連載
» 2013年06月11日 08時00分 公開

TOEICは何歳になってもハイスコアが取れる!半年でTOEIC800点をとる方法(2/2 ページ)

[杉村健一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

学生はTOEFLより、TOEICをまずは意識したい

book 『ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法』(アスコム)

 一度勉強すれば、意外と力が残るのも英語のよさです。

 「いつ、どんな場面で使って、どんな得をするのか」はあまり考えず、英語の勉強はなるべく早く始めたほうがいいです。人生の中で、英語ができる期間を長くしたほうが得策ですから。

 なので英語学習を始めるのは、思い立ったら吉日。早ければ早いほど、努力という投資を回収する期間が長くなって得ですし、年齢を重ねての脳の衰えも少ないです。

 一番いいのは、やはり学生のうちでしょうか。社会人よりは時間が取れるでしょうし、脳もまだフレッシュ。特に大学入試を終えて間もない人であれば、英語力は相当高まっていますから、Part5の文法問題などは楽勝でしょう。

 ですので、大学入試が終わったら勉強した英語を忘れないうちに、一度TOEICを受けておくといいでしょう。しかし、まったく対策しないままで受験するとTOEICならではの問題量の多さに太刀打ちできませんから、一通り勉強して受けないともったいないです。

 学生だと、留学などのためにTOEFLの点を取りたい人も多いのではないかと思います。ただし、TOEICの勉強をしておくとTOFELにもある程度通用します。最終的にTOFELを狙っていたとしても、その前のステップとしてTOEICを受けるというのもアリだと思います。

 学生の時に高いスコアがあれば就職活動にも役立つでしょうし、大学院入試にも使える所が多いですから、とてもお得です。


(次回は「TOEICは就職活動に役立つ」について)

banner
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -