ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」に関する情報が集まったページです。

セガ、オンラインタイトル&サービスで募金活動開始
東北地方太平洋沖地震の被災地と被害者への支援を目的に、自社が運営するオンラインタイトル・サービスで「がんばろう!日本」をテーマにした専用アイテムの販売をする。(2011/3/28)

ペナントレースの結果を反映――セガ「プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2」Winter Update実施
(2009/12/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ついてない人たちの最大の作戦とは
すべての貿易を終えた後の結果で物語が変わっていきます。(2009/3/3)

オンラインゲーム最新イベント情報:
乱世にデビューしませんか?
期間限定で新規ユーザーをバックアップします。(2008/10/28)

「野球つくONLINE 2」、Summer Updateを実施
(2008/7/29)

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2」へリニューアル。オーナーライセンスが無料に
(2008/5/27)

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」でSpring Updateを実施
(2008/4/15)

「じっくりゲーム」31タイトル合同イベント開催――ハンゲーム
(2008/3/27)

「留学システム」が登場――「野球つくONLINE」February Update実施
(2008/2/8)

プロ野球OB選手のサイン入りグッズも当たる――「野球つくONLINE」バレンタインキャンペーン
(2008/2/4)

セガ「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」無料お試しキャンペーン実施
(2008/1/25)

「野球つくONLINE」、Winter Update実施記念キャンペーンを開催
(2007/12/19)

12月18日にWinter Updateを実施――「野球つくONLINE」
(2007/12/4)

「野球つくONLINE」でAutumn Updateを実施
(2007/10/23)

「ハンゲーム」、9月13日より「サカつくONLINE」&「野球つくONLINE」を提供
(2007/9/6)

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」の中長期アップデート計画を発表
(2007/8/28)

新ワールド「アーロン」を追加――「野球つくONLINE」
(2007/8/3)

「サカつくONLINE」、「野球つくONLINE」でサマーキャンペーン実施
(2007/8/1)

クライアントダウンロードがスタート――「野球つくONLINE」
(2007/7/27)

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」、8月1日より正式サービス開始
(2007/7/19)

「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」エキジビショントライアル開始――ITmedia +D Games枠で150名募集
セガのオンラインゲーム「プロ野球チームをつくろう!ONLINE」の「エキジビショントライアル」が開始された。ITmedia +D Games枠でも150名分を用意。是非ご応募ください。(2007/4/27)

すでに発表されたタイトルの進捗状況が判明――「SEGA PC 新作タイトル発表会」(後半の部)
セガが今後発売を予定している新作オンラインゲームを発表する場では、既報済みのタイトル中心に発表が行われた。意外にも早いサービス開始など、サプライズも。「SEGA PC 新作タイトル発表会」後半戦。(2007/4/20)

ソニックがキャディーに!? オンラインゲーム5タイトル一挙発表――「SEGA PC 新作タイトル発表会」(前半の部)
セガが今後発売を予定している新作オンラインゲームを発表する場では、多忙な大人のためのスポーツシミュレーション「やきゅつくONLINE」、「サカつくONLINE」をはじめ、ソニックをはじめセガおなじみの人気キャラクターが登場するゴルフゲームなどが紹介された。(2007/4/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。