ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「YARN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Yet Another Resource Negotiator

実験段階だが話題のSpark on Kubernetes
ビッグデータ活用で勢いを増すコンテナと「Kubernetes」導入
ビッグデータのベンダーやユーザーは、「Kubernetes」のコンテナ管理に目を向けている。コンテナによってシステムやアプリケーションの導入が高速になり、コンピューティングリソースの利用が柔軟になるためだ。(2018/5/29)

データ管理者が知っておきたい
GPUディープラーニングのためのインフラ構築とは?
GPUを使ったディープラーニング(深層学習)が一般的になっている。これに伴いデータ管理者は、大量の計算が可能なインフラを構築する必要がある。(2018/4/10)

Computer Weekly製品導入ガイド
クラウドネイティブアプリを支えるコンテナ技術群
エンタープライズアプリケーションを構築するためのコンテナベースプラットフォームの構成要素を解説する。(2018/3/6)

ブームは去っても重要なインフラに変わりはない
Hadoop 3.0が“控え目”にデビュー、クラウドとGPU対応を強化
今はポストHadoopの時代なのか。支持者に言わせれば、ビッグデータフレームワークの最新版「Apache Hadoop 3.0」は機械学習アプリケーションとクラウドシステムで成功を収めており、まだその時代は終わっていない。(2018/1/19)

ディルバート(531):
「ウソ」をつけない人
「嘘も方便」という言葉がありますが、正直者(?)には通じないこともあるようで……。(2017/12/14)

「DMM TELLER」に改名:
ストーリーアプリ「TELLER」50万DL突破 DMMとの連携強化
DMMグループのピックアップが運営するチャットストーリーアプリ「TELLER」が累計50万ダウンロード突破。「DMM TELLER」にサービス名を変更する。(2017/10/19)

キーパーソンインタビュー
Hadoopの父、カッティング氏に聞く今後のビッグデータ活用法
「Hadoop」の生みの親の1人であるカッティング氏に、現在の活動、Hadoopの今後、サイバーセキュリティとビッグデータの関係について聞いた。(2017/8/14)

高度な機械学習アプリや分析アプリの構築、デプロイを支援:
マイクロソフト、「Linuxデータサイエンス仮想マシン」の最新コンポーネントを公開
マイクロソフトは、Azureクラウド上のカスタムVMイメージのLinux版「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」の最新リリースを公開。新たなコンポーネントを幾つか追加した。(2017/3/14)

Amazon EMRで構築するApache Spark超入門(2):
Spark 2.0の回帰分析アプリをScalaのSBTで実装し、EMRで実行
本連載では、Sparkの概要や、ローカル環境でのSparkのクラスタの構築、Sparkの基本的な概念やプログラミングの方法を説明していきます。今回は、簡単な機械学習のSparkアプリケーションを作成し、Amazon EMRで実行するまでを説明します。(2016/9/27)

Hadoopとの使い分けは?
ビッグデータを高速分散処理するSparkをAWSで動かすと何がすごいのか
「Amazon Web Services」(AWS)のHadoopサービスとして特に魅力的なのが「Apache Spark」である。「Amazon Elastic MapReduce」と連係して高速処理や多用途性を実現する。(2016/9/12)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第3回
データ分析で成功するためのデータマネジメントとIT部門の新たな役割
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/9/9)

Amazon EMRで構築するApache Spark超入門(1):
Apache Sparkとは何か――使い方や基礎知識を徹底解説
本連載では、Sparkの概要や、ローカル環境でのSparkのクラスタの構築、Sparkの基本的な概念やプログラミングの方法を説明していきます。(2016/8/24)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(1):
もし、あなたが「“ビッグデータプロジェクト”を任せる。何とかするように」と言われたら
「ビッグデータプロジェクトを始めることになった」ら、具体的に何をするのか。本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から体系的に理解し、具体的に実践していく方のためのナレッジアーカイブです。第1回目は、「ビッグデータとは何か」の基礎と、「ビッグデータ基盤の概要とメリット」を解説します。(2016/8/25)

Myriadも同梱:
MapR、Dockerに対するデータサービス機能追加で統合データ基盤としての役割強化
米マップアール・テクノロジーズ(以下、マップアール)は2016年3月9日(米国時間)、同社の「Data Convergence Platform」で、Dockerからの永続的なデータアクセス機能の追加、およびApache Myriadの実装を発表した。(2016/3/9)

Database Watch(2016年3月版):
Sparkは“誰”に例えられる?──多様化と進化を続ける「Hadoop」、人気急上昇「Spark」
先日、日本Hadoopユーザー会主催のイベントが開催されました。データベースと関係性が深いデータ分散処理プラットフォームである「Hadoop」と「Spark」の最近事情に迫ります。(2016/3/7)

Database Watch(2015年7月版):
Apache Sparkに注力するIBM、目指すは「データ分析のOS」
北米トヨタ販売子会社での採用事例の発表などもあり、日本国内でも注目を集めつつある「Apache Spark」。具体的にはどんな特徴があって、何ができるのだろうか。Sparkへの大規模投資を発表したIBM(日本IBM)を取材した。(2015/7/27)

Apollo 4000シリーズを発表:
日本HP、高密度ストレージサーバーでCloudera、Hortonworks、スキャリティと組む理由
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2015年7月2日、高い集約度を実現したストレージサーバー製品シリーズ「HP Apollo 4000シリーズ」を発表した。スケーラブルなデータ管理基盤ソフトウエアと、集約度の高いストレージサーバーを結び付けるのがポイントだ。(2015/7/3)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
IoT×ビッグデータの基盤とセキュリティの仕組み
ビッグデータとIoTの融合を担うけん引役は、デバイスや分析アプリだけではない。これを支えるクラウドや基盤の役割や階層型セキュリティ対策について解説する。(2015/6/30)

Webブラウザーでできる機械学習Azure ML入門(1):
Azure MLって何? からワークスペース作成まで
数学的な知識やソフトウェア知識がないと挑戦しにくい印象の機械学習を、Webサービスとして利用できる環境が「Azure Machine Learning」です。全体のプロセスを見ながら体験して理解してみましょう。(2014/11/18)

HPエバンジェリストに聞く、オリンピックに向けてITができること:
PR:オープンソースソフトウェアに注目せよ! ビッグデータ解析最前線
「ビッグデータを活用したい」と考える企業は多いものの、実際にデータを分析するとなると、解析の手法やツール、コストに悩まされるものだ。ここでは、事例を元にオープンソースソフトウェアをうまく活用する方法を紹介していく。(2014/10/23)

Database Watch(2014年8月版):
BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか?
PaaSの世界のデータベースはどうなっている? ビッグデータ対応インフラの実装として、本気を出し始めたHadoop環境の弱点を補う仕組みもウォッチした。(2014/8/21)

転換期を迎えるHadoop:
Hadoopは「難しい・遅い・使えない」? 越えられない壁がある理由と打開策を整理する
ブームだったHadoop。でも実際にはアーリーアダプター以外には、扱いにくくて普及が進まないのが現状だ。その課題に幾つかの解決策が出てきた。転換期を迎えるHadoopをめぐる状況を整理しよう。(2014/8/22)

DockerでUID分離が実現したらHadoop運用は効率化する――米Altiscaleが開発中
Hadoop環境もDockerを使えば管理が効率化する? AltiscaleがYARNへの適用を進めている。(2014/6/16)

イベントリポート ログ、アクセス解析、インフラ運用:
ログ収集、大量データ操作の要、Fluentd、CDHの最新バージョンを知る
2014年1月23日、アイティメディアにて@ITが新たに企画した「@特勉」(@IT 特集連動勉強会)が開催された。第1回のテーマは「ログ、データ解析、インフラ技術」。濃厚なセッションをかいつまんで紹介する。(2014/3/17)

データ統合インフラ製品情報:
ETLエンジンにYARNを採用「Talend 5.4」
OSSのデータ統合プラットフォームであるTalend 5.4がリリースに。Apache Hadoopの関連プロダクトとして注目を集めているYARNをネイティブでサポートする。(2013/12/17)

Hadoopも2.0時代に突入:
「Hadoop 2」データ処理とサービスの同時実行が可能な安定版が公開
StormもHBaseも並行実行できる新しいジョブスケジューラ、リソースマネージャを追加したApache Hadoop 2系の安定版がリリース。バッチ混合、双方向でのリアルタイムワークロード実行など、強力な機能を持つ。(2013/10/17)

リサイクル素材を採用したフリップデザインのiPad/iPad miniケース
エコロジカルなリサイクル糸「Eco Yarn」を採用したiPad/iPad mini向けケースが登場。ジッパーレスで固定できる独自のフリップデザインで、ケーブル類などを収納できる大型アウターポケット付き。(2013/7/10)

エコ素材採用のPCバッグ「Cote&Ciel Laptop Messenger 2012 for 15/13」
プレアデスシステムデザインが、PCバッグ「Cote&Ciel Laptop Messenger 2012 for 13」「Cote&Ciel Laptop Messenger 2012 for 15」の新色を発売した。(2012/12/20)

材料技術 エネルギーハーベスティング:
電源としても機能する“賢い布地”実現へ、米国で研究が進む
さまざまな情報をセンサーで取得し、そのデータを記録して、外部に通信する。そうした“賢い”機能を衣服に統合する取り組みが注目を集めている。ただしそれらの機能を実現する電子回路には、電源が不可欠だ。ならば、布地に電源の機能を持たせられないか――。そんな研究が米国で進んでいる。(2011/11/8)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その40):
ガンバレ日本! GDC2011@サンフランシスコに行ってきた!
ITmedia ガジェットに引っ越して参りましたくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の40回目は、GDC2011サンフランシスコをまとめてみました。ハニィも「日本の力を、信じてる」!(2011/4/8)

これだけ読めば大丈夫!?:
「E3 2010」まとめてみました(後編)
ロサンゼルスで開催された世界最大のゲームExpoを振り返る前後編。前編に引き続き、カンファレンスから今後の情勢を推測します。(2010/6/28)

ニンテンドー3DS初披露――「Nintendo Media Briefing」で分かったこと
任天堂は、E3に先駆けて行われた発表会で、ニンテンドー3DSを初公開した。(2010/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。