ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サカつく」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サカつく」に関する情報が集まったページです。

ダイレクトな采配も可能に――「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」2013年に発売決定
サッカー経営シミュレーションゲーム「サカつく」シリーズ最新作が、2013年にプレイステーション 3/PlayStation Vita向けに発売されることが明らかになった。(2013/3/29)

週間ゲームソフト販売ランキング:
お盆です
毎年おなじようなことを書いてますが、お盆はそれほど市場は動きません。(2011/8/12)

セガ、オンラインタイトル&サービスで募金活動開始
東北地方太平洋沖地震の被災地と被害者への支援を目的に、自社が運営するオンラインタイトル・サービスで「がんばろう!日本」をテーマにした専用アイテムの販売をする。(2011/3/28)

オファーが来れば監督だって移籍可能――PSP「サカつく7」は2011年夏に発売決定
Jリーグと欧州6大リーグを舞台に、全権監督としてプレイできるサカつく15周年記念作が今夏に登場。(2011/2/14)

「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」、大型アップデート「Summerアップデート」を実施
7月末からの移籍シーズンも終わり、優勝争いも佳境へ突入するJリーグ。それにあわせ、Jクラブシミュレーションゲーム「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」も、選手データを更新し、新たな戦いが始まる。(2010/8/25)

GREEのケータイゲームに各社続々と参入――タイトルをざっと紹介する
他メーカーにAPIを開放し、本格的なオープン化を始めたGREE。スタートの6月29日には、大手ゲームメーカーからも数多くのタイトルが発表となっている。(2010/6/29)

GREEで「サカつく」や「リッジレーサー」も オープン化ゲーム第1弾公開
GREEオープンゲーム第1弾は「サカつく」や「リッジレーサー」などメジャーゲームをラインアップ。大手メーカーのメジャータイトルで、先行するmixiやモバゲータウンと差別化する。(2010/6/29)

週間ソフト販売ランキング:
ワールドカップが始まります
南アフリカは遠すぎて応援に行けないというサッカーファンよ。ゲームで盛り上がればいいじゃないか!(2010/6/10)

週間ソフト販売ランキング:
新作がにぎわっています
5月24日から5月30日までの期間で集計したソフト販売ランキングです。芽吹いた新作がわさわさと葉を広げて成長していくかのようです。(2010/6/3)

週間ソフト販売ランキング:
ボールは友達
今週はもうひとつのサッカーゲームがランクイン。(2009/11/19)

実名Jリーガーは1000人以上! PC「JサカONLINE」は2010年春サービス開始
セガは、Windows用オンラインスポーツシミュレーションゲーム「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」を2010年春開始を目指し開発。クローズドβテストの情報も!?(2009/10/9)

東京ゲームショウ2009:
体験版をダウンロードして無料でプレイ――ドコモの“115連射コーナー”
ドコモブースでは、115作品のゲームを無料でダウンロードできるコーナーを用意。来場者はFeliCa対応のリーダーライターにドコモ端末をかざすと、専用サイトにアクセスしてダウンロードできる。(2009/9/24)

「龍が如く3」レビュー:
伝説の極道が、PS3で大暴れ!――東京と沖縄でリアルな街を駆け抜けろ
大人のみなさん、お待たせしました。桐生一馬が帰ってきました。あの、伝説の龍が帰ってきたのです。今度のプラットフォームはPS3。そして今度の舞台は東京と沖縄。あらゆる面で過去作品からグレードアップした「龍が如く3」を、大人の貴方に!(2009/2/27)

週間ソフト販売ランキング:
たまには街へいこうよ
新作5本がランクインするフレッシュな顔ぶれの中、トップを射止めたのはDSで人気を集めていたあのゲームでした。(2008/11/27)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――ニンテンドーDS編
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、ニンテンドーDSの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

名越稔洋氏や中村光一氏など、5人のキーマンが注目タイトルを語る――セガ コンシューマ新作発表会
来春までにセガから登場するタイトルを紹介する「セガ コンシューマ新作発表会 2008 秋」が開催。「ファンタシースター」「シャイニング」シリーズの新作に加え、「龍が如く3」や「風来のシレンDS2」などの新情報が明らかになった。(2008/9/16)

試合と選手獲得に特化した「サカつく」登場――ニンテンドーDS「サカつくDS タッチ and ダイレクト」
セガは、ニンテンドーDS用ソフト「サカつくDS タッチ and ダイレクト」を発表。「サカつく」シリーズよりも「試合」と「選手獲得」に特化した、新感覚の「サカつく」。(2008/9/1)

「イナズマイレブン」レビュー:
プレイヤーの心のゴールに突き刺さる
レベルファイブが贈る新タイトルは、なんとサッカーゲーム! その内容は、現役小学生も往年の熱血サッカーまんが世代もみんなが楽しめる夢のサッカーゲームだった!?(2008/8/26)

週間ソフト販売ランキング:
プロ野球〜ルネッサ〜ンス!
トップに新顔が登場するのは何カ月ぶりだろうか? 髭男爵のように思わずワイングラスで乾杯?(2008/5/29)

すでに発表されたタイトルの進捗状況が判明――「SEGA PC 新作タイトル発表会」(後半の部)
セガが今後発売を予定している新作オンラインゲームを発表する場では、既報済みのタイトル中心に発表が行われた。意外にも早いサービス開始など、サプライズも。「SEGA PC 新作タイトル発表会」後半戦。(2007/4/20)

ソニックがキャディーに!? オンラインゲーム5タイトル一挙発表――「SEGA PC 新作タイトル発表会」(前半の部)
セガが今後発売を予定している新作オンラインゲームを発表する場では、多忙な大人のためのスポーツシミュレーション「やきゅつくONLINE」、「サカつくONLINE」をはじめ、ソニックをはじめセガおなじみの人気キャラクターが登場するゴルフゲームなどが紹介された。(2007/4/20)

「サカつくONLINE」、プレシーズントライアル2ndを開始――ITmedia +D Games枠もご用意
セガの「プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」にて、昨年末に引き続き「プレシーズントライアル2nd」が開始される。合計1万名がテスターとして募集されるが、ITmedia +D Gamesでも当選枠をご用意。是非応募してほしい。(2007/3/6)

「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5」レビュー:
サッカーファンの夢は「サカつく」で叶う
言わずとしれたNo.1サッカークラブ経営シミュレーション「サカつく」のJリーグ版が3年ぶりに帰ってきた! プロモーションキャラクターにはあのキング・カズを起用!! J2からJ1、そして頂点へ。愛しのクラブを育て上げよう。(2007/1/31)

「サカつくONLINE」で「プレシーズントライアル」開催
セガが運営するWindows向けオンラインスポーツシミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」のプレシーズントライアルがついに開催される。募集人員は1000名。(2006/11/17)

10年後はクラブ経営者に!?――「サカつく5」イメージキャラクター三浦知良選手
セガは、プレイステーション 2用ソフト「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5」のプロモーションキャラクターに、横浜FCの三浦知良選手を起用。本日11月15日三浦選手を取材することができたので、その模様をお伝えする。驚きの発言も飛び出した。(2006/11/15)

約2年ぶりのJリーグ版――「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5」登場
セガのスポーツ育成シミュレーションシリーズ最新作「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5」の発売日が決定した。2004年6月に発売した「サカつく’04」以来、約2年ぶりに登場するJリーグ版となっている。(2006/10/27)

PS3向け4タイトル、Wii向け3タイトルを発表。さらには「シーマン2」の続報も――SEGA戦略発表会
セガは9月15日、今冬から来春にかけての注目タイトル、および新作を紹介する「SEGAコンシューマ戦略発表会 2006」を開催。東京ゲームショウ2006の出展タイトルも明らかにされた。(2006/9/15)

ついに完全オンライン化を実現――「プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」始動
1996年に登場した1作目から、シリーズを重ねるごとに進化してきた「プロサッカークラブをつくろう!」シリーズ。その集大成として、これまでとは大きく異なるコンセプトを持つという「プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」が登場する。(2006/6/30)

「サカつく」のノウハウを生かした育成モードもあり――「ワールド フットボール クライマックス」
アクションサッカーゲームでありながら、サッカー選手育成ゲームの顔も合わせ持つPS2用ソフト「ワールド フットボール クライマックス」。発売まで残り1週間と迫った今回は、収録モードや「サカつくヨーロッパ」との連動要素などを紹介していく。(2006/5/24)

E3 2006「セガブース」:
雰囲気はおとなしめだが中身はアツいぞ!――セガブースリポート
プレイステーション 3、Wiiと立て続けに次世代機向け対応ソフトの投入を発表したセガ。セガブースには、残念ながらそれら次世代機対応タイトルのプレイアブル展示はなく、周囲のブースに比べると雰囲気はおとなしめだったが、展示タイトルは質・量とも充実しており、かなり内容の濃いブースとなっていた。(2006/5/12)

「プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ」レビュー:
日本人でも外国人。これまでの常識がほとんど通用しないシリーズ初の欧州編
第1作の発売から10年目の記念すべき年を迎えた「サカつく!」シリーズ。その最新作がついに発売された。これまではJリーグのチームを率いていたが、本作で運営するのは欧州6大リーグのクラブ。舞台をヨーロッパに移し、生まれ変わった新しい魅力を探っていこう。(2006/4/10)

舞台はJリーグから欧州6大リーグへ。「サカつく!ヨーロッパ」指南
Jリーグからイングランド、イタリア、スペインなどの欧州6大リーグへと舞台を移したシリーズ最新作「プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ」から、ゲーム序盤の流れや基本を解説する。本作からプレイを始めようとしている人は必読です。(2006/3/1)

「ダービー馬をつくろう!5」レビュー:
しょせん賭事だろう――競馬の本当の楽しさを知らない、こんな方にお勧めします
セガの競走馬育成シミュレーション「ダビつく」もついに第5弾に突入。TVでもおなじみ、あの笑顔の競馬評論家、井崎脩五郎先生の出演で、ますます親しみやすくなって登場だ。(2006/1/27)

ドコモ、「ダビスタ」「真・三國無双」など49ゲームアプリ追加
iアプリに「ウイニングイレブン」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「ダービースタリオン」「真・三國無双」などの移植版を含む、49タイトルが追加される。(2005/9/14)

えっ、結婚できるサッカーゲーム!? 再び
サッカー選手の人生にスポットを当てたユニークな育成シミュレーションゲーム「サッカーライフ2」。ビッグクラブで万年ベンチ、弱小クラブで孤軍奮闘、年俸すべてを彼女に貢ぐ、欧州各国を渡り歩く……。人にはそれぞれの生き方がある。(2005/6/13)

アジア オンラインゲーム カンファレンス2005:
「ゲーム市場、実は成長している」 次世代機も予測する浜村社長
浜村氏によると、オンラインゲームを合算すれば、ゲーム市場は成長を続けているという。話題はドラクエのネットワーク化や、坂口博信氏が開発中の次世代Xbox向けゲームなどさまざま。(2005/3/1)

「700i」の機能はどこが違うのか
ソフトウェアベースは901i。カメラ機能とiアプリは506iレベル──。それが700iシリーズだ。基本機能は900iを上回わるが、「ドラクエ」や「サカつく」「みんゴル」は遊べない。(2005/2/2)

「FF II」「ストII」「ときメモ」も〜ドコモの新作iアプリ一挙公開
ドコモは9月21日、900i対応アプリの新タイトルを発表した。「水滸伝」「ロックマン」「桃太郎電鉄」など、ファミコンやPS2の名作が目白押しとなっている。(2004/9/21)

あなたの900iで、「あのゲーム」は遊べるか?
900iシリーズの魅力はiアプリにある、と考えるユーザーも少なくないだろう。懐かしのゲームをしたくて900iを買うのもいいが、ちょっと待った。そのゲームは、あなたの買おうとしている900iで遊べるのか?(2004/4/14)

2004年24日〜30日
5分で分かる 今週のモバイル事情
1週間の出来事が5分で分かる「今週のモバイル事情」。FOMAの新シリーズ「900i」の登場を目前に控え、端末の最新情報が出そろった。FOMAの契約数も200万を超え、香港でも3Gサービスが始まるなど、第3世代携帯電話の動向が話題の中心。(2004/1/30)

リアルのJリーグと連動――900i専用「サカつく」は“変化する”ゲーム
携帯初移植となる「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!Mobile」。実際のJリーグと連動して選手の顔ぶれが変わるなど、900i用ならではのシステムを満載している。(2004/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。