ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「Yahoo! Pipes」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! Pipes」に関する情報が集まったページです。

「Yahoo! Pipes」、9月末で終了 米Yahoo! Mapsも終了
ネット上のデータやサービスを組み合わせて独自サービスを作ることができる「Yahoo! Pipes」が9月30日で終了。(2015/6/5)

3分LifeHacking:
情報が溢れがちなRSSフィードをうまく管理して読みやすくする方法
複数のRSSを購読していると、時々フィードやフォルダの多さに圧倒されることがあります。それらを少し整理したり、優先順位を付けたりすることで、見やすくて管理しやすい自分だけのフィードを作れます。(2012/2/24)

Twitter、Bagcheck買収で元Yahoo!のサム・ブラーラ氏を獲得
Twitterが製品情報共有サイトのBagcheckを買収し、Yahoo! Pipesなどを手掛けた元Yahoo!の幹部でBagcheck創業者のサム・プラーラ氏がTwitter入りする。(2011/8/9)

どうなるBOSS、SearchMonkey:
Yahoo!、Microsoftとの提携の影響を開発者に説明
Y!OS戦略の下、開発者に提供しているAPIやプラットフォームの今後について説明した。(2009/7/31)

現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
iPhone/iPod touchを使ったモバイル英語勉強法
「英語を身に付けたいけど、どうやって勉強すればいいのか」といった悩みを抱えている人も多いのでは。今回は現役東大生の筆者が実践している、“モバイル英語勉強法”を紹介しよう。(2009/4/7)

米Yahoo!、ソーシャルでオープンな開発プラットフォーム「Y!OS 1.0」公開
OpenSocial対応のYahoo!アプリケーション開発プラットフォームがリリースされた。(2008/10/29)

ひとりで作るネットサービス:
誰もが簡単に作れるアプリを目指したい――サーバなしで使える「Afrous」冨田慎一さん
国が推進する未踏ソフトウェア創造事業でも採択された、ブラウザだけでデータがマッシュアップできる「Afrous(アフロス)」を作った冨田さん。信条にしている「誰もが簡単に作れること」の真意とは?(2008/5/16)

いまさら聞けないリッチクライアント技術(10):
いまさら聞けない「マッシュアップ」超入門
(2008/3/13)

国産マッシュアップツール「MyRemix」、ネットエイジ・ラボらが発表
Yahoo!PipesやPopflyといったマッシュアップツールが米国では人気だが、日本ではこのような例は数少ない。ネットエイジ・ラボらは同ツール「MyRemix」を日本で発表した。(2007/11/27)

未来を見据えるBEAシステムズ
BEAでCTOを務めるロブ・レビー氏は、「革新にフォーカスすることがますます重要になる」と話す。(2007/9/15)

Geek to Live:
「Yahoo!Pipes」で自分のマスターフィードを作る
オンラインアルバムやソーシャルブックマーク、ブログなどあちこちのオンラインサービスを使っている人は多いだろう。「Yahoo!Pipes」を使えば自分のネット活動をまとめたRSSフィードを作成可能だ。(2007/6/4)

開発者たちからのフィードバックを熱烈歓迎中――Yahoo! Pipes
称賛の声を嵐のように浴びたWebベースアプリケーション「Yahoo! Pipes」。Yahoo! Pipesの今後やオープンソース化の可能性について担当者が答えた。(2007/2/26)

米Yahoo!、マッシュアップサービスの「Yahoo! Pipes」をスタート
「マッシュアップをビジュアルに構築」が可能なYahoo!のサービスは、あまりの人気で初日からダウンしてしまった。(2007/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。