ITmedia NEWS >
連載
» 2016年06月20日 06時00分 公開

禁断の連載スタート:“とある事故”がきっかけ 腐女子・女オタクさんの目覚めを聞く (3/3)

[ちぷたそ,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

女オタクさんは「作品」としてアニメを見る

女オタクさん 私は親が共働きで、1人で留守番をしていることが多かったんです。小学4年生の頃、たまたまテレビをつけたら「恐竜惑星」をやってて、その流れで「ジーンダイバー」も見ました。

腐女子さん 天才てれびくん(※)懐かしい……。

用語解説:天才てれびくん

1993年からNHK教育テレビで放送された子供向け教育番組。小中学生向けながら、大人も楽しめるような内容で、「恐竜惑星」「ジーンダイバー」はいずれも同番組内における実写とCGを併用したアニメ作品である。


女オタクさん 今考えると、両作品ともすごく硬派な話で、それを子供のときに刷りこまれてしまったのが女オタクとしての原体験なんですよね。5年生頃には「新世紀エヴァンゲリオン」が始まって、さらその数年後には「カウボーイビバップ」も見てましたね。

エヴァ 「新世紀エヴァンゲリオン」©カラー/Project Eva.

女オタクさん 中学になったら、まわりに腐女子が多いことに気付きました。当時、地元の多目的ホールみたいなとこで小さいコミケみたいのをやってたんですよ。

声オタさん あった! 公民館みたいなとこでやってた!

女オタクさん 中学の友達がそこにサークルとして参加してたので、たまーに遊びに行ってたんですよ。といっても、コミケみたいにオールジャンルではなくて腐女子の人しかいませんでした。

 私は音楽が大好なので、好きなバンドの生モノ本とかを読んで「わーお」と思ったりして。私はそうは見ないけど、そういう解釈もあるんだなぁと。

腐女子さん そういうのに、嫌悪感とかはなかったんですか?

女オタクさん ないない。嫌悪感とか偏見は最初からなかったです。子供の頃からたくさん本を読んでて、物語や小説の解釈は1つだけじゃないって考える土台ができてたのかなぁと。

 私は少女マンガのキラッキラしたやつとか、それこそイケメンがいっぱい出てくるやつとか、ハーレムアニメとかは興味の範囲外なんです。でも、別に見るのが嫌ではなくて、単に自分から積極的に見にいかないだけ。渡辺信一郎さん(アニメ監督。「カウボーイビバップ」「サムライチャンプルー」など)、山本沙代さん(アニメ監督、演出家。「LUPIN the Third -峰不二子という女-」など)の作品など、やけにおしゃれなものにハマる傾向がある。

ちぷたそ 監督やスタッフさんの名前がポンポン出てくるのも女オタクさんの特徴みたいですね。アニメを本当に「作品」としてみている。

女オタクさん 「つり球」、「ガッチャマン クラウズ インサイト」とか……別に選んでるわけじゃないんだけど、そっち(オシャレ系)に行きがち。そんなわけで今に至ります。


 次回は、声オタさんと夢女子さんに「オタクの目覚め」を聞きます。「腐女子によくあるアンソロジー事故」「夢小説あるある」など、気になるテーマを深堀りしていきます。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.