ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年12月09日 23時32分 公開

家電はエコで進化する 「エコプロダクツ2010」開幕 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

電気をためる、電気を送る壁材「Energy Style Wall」

「Energy Style Wall」と「Mirai-Display」。電力電送機能を備えた壁によってケーブル類を完全に廃した未来のテレビだ

 Energy Style Wallは、廃材が主原料とは思えない美しいタイル状の壁材だ。しかも、内部に蓄電、送電、ワイヤレス電力伝送機能を備え、太陽電池で発電した電気を内部に蓄えつつ、電源コードなしで電化製品に供給できるというコンセプト。タイル状になっているため、壁から一部だけを外して、そこにワイヤレス給電と映像のワイヤレス伝送に対応したMirai-Disprayをはめ込めば、壁掛けならぬ“壁ハメ”テレビが出来上がる。どちらもソニーのデザイン部門が提案したコンセプトモデルであり、今のところ商品化の予定はないが、テレビの未来を感じさせる展示になっていた。

この1年でLED照明のバリエーションは大きく広がった。中でも注目は、シャープや東芝が投入したシーリングライト(左、シャープブース)と直管型蛍光灯を置き換えるタイプのLED照明(右、東芝ブース)。直管型は、日本電球工業会で規格化されたことを受け、パナソニックや東芝が製品化。来年早々にも市場に登場する

日立製作所ブースでは、人間共生ロボット「EMIEW2」が案内役になって省エネに対する取り組みを紹介

東芝ブースでは、3D対応のLED REGZA「F1シリーズ」やエアコンのデュアルコンプレッサーを展示。コンプレッサーがデュアルになっているのは他社製品でもあるが、同社の場合は片方を止めて省エネ運転が可能になっている

 エコプロダクツ2010の開催期間は、12月9日(木)から11日(土)まで。開場時間は10時〜18時(最終日は17時まで)。入場は無料だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.