ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トランスピー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トランスピー」に関する情報が集まったページです。

「トランスピー」正式サービス1周年記念で5大キャンペーン開催
(2010/1/14)

「トランスピー」も衣替え――秋の大規模アップデート実施
(2009/10/15)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ワッショイ
夏祭りの季節です。(2009/8/6)

オンラインゲーム最新イベント情報:
夏の文字踊る
昨今のオンラインゲームのキーワードは“夏”です。(2009/7/16)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゴールデンウィーク特集
大型連休イベントばっかり。(2009/5/1)

「トランスピー」の着用制限が撤廃
(2009/4/16)

オンラインゲーム最新イベント情報:
謎の人物からの依頼
トウキョウに起こっている異変を解明しよう。(2009/3/26)

オンラインゲーム最新イベント情報:
昔々あるところに
いたずら好きな子うさぎがいました……。(2009/3/18)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ちょっといい話
お題は3つ。ちょっと聞かせてください。(2009/2/26)

名誉GM強権発動! 「トランスピー」で橘麗美さん命名アイテム登場
(2009/2/23)

「トランスピー」アップデート記念に名誉GM・橘麗美と生対戦
(2009/2/19)

名誉GMにして“暴君”橘麗美さん来襲――本日正式サービス開始「トランスピー」
ゲームヤロウが展開するオンラインゲーム「トランスピー」において、名誉GMの職を務める橘さんが語った、運営側を困らせる要望とは? (2009/1/15)

オンラインゲーム最新イベント情報:
今年もお世話になりました
2008年の締めくくりにふさわしく盛大に。(2008/12/26)

ゲームヤロウ、秋葉原で「サドンアタック祭り」を開催
ゲームヤロウは同社が運営するオンラインFPS「サドンアタック」のユーザー向けイベント、「サドンアタック祭り2008 in AKIBA」を10月20日、21日の2日間にわたり、秋葉原・UDXギャラリーにて開催した。(2008/12/22)

グラビアアイドル・橘麗美さんが名誉GMに就任――「トランスピー」
(2008/12/19)

「トランスピー」、オープンβテスト開始時に「グランプリモード」「クラブ戦」を実装
(2008/12/15)

「トランスピー」オープンβテスト日程が決定
(2008/12/8)

みんなでゲームヤロウぜ!――「サドンアタック祭り2008 in AKIBA」
(2008/11/28)

2次クローズドβテストから新マシンを実装――「トランスピー」
(2008/11/21)

「トランスピー」2次クローズドβテスターの募集を開始
(2008/11/14)

先着1000人が参加――「トランスピー」クローズドβテストドライバーを追加募集
(2008/10/31)

「トランスピー」で、クローズドβテストドライバーを募集
(2008/10/20)

神子島みかが仮想レーシングチーム結成! 「Transpee(トランスピー)」体制発表
オンラインレーシングゲーム「Transpee」のサービス開始発表記者会見において、Team Transpeeを結成すると報告。女性レーサー・神子島みかがその第1戦を勝利で飾った。(2008/10/16)

「オンラインゲームを武器に、世界と肩を並べるメーカーになる」――ゲームハイ キム・ゴンイル会長インタビュー
既報のとおり、ゲームハイは9月23日、韓国・ソウルにて発表会を行い、同社の新作オンラインゲーム6タイトルを内外に向け公開した。その発表会終了後、ゲームハイの会長であるキム・ゴンイル氏に直接お話をうかがうことができた。(2008/9/25)

オンラインレースゲーム「トランスピー」、今秋サービス開始
(2008/8/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。