ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ティファニー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ティファニー」に関する情報が集まったページです。

地殻変動:
永遠の輝きに陰り ダイヤモンド業界が衰退している
ミレニアル世代(1981年から96年に生まれた世代)の購買行動に、危機感を抱いている人たちがいる。ダイヤモンド業界だ。ミレニアル世代は結婚適齢期に差し掛かっているので、ダイヤは売れているはずだが……。(2019/6/27)

かわいくてどこか切なげなインコ「おとちゃん」 “老い”も含めて愛する瞬間を収録した写真集が登場
著者、村東剛氏の写真展も開催中。(2019/3/8)

『ゼクシィ』年に一度のスペシャル号の付録がすごい タキシード姿のドラえもんが結婚を祝ってくれる「ドラえもん婚姻届」
婚姻届は秘密道具だった……?(2018/12/20)

米国では「折り畳み式」が2億円調達:
環境保護で“マイストロー”がはやる? ティファニーが5万円の「金属製ストロー」を発売していた 
プラスチック製ストロー廃止する動きが広がっている。それに先駆け、Tiffanyが、昨秋から1本4〜5万円の金属製ストローを販売している。また、折り畳み式の金属製ストローがクラウドファンディングで2億円を調達していた。今後は“マイストロー”が流行するかもしれない。(2018/8/20)

「推しアクセ」教えてください!:
美少女戦士にはなれなかったけど、アクセがあれば“変身”できる。IT記者アキさんの推しアクセ
美少女戦士セーラームーンに生き方を学び、現在はニュースサイトの記者として日々を生き抜くアキさんの“推しアクセ”は?(2018/7/10)

“日本が知らない”海外のIT:
NYに“大麻のApple Store” 100億ドルのマリフアナ市場、急成長のワケ
日本国外では大麻の合法化が進んでいる。大麻市場が世界に与えるインパクトは。(2018/6/27)

深刻なノブ不足! 綾部祐二&渡辺直美の“バカップル風2ショット”がニューヨークNo.1の大クセじゃあ
ノブさん待望論高まる。(2018/6/11)

ねとめし:
ヨーグルトにぶっ刺すだけ! ドライマンゴーを使った「マンゴーヨーグルト」がぬっとり濃厚なうまさ
ドライマンゴーを買わないなんて、人生損してます。(2018/6/2)

ハンサムすぎる! 森星、ばっさりショートの“ミラ・ジョヴォヴィッチ風”なクールスタイルに注目集まる
惚れた。(2018/5/4)

佐々木希が30歳に 親友・大政絢らから誕生日祝われ「ありがとう!!! らぶだぞ!」
大政さんからはアメシストのピアスが贈られました。(2018/2/10)

「本人にしか見えない」 ダレノガレ明美、激似のオードリー風スタイルで銀幕スターのオーラマシマシ
二度見せずにはいられない。(2018/1/29)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
丸井がクレジットカードの即時発行にこだわる歴史的な理由
会員を600万人以上持つ丸井グループのクレジットカード。その多くが若者であることは今も昔も変わっていない。なぜ丸井は彼らに支持されるのか。その理由をひもとくと……。(2017/11/27)

「BANANA FISH」アニメ化を記念して、元書店員がブックフェアの打線を組んでみた
世界により深く潜ってみませんか……?(2017/11/26)

「ノブが来ないんじゃ〜〜」 ピース綾部のInstagramでさえわたるツッコミを入れ続ける千鳥ノブがじわじわくる
コメント欄を牛耳るノブ。(2017/11/11)

Hitachi Vantaraが商用版をリリース
日立の“次の100年”を担うIoT基盤「Lumada」の可能性とは?
日立製作所は、Hitachi Vantara(日立ヴァンタラ)の設立とIoT基盤「Lumada」の商用リリースを掲げ、デジタル変革市場の競争に参入した。(2017/11/1)

チビ水原姉妹かわいいぃ! 水原希子、妹・佑果との幼少期写真に「小さいときから完成形」の声
理想の姉妹。(2017/10/11)

「コードアワード 2017」贈賞式を振り返る:
人工知能「りんな」主演ドラマ他、体験を創造するデジタル広告の現在
日本最大級のデジタル広告賞「コードアワード 2017」の受賞作品から現在のデジタル広告のトレンドを探る。(2017/8/15)

チャッキーが地獄の底から大復活!(4年ぶり7度目) 「チャイルド・プレイ」新作が製作決定
恐怖の人形再び。(2017/1/6)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
色を見ればメーカーが分かる? 中国スマホメーカーのコーポレートカラー
中国の家電量販店では、各社が自社のコーポレートカラーを定めて、その色を大きくアピール。「色を見ればメーカー名が分かる」――。この戦略は大手メーカーだけではなく、2番手、3番手の中位下位のメーカーやブランドにも広がっています。(2016/12/28)

自らの「体験」に「共感されたい」と考える生活者が6割:
オプトが「デジタル時代におけるブランド消費の価値観」について調査
オプトは、企業のマーケティング支援においてデジタル時代の生活者のブランド消費に関する価値観や動向を把握するためにアンケート調査を実施した。(2016/10/27)

舞台版「ハリポタ」、黒人ハーマイオニーへの差別意見に原作者「ハーマイオニーは黒人女性であり得ると言明する」
娘のローズ役への否定的な意見はあまりないものの、赤毛ではないことに不満を示すコメントも。(2016/6/7)

いまさら聞けないHILS入門(1):
HILSとは何か
最新の高級自動車は200個ものコンピュータを搭載しているといわれる。ECU(電子制御ユニット)と呼ばれるこのコンピュータが、正しく動作するかどうかを試験するテスト装置として注目を集めているのがHILSだ。本連載では、HILSの導入や、HILSを使ってECUのテストを行うための基本的な知識の提供を目指す。連載第1回は「HILSとは何か」だ。(2016/4/27)

モデルでアクセサリーデザイナーの武居詩織は、市川春子「宝石の国」の“曖昧さ”に魅了された
デザイナー視点で読む「宝石の国」。(2016/3/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
NY5番街のMicrosoft Store旗艦店を訪ねてみた 「HoloLens」や「Surface Hub」もそろう特別な空間
米Microsoftがニューヨーク5番街に旗艦店をオープン。そこでしか体験できないハードウェアも展示してあるとのことで、実際に店舗をじっくり見てきた。(2016/1/23)

高木里代子の「ちょこっとJAZZ」:
クリスマスの夜は珠玉のジャズとともに
いよいよあと2週間でクリスマス。そこで今回は素敵なクリスマスを演出するJAZZの名曲の数々をご紹介します。(2015/12/11)

舞台版「ハリポタ」は原作の19年後を描いた正統後継作 ハリーと息子・アルバスに暗闇が忍び寄る
ワールドプレミア公演はロンドンのパレス・シアターで2016年7月30日上演予定。(2015/10/26)

神楽坂「la kagu」で新潮社プレゼンツの夏祭り 人気作家の愛用品が手に入るオークションも
7月31日と8月1日の2日間、la kagu(ラカグ)2階にあるレクチャースペース「soko」で開催。(2015/7/31)

いっぱい食べる君が好き! 可愛すぎる「食べる女子」マンガ
(2015/5/13)

山伏・自衛官……特殊な「ウチのダンナ」コミックエッセイ4作
(2015/5/8)

235万円の“Editon”も試着可能:
「Apple Watch at Isetan Shinjuku」がオープン! さっそくApple Watchを予約してみた
伊勢丹新宿店にオープンした「Apple Watch at Isetan Shinjuku」は、Apple直営店では「Sport」「Watch」「Edition」のすべてのApple Watchを試せる貴重なショップだ。(2015/4/10)

新しいMacBookはポートの実用性に難ありだが「これが未来だ」 海外レビューラウンドアップ
新しいMacBookについて、海外のレビュワーは「これがノートの未来だ」と革新性を高く評価。ただし実用上は統合された1つのポートやバッテリー駆動時間の短さがネックになるという。(2015/4/10)

Apple Watch at Isetan Shinjuku 予定地を見てきた
4月10日に伊勢丹 新宿店の1階にオープンするApple Watch専門のApple直営店、Apple Watch at Isetan Shinjukuは、世界的にも珍しい、百貨店のテナントとして作られるショップ。工事の様子を見てきた。(2015/4/2)

窪田順生の時事日想:
中国人観光客が「爆買」する日本の炊飯器は何がスゴいのか
中国人観光客の爆買によって、日本製の炊飯器が売れている。そんなことを聞くと、「多くの中国人は日本の技術力を高く評価しているんだなあ」と思うかもしれないが、本当にそうなのか。売れている背景を探っていくと……。(2015/3/24)

写真展:
写真展「Audrey Hepburn」
(2015/2/3)

新料金プランの導入で好転、LTEの150Mbps化も順調――ドコモ永田氏に聞く 関西での戦い方
「関西からドコモを変える」――そう語るのは、NTTドコモ関西支社長の永田清人氏。関西はこれまで苦戦を強いられてきた地域だが、新料金プランの導入で状況が一変したという。ネットワークは1.7GHzを用いた下り最大150Mbpsのエリアを精力的に展開している。(2014/10/30)

「気がきく人」の習慣:
相手の「良いところ」を探す
人は、悪いところのほうが目につきやすいもの。しかし、視点を変えて相手の良いところを見つける習慣を付けると、チームが活性化します。人は、自分の存在が認められることで喜びを感じるのです。(2014/8/1)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国で始まった“Xiaomi包囲網”(前編)──「紅米」「Mi3」を追撃するHuawei
中国の新興メーカー「Xiaomi」が急激にシェアを伸ばしている。大手メーカーも対抗製品の投入を始めているが、Xiaomiの勢いを止めることはできるのだろうか?(2014/6/23)

杉山淳一の時事日想:
覚えにくい? 「新函館北斗」という駅名が残念な理由
JR北海道は11日、北海道新幹線の駅名を「新函館北斗」「奥津軽いまべつ」と発表した。そこに違和感を抱く理由は、地元のエゴ丸出しで、利用者のメリットを考慮しないから。決まったことに異議を唱えても仕方ないから、今回は「覚えやすい駅名」と日本語のリズムを考察してみよう。(2014/6/20)

音や色の商標登録が可能に 知財法改正案が国会提出
色や音を商標として登録できるようにする商標法改正案が国会に提出される。企業のイメージカラーなどが保護される一方で、紛争が起きる可能性もある。(2014/3/12)

新連載・人に話したくなるコラム:
本田圭祐のサングラスはどこのモノ? 知られざるアイウエア界の王
本田圭祐が所属する「ACミラン」の本拠地に、世界最大のアイウエア企業があることをご存じだろうか。その企業は、ルックスオティカ社。聞き慣れない名前だが、実は世界シェアを8割も占めているのだ。(2014/2/14)

2250人が参加した「全国書店員が選んだおすすめコミック2014」――1位は『坂本ですが?』
書店員が選んだ「全国書店員が選んだおすすめコミック2014」15作品が発表。1位は『坂本ですが?』。(2014/2/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/4)

Apple Store、第1四半期の来店客1人当たりの購入金額が過去最高に
第1四半期における米国内のApple Storeの来店客1人当たりの平均購入額が57.60ドルと過去最高となった。(2013/5/22)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
バブルで高騰した“恋愛のレート”は下がる? 婚活の行方を考える
堀井憲一郎氏の『若者殺しの時代』では、「1980年代に女の子が恋愛のレートを上げて、結果としてみんな不幸になった」と書かれています。それを読んだちきりんさんは、「今の婚活はその揺り戻しかもしれない」と推測しました。(2012/8/6)

海外モバイルニュースピックアップ:
スマホへの着信が一目で分かる腕時計、Kickstarterで人気
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スマホへの着信が一目で分かる腕時計、ツイートしながら聖火リレー、研究データの収集にスマホアプリ活用、持ち主のタスクを先回りして予測するスマホなど。(2012/5/28)

消費者理解コトハジメ:
VAIOな男性、VAIOな女性――データから見るペルソナ図鑑
デザイン性に優れたPCとして、1990年代後半に登場したソニーのVAIO。現在、VAIOノートPCを使っている人にはどのような傾向があるのでしょうか。(2012/3/8)

100周年記念:
パラマウント、名作20本を集めたメモリアルDVD BOXを発売
パラマウント ジャパンは、パラマウント スタジオ設立100周年を記念して「パラマウント100周年記念厳選20作品DVD BOX」を4月27日に発売する。購入者合計100名に賞品が当たるキャンペーンも実施。(2012/2/24)

消費者理解コトハジメ:
Facebook女子ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑
日本でもここ1年で急速に利用者を拡大しているFacebook。トレンドに敏感と言われる女性の中でも、Facebookを利用している人にはどんな特徴があるのか。約3万人の消費行動データを抱える「ぺるそね」での検索結果をもとに分析してみた。(2012/2/23)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好決算発表や商品相場高、欧州金融不安が薄れたことから堅調な展開
(2012/1/11)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
前日の大幅高の反動もあってまちまちの展開
(2011/11/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。