ニュース
» 2006年12月18日 12時39分 公開

auの「W42SA」に不具合、ソフト更新で対応

auの「W42SA」に、不具合があることが分かった。KDDIはソフトウェア更新で対応する。

[ITmedia]

 KDDIは、三洋電機製のWIN端末「W42SA」に不具合があるとアナウンスした。12月18日から、「ケータイアップデート」経由で改修済みのソフトを提供する。

Photo 手書きで文字を入力できる「W42SA」

 報告された不具合は2つ。1つは「ジャイアントパルサーXG」「ネオフルーツチャンスDX」「できたて! ミートパティ」「ぷりてぃハタあげ」「迷宮島」「ジャンぐるリーチ!」「ルーピンメイズ」のEZアプリを使っているユーザーに起こる可能性があるもので、これらのEZアプリを起動したあとにデータフォルダ内のデータを操作し、電源のオン/オフを行うと、データフォルダ内のデータが削除される可能性がある。

 2つ目はEZサービスの初期設定に失敗し、Eメールを受信できない場合があるというもので、譲り受けたW42SAを利用した際に起こる可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう