ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タスクチームのススメ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タスクチームのススメ」に関する情報が集まったページです。

タスクチームのススメ(6):
理想のタスクリーダーはすべてを「決めない」「抱えない」
タスクチームを成功に導くリーダーは、活発な議論を通じてタスクチームが目標に向かって活動できるようにリードすること、そしてチームを支える裏方に徹する必要がある。最終回となる本連載では、タスクリーダーと事務局に求められる心得を紹介する。(2009/5/8)

タスクチームのススメ(5):
「場当たりな対処」と「問題解決」をはき違えていませんか
その場しのぎの対処を重ねても、組織が抱える根本的な問題を解決することはできない。タスクチームでは、問題の原因を徹底的に究明する姿勢が求められる。(2009/5/1)

タスクチームのススメ(4):
ギャップだらけの組織を救う「ストーリーテラー」であれ
タスクチームの進行には、問題の原因をしっかりと分析しておくことが不可欠だ。データと論理で主張を固め、解決までのストーリーをしっかりと立てることで、組織で発生するギャップを回避できる。(2009/4/25)

タスクチームのススメ(3):
議論を空転させない徹底した「腹落ち共有」
タスクチームを円滑に進めるには、キックオフ会議の開催や現状の問題を数字で把握することが不可欠だ。異なる部門からタスクに参加するメンバーが同じ目標に向かって進むために、考えていることを共有する「徹底的な話し合い」も避けてはならない。(2009/4/19)

タスクチームのススメ(2):
目的達成の正否を分ける周到な「根回し力」
タスクチームで目的を達成するためには、目標達成までのスケジュールや会議の設定、資料作成など、周到な段取りが必要だ。目的にたどりつくまでの道作りには万全を期しておきたい。(2009/4/12)

タスクチームのススメ(1):
売り上げ目標だけで走るチームの落とし穴
組織で起こる問題の原因は単一の部門ではなく、複数部門にまたがっていることが多い。さまざまな要素が絡み合った組織の問題を解決するために作られるのが「タスクチーム」だ。本稿では成功するためのタスクチームの作り方を6回にわたり紹介する。(2009/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。