ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「改革」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「デジタル改革法案」概要を提示 マイナンバーと口座ひも付け
政府が「デジタル改革関連法案」の概要を示した。本人の同意を前提にマイナンバーと個人の預貯金口座をひも付けし、申請手続きを簡素化して早く配れるようにすることなどが柱。デジタル庁を司令塔に行政サービスの抜本的な向上を図る。(2021/1/18)

製造マネジメントニュース:
「日本企業は革新を推進する組織文化やDXへの意欲が低い」アジアとの比較調査
日本マイクロソフトは、アジア太平洋地域と日本企業のイノベーションに対する考え方の比較調査結果を発表した。「危機に強い事業運営には、イノベーション文化が不可欠」と考える経営者の割合は、アジア太平洋地域では98%、日本は69%だった。(2021/1/18)

サプライチェーン革新:
PR:ニューノーマル時代のグローバルサプライチェーンに求められるものとは
MONOistが2020年12月16〜17日に開催したライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜Withコロナ時代に必要不可欠なサプライチェーンのデジタル化〜」において、「ニューノーマル時代の次世代グローバルサプライチェーンマネジメントとは」をテーマに、NTTデータ グローバルソリューションズ ビジネストランスフォーメーション室 SCMチームリーダーの杉山成正氏が講演を行った。(2021/1/18)

これは大企業だけの話ではない:
PR:短時間で実行される高度なサイバー攻撃に対抗するには――厳しい現実をテクノロジーで変えよ!
働き方改革や、新型コロナウイルス対策によるテレワークは、攻撃者から見ると「攻撃面が増えた」ことになる。戦え、CSIRT! 組織の平和のために。(2021/1/18)

ドコモ井伊社長インタビュー(前編):「ahamo」が他社への流出抑止に、ドコモショップは当面維持する
持株会社による完全子会社化の直後から、NTTドコモは矢継ぎ早に新料金プランを繰り出している。大きな話題を集めたのは、オンライン専用の料金プラン「ahamo」だ。ドコモの変革を掲げる井伊基之社長に、新料金の狙いや今後の見通しを聞いた。(2021/1/15)

河野大臣、テレワークの虚偽報告に「処分の対象となり得る」と警告 霞が関の出勤抑制巡り
河野太郎行政・規制改革担当相が記者会見で、テレワークの虚偽報告に対して処分する方針を明らかにした。(2021/1/13)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(8):
3Dスキャナー活用で設計力の向上、設計者の“働き方改革”を実現する
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第8回は、設計力/現場力の向上や設計者の働き方改革の実現に向けた“3Dスキャナー活用”について詳しく解説する。(2021/1/13)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
インテリジェンス主導でデータ管理を変革、4つの価値と基盤構築のポイントとは
フラッシュストレージやクラウドは、データ管理の速度や拡張性を進化させたが、障害やパフォーマンス低下のリスク、ワークロード配置の課題は依然残されている。この状況を打破するのに有効なのが、インテリジェンス主導のデータ管理だ。(2021/1/13)

開発者同士がテレワ―クで共同作業:
クラウドが開発“競争”を“共創”に変える――自動車業界で進む変革
自動車技術の研究や普及を担う団体が、クラウドを使って企業の垣根を超えた取り組みを開始した。それをベースに、さまざまな業界が参加する「スーパーテレワーク・プラットフォーム」の構築にも取り組んでいる。壮大な取り組みの中身とは。(2021/1/14)

Microchip Technology プレジデント兼COO Ganesh Moorthy氏:
PR:エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したい、豊富な製品群とサポートで業界を支えるMicrochip
5GやIoT、自動運転、AIなど「6つのメガトレンド」を軸に成長を目指すMicrochip Technology。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けつつ、サプライチェーンを素早く立て直し、堅調な売上高を維持した。Microchip Technologyのプレジデント兼COOを務めるGanesh Moorthy氏は、同社のトータルソリューションでエンジニアを支えたいと強調する。(2021/1/13)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
設備修繕の働き方改革を支援する日立のクラウドサービス
設備機器の修繕計画は、設備自体の維持や故障リスクを最小化するために必須となる。しかし、現状では熟練者が紙上で計画を立案しており、無駄や限界となる部分が多い。いわゆる属人化の状態にあり、引き継ぎや監査などの面でも課題となってしまっている。日立ソリューションズが提供する「設備修繕計画最適化サービス」は、設備機器の関連情報を電子化し、管理を標準化することで誰にでも均一化して使えるようにするものだ。(2021/1/12)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(3):
Microsoft TeamsをDXのハブに、ローコードツール連携など最新オススメ機能とは
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第3弾は、「新たなコラボレーション環境がもたらすDX」を見ていく。(2021/1/14)

河野大臣、議員宿舎からZoomで記者会見 報道陣に「記者の皆さんもオンラインで」と要望
河野太郎行政・規制改革担当相が議員宿舎からオンラインで行った記者会見で「記者の皆さんもできるだけオンラインでやってほしい」と報道陣に要望した。(2021/1/8)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
DXを支えるのは、社員13万人の「意識変革」――富士通が全力で進めるプロジェクトの勝算
グループ社員13万人を対象に、2020年から全社を挙げてDXプロジェクト「フジトラ」を進める富士通。全員のKPIを含めた意識の変革を大胆に進める同社の現在地と、2021年に進む先とは。プロジェクトをけん引する人物に話を聞いた。(2021/1/8)

コロナ禍の一時対応じゃない。未来へ続く変革を:
PR:物心両面のサポートでニューノーマルを生き抜く、弥生の超働き方改革始動!
突然の全社リモートワーク移行に当たり、会社が真っ先に心配したのは、社員のメンタルだった。(2021/1/8)

「昭和パンク」描く自主制作アニメがかっこいい もし昭和のままサイバーな技術革新があったら?
約72分の長編として3月完成予定。(2021/1/7)

混雑可視化で「3密」対策:
“広すぎる”売り場、アプリで案内時間を40%削減──カインズ流、IT変革の全貌を“デジタルアレルギー”だった旗振り役に聞く
2020年4月、緊急事態宣言の発令によりホームセンターのカインズにはマスクやトイレットペーパーを求める買い物客が殺到した。特に混雑が目立った浦和美園店にて、店内の混雑状況を店頭のデジタルサイネージとスマホアプリでリアルタイムに表示するIoT実証実験を開始。その他にも専用アプリから決済して店頭やロッカーで商品を受け取る仕組みを展開するなど、カインズではさまざまなデジタルソリューションを通して、感染対策と顧客体験の向上を図っている。デジタル化施策の方針や、“お客さま・従業員ファースト”でITを活用しているという店舗づくりについて話を聞いた。(2021/1/13)

製造ITニュース:
業務とIT両面で製造現場を支援する見える化ソリューション、原価低減などに貢献
日立産業制御ソリューションズは、業務とITの両面から製造現場の改革を支援する工場業務見える化ソリューション「MONOSOLEIL」を発売した。工場全体の原価低減、生産効率向上、在庫削減などに貢献する。(2021/1/6)

総務のための「オフィス」再考:
オフィスのコロナ対策 “なるべく工事ナシ”でソーシャルディスタンスを確保する方法
新型コロナ対策で、総務に求められる「オフィス変革」。ソーシャルディスタンスの確保、レイアウト変更など、現状に役立つ考え方を整理しました。(2021/1/6)

製造業DX推進のカギを握る3D設計(6):
変革に欠かせない“感知・補足・変容”の3ステップで製造業DXを加速できるか
日本の製造業が不確実性の高まる時代を生き抜いていくためには、ITを活用した企業の大変革、すなわち「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みが不可欠だ。本連載では「製造業DX推進のカギを握る3D設計」をテーマに、製造業が進むべき道を提示する。第6回は「ダイナミック・ケイパビリティ」を実現する3つのステップに着目し、3Dで製造業DXを実現するための道筋を示す。(2021/1/5)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2021年のパソコンはどう進化する? 注目はやはりApple、Intel、Microsoftのプラットフォーム変革
2020年は、AppleがMac向けの独自プロセッサで圧倒的な「電力あたりのパフォーマンス」を見せつけ、Intelが新しいプラットフォームでWindowsノートPCのさらなる進化を促した。2021年もプラットフォームをまたいだ競争に注目が集まりそうだ。(2021/1/3)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが、繋がりやすい「プラチナバンド」を懇願――2023年には他キャリアを超えるひっ迫度になる危険も
総務省が開催した「デジタル変革時代の電波政策懇談会」において、楽天モバイルがいわゆる「プラチナバンド」の割り当てを要望した。確かに、新規参入ゆえに4G(LTE)用の帯域が他キャリアよりも少ない同社だが、プラチナバンドを得られるのだろうか。(2021/1/1)

モバイルdeワークスタイル変革:
いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか?
働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。(2020/12/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
テスラからの争奪戦が勃発、中国自動車業界へ参入するメガITの勝算
2020年の自動車業界の最大トピックは、トヨタを抜き世界首位となったテスラの時価総額だろう。販売台数ではトヨタの10分の1もないが、中国マーケットを取り込んで業界に変革を起こし、中国新興EVメーカーは勢力を拡大、さらにメガIT企業の参入も呼び込んだ。そこで21年に台風の目となりそうな、中国自動車業界の注目トレンドを紹介したい。(2020/12/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年最も読まれた記事
年内最終号は恒例の今年最も読まれた記事。ひとまずトップ5を並べてみよう。2位を除けば全部トヨタ絡みである。前代未聞のコロナ禍に見舞われた2020年は、自動車販売が壊滅的打撃を受けても全くおかしくない一年だったが、そうしたタイミングで、トヨタが10年以上をかけて進めてきたTNGA改革が花開き、自動車販売全体の落ち込みを救った年だったともいえる。(2020/12/28)

Weekly Memo:
企業はDXに向けて「顧客の声」をどう生かすべきか――富士通の挑戦
DXによってビジネス変革を推進する際、顧客の声をどう生かしていくか。この重要なテーマに、富士通が最新ツールを使って挑んでいる。興味深い内容なので取り上げて考察したい。(2020/12/28)

カジュアル化の流れ:
アパレル“総崩れ”はコロナのせい? 復活に必要な6つの「シフト」
コロナ禍でアパレル業界が窮地に陥っている。しかし、根本的な変革が求められていたと筆者は主張する。業界の“悪弊”を抜け出すために必要な戦略とは。(2020/12/28)

「OTT」「サブスク」「iOS 14」他の影響は?:
2020年のモバイルアプリにおける変革と2021年の最重要課題
Adjust日本ゼネラルマネージャーが占う2021年のアプリマーケティングの動向とは。(2020/12/28)

「脱ハンコ」推進と電子署名の活用促進の動き
菅政権が成立した直後から、行政手続における押印を原則廃止する見直しが、河野行政改革担当大臣を中心に迅速に進められた。これまでの「脱ハンコ」をめぐる政府の対応の経緯についてまとめたい。(2020/12/28)

Gartner Insights Pickup(188):
データとアナリティクスのチーム作りにおける5つの落とし穴を避けるには
文化変革をリードし、データリテラシープログラムを開発し、既存スタッフのスキルを向上させることなどにより、効果的なデータとアナリティクスのチームを構築する。(2020/12/25)

「プラチナバンドがなければ競争は困難」 楽天モバイルが既存周波数の再編を訴える
総務省が12月23日に開催した「デジタル変革時代の電波政策懇親会」にて、楽天モバイルがプラチナバンドの再編を訴えた。楽天モバイルに現在割り当てられている周波数は、LTEは1.7GHz帯の40MHz幅のみで、700MHz〜900MHz帯のプラチナバンドは割り当てられていない。新規参入事業者に対しても、既存周波数の再配分も含めて機会の平等を実現してほしいと訴える。(2020/12/24)

“ガソリン車禁止”にトヨタ自動車・豊田章男社長反旗の狙い 識者「政府に具体的プランの提示求めたのでは」
日本自動車工業会の豊田章男会長は、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す政府目標に関し「エネルギー政策の大変革なしにはできない」と述べた。HVの普及率や雇用などの実情についても考慮した上で議論を進めるべきだと指摘した。(2020/12/23)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
2021年は「デジタルバンク元年」 FFGのDX仕掛人が語る新しい銀行の将来像
「DX注目企業2020」にも選出されたFFGは、デジタルを活用した先進的な取り組みでこれまでの銀行の在り方に大きな変革をもたらすだろう。同グループのDX推進事業の要ともいえる、みんなの銀行プロジェクトの推進者が目指す、これからの銀行とは。(2021/1/6)

企業の年賀状廃止広がる デジタル化や働き方改革…… コロナ在宅勤務の影響も
企業の間で年賀状を廃止する動きが広がっている。虚礼廃止を理由に挙げる会社が多いが、新型コロナウイルスによる在宅勤務の拡大で社内で年賀状の作成を行う時間が取れなくなったと説明する企業もある。(2020/12/22)

製造マネジメント年間ランキング2020:
COVID-19で相次いだ工場停止、一方で企業のDXや構造改革を強力に後押し?
2020年に公開したMONOist 製造マネジメントフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位10位の記事を見てみると、2020年はやはり新型コロナウイルス感染症に関する話題が目立ちました。(2020/12/22)

デジタル庁、民間人材を募集へ テレワーク・兼業もOK
平井卓也デジタル改革担当相が2021年9月のデジタル庁(仮称)の発足に向け、外部のIT人材約30人を非常勤職員として募集すると発表した。(2020/12/21)

視点:
企業変革の要諦:オペレーティングモデル(後編)〜典型4症例を踏まえた再構成の4ステップ 〜
オペレーティングモデルの再構成が求められる代表例は、買収後のケイパビリティ統合だ。企業は、異なるオペレーティングモデルから成る広範な事業ポートフォリオを抱えることになる。(2020/12/21)

ポストコロナの製造業IT戦略(2):
危機を生かせた企業の勝因は? 必要な3つのフェーズのアプロ―チとは
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした「withコロナ」のニューノーマル時代において、製造業にどのような変革が必要となるのかを考える本連載。第2回となる今回は、COVID-19のような危機に際して、企業がどのようなアプローチで対策を進めていくべきかについて解説します。(2020/12/21)

地方企業の問題地図 【後編】:
えちごトキめき鉄道の鳥塚亮社長と沢渡あまねが語る「地方企業の問題地図」 いすみ鉄道の成功から見る「地方を救うブランド化」
「地方企業の問題地図」――。千葉県のいすみ鉄道を経営危機から救い、現在は新潟県のえちごトキめき鉄道の社長を務めている鳥塚亮氏と、現在浜松市に身を移して組織改革・ワークスタイル変革の専門家として活動している沢渡あまね氏に対談してもらった。後編では、鳥塚氏が取り組んだいすみ鉄道の改革の手法と、地域を変えるために必要な考え方を聞く。(2020/12/19)

地方企業の問題地図 【前編】:
えちごトキめき鉄道の鳥塚亮社長と沢渡あまねが語る「地方企業の問題地図」 Uターン、Iターンが失敗する構造的問題
「地方企業の問題地図」――。千葉県のいすみ鉄道を経営危機から救い、現在は新潟県のえちごトキめき鉄道の社長を務めている鳥塚亮氏と、現在浜松市に身を移して組織改革・ワークスタイル変革の専門家として活動している沢渡あまね氏に対談してもらった。前編では、鳥塚氏と沢渡氏が自らの経験から感じている、地方企業や行政の問題点などについて考える。(2020/12/18)

NEC、受け身の文化から脱却し、対応スピードをアップ 外部人材活用で社内改革
2020年7月、ハワイ州5空港にNECの検温システムが採用された。縦割り構造の影響で技術はあっても調整に時間を要し、受注を逃すことが少なくなかった同社だが、前者横断型チームの結成や外部人材の活用など改革を進め、対応スピードを上げている。(2020/12/17)

ゲノム編集食品「日本農業の変革点に」 農作物や魚……進む実用化
遺伝情報を改変するゲノム編集技術で開発された食品が2021年に登場する見通しとなった。第1号として「GABA」を豊富に含むトマトの流通・販売を厚生労働省の調査会が了承した。実用化の動きが広がりそうだが、生態系への影響など懸念も残る。(2020/12/15)

電子インボイス向け標準仕様を国際規格に準拠 平井卓也デジタル改革担当相に協力要請
電子インボイス推進協議会は、策定中の日本国内の電子インボイス向け標準仕様を、国際規格「PEPPOL」に準拠させる。中小や小規模事業者から大企業まで幅広く、低コストで利用でき、国際的な取引にも対応できる「日本標準仕様」を目指す。(2020/12/15)

ローコード開発の実際:
PowerPlatformでアプリ開発内製化 鹿島建設のデジタル活用術で協力会社の課題は解消するか
MicrosoftのPowerPlatformを使ったローコード開発による業務改革の事例が国内でも出てきた。鹿島建設は多数の協力会社の業務改善に内製アプリを活用する。(2020/12/15)

特集:内製化によるDX開発 SIerをどう生かすか(1):
それ、本当に「DX」ですか?
業種・業態を問わず、およそ全ての企業・組織に「ITを前提としたビジネスプロセス、ビジネスモデルの変革」、すなわちDX(デジタルトランスフォーメーション)の実践が求められている。システムをSIerに外注するスタイルが一般的な日本において、企業とSIerのパートナーシップは今後どうあるべきなのだろうか。(2020/12/15)

5000社との取引で食を支えるニチレイロジはどうデータを集め、業務を変えているか
DX推進を目指す際、避けては通れないのが今までにないデータの収集や最新技術の活用だ。約5000社の顧客を持つニチレイロジグループはコールドチェーンのDXを進めるに当たり、680万枚にも上る紙のプロセスをデジタル化し、さらに自動走行ロボットやAIを活用した業務そのものの改革を推進する。本稿はその詳細をレポートする。(2020/12/14)

Google、Intel、ZoomなどがクラウドとITツール変革を目指す「Modern Computing Alliance」結成
Google、Intel、Box、Dell、Slack、VMware、Zoomなどが、企業向けクラウドの共通の問題を解決し、新たな標準と相互運用可能な技術開発を推進するアライアンス「Modern Computing Alliance」を立ち上げた。(2020/12/11)

JIMTOF2020:
中小製造業の生きる道、「研究開発型」で道を切り開く由紀精密の挑戦
2020年11月16〜27日にオンラインで開催された「第30回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2020 Online)」において、主催者セミナーとして由紀精密/由紀ホールディングス代表取締役社長の大坪正人氏が登壇。変革を続ける由紀精密の挑戦の道のりと、ファクトリーサイエンティスト養成などの今後の展望を紹介した。本稿ではその内容を紹介する。(2020/12/11)

海外医療技術トレンド(66):
米国病院は新型コロナの院内クラスター対策にDXを導入、働き方改革も進める
前回は米国規制当局のDX動向を取り上げたが、米国内の医療業界におけるDXの取り組みは最前線でも加速している。(2020/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。