ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42SA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W42SA」に関する情報が集まったページです。

auの「W42SA」に不具合、ソフト更新で対応
auの「W42SA」に、不具合があることが分かった。KDDIはソフトウェア更新で対応する。(2006/12/18)

「W42SA」に着うたフル・Eメール関連の不具合――ソフト更新を実施
KDDIは、三洋電機製の「W42SA」に不具合があることをアナウンスした。内容は、ダウンロードに失敗した着うたフルを削除すると、au Music Playerが起動しないといったもの。(2006/10/31)

“手書き”対応の「W42SA」発売──新規価格は1万5000円前後
ダイヤルキーを文字入力フィールドに、手書き文字の入力を可能にした三洋電機製のWIN端末「W42SA」の販売が開始された。(2006/10/6)

タッチセンサーで手書き入力──「W42SA」、6日から順次発売
KDDIは、ダイヤルキー部分にタッチセンサーを備え、手書きによる日本語入力が可能な「W42SA」を6日から順次発売する。(2006/10/5)

「手書き」で操作はこう変わる──開発陣に聞く「W42SA」
ダイヤルキーをなぞって、手書きで文字を入力する──。こんなユニークな機能を搭載したのが、鳥取三洋電機製の「W42SA」。目指したのは、これまでにない分かりやすい操作の実現だ。(2006/9/5)

写真で解説する「W42SA」
ダイヤルキー部分に指で文字を書けば、テキスト入力できるという、ユニークな携帯が登場した。開発を手がけたのは鳥取三洋電機だ。(2006/8/28)

ダイヤルキー部が手書き入力センサーに──「W42SA」
三洋電機製の「W42SA」は、ダイヤルキー部分が手書き入力フィールドとして機能する。指で文字を書けばテキスト入力できるため、携帯の文字入力が苦手な人にも安心だ。(2006/8/28)

パナモバ製ソフトバンク端末「705P」がJATE通過
パナソニック モバイル製のソフトバンクモバイル向け端末「705P」やシャープ製「810SH」「811SH」、三洋電機製「W42SA」などがJATEを通過した。(2006/8/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。