギュア」第4弾登場──MEDIA SKINもミニチュアに
au携帯のミニチュア「auケータイフィギュアセレクション パート4」が登場する。今回はMEDIA SKIN、W52T、ジュニアケータイ、Sweets cuteなど、2007年春モデルから6機種18種類を用意。“auショッピングモール”で、特別カラーのMEDIA SKINおよびセットで購入できる独占先行予約販売を21日から実施する。(2007/6/21)

開発者に聞く「ジュニアケータイ」「Sweets cute」:
“犯罪の抑止効果を生むケータイ”を目指す──新ジュニアケータイとSweets cuteに込められた思い
高機能で先進的なauの2007年春モデルに注目が集まる一方、“通信機能を持った防犯装置”として子供を持つ親の世代から熱い視線を注がれているのが「ジュニアケータイ A5525SA」と、「Sweets cute」だ。開発陣は、子供を守るために搭載した各種機能が犯罪の抑止効果になることを期待している。(2007/3/6)

KDDI、「Sweets cute」のソフト更新を開始──店頭販売も再開
KDDIは、不具合が確認されていたティーン向け端末「Sweets cute」について、改修済みソフトの配信を開始した。店頭販売も再開する。(2007/3/6)

auの「Sweets cute」に不具合、ソフト更新で対応
KDDIはティーン向け端末「Sweets cute」に不具合があると発表した。ソフトウェア更新で対応。店頭販売は一時停止する。(2007/3/2)

エレガントケータイ「W51S」とローティーン向け端末「Sweets cute」発売──2月23日から
KDDIは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「W51S」と、ローティーンの女の子をターゲットにした三洋電機製の「Sweets cute」を、2月23日から順次発売する。(2007/2/22)

写真で解説する「A5523T」
ジュニアケータイ&Sweets cuteとセットでいかがでしょうか、お母さま──シンプル&上品&フレンドリーが特徴の1X端末が「A5523T」。“誰もが気持ちよく手にできるように/簡単に使いこなせるように”を目指した。(2007/1/10)

写真で解説する「Sweets cute」
かわいくておいしそう♪ なローティーンの女の子向け端末「Sweets cute」。とても“甘そう”なボディカラー・デザインと子ども向け端末として望まれる「つながる安心・つながらない安心」の機能を盛り込んだ。(2007/1/10)

子ども携帯は“北欧のおもちゃ”、Sweets cuteは“クリームにディップしたビスケット”──柴田文江氏
Sweetsシリーズの新モデル「Sweets cute」に加え、ジュニアケータイ「A5525SA」のデザインを手がけたのが、デザイナーの柴田文江氏。コンセプトはクリームをディップしたビスケットと北欧のおもちゃだ。(2007/1/10)

KDDI、「安心ナビ」の位置確認機能を拡充──自動確認やPCでの確認機能などを追加
KDDIは1月10日、「ジュニアケータイA5525SA」や「Sweets cute」の発表に合わせ、「安心ナビ」の位置確認機能を拡充すると発表した。自動確認機能や安心ナビアプリの統合、PCからの位置確認サービスなどを導入する。(2007/1/10)

「Sweets」第3弾は“かわいくておいしそう”――「Sweets cute」
KDDIは、やわらかさをイメージしたデザインが特徴の三洋電機製1X端末「Sweet cute」を発表した。キッズ向け携帯として安心機能を強化したほか、電子辞典など学習機能を搭載した。(2007/1/10)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。