ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「サラリーマン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サラリーマン」に関する情報が集まったページです。

「緊急取調室」8話 小石川(小日向文世)「居場所って……」 自分の居場所が揺らぐリストラ候補者たちと重なった“キントリの運命”
サラリーマンたちが「居場所」を求めてもがいた8話。キントリの状況と重なるエピソードでした(2019/6/13)

おかしくなったサラリーマン、ヤバい寿司を握る スーツやiPhoneで握り寿司を作るストップモーション動画がヤバい
※絶対に真似しないでください。(2019/6/1)

ヒットソングネタが共感集める:
平成最後のサラリーマン川柳、1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
第一生命保険が「第32回サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表した。1位は(2019/5/23)

「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」 サラリーマン川柳3位
「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」――今年のサラリーマン川柳の3位に、こんな川柳が入った。「インスタで 妻のランチを 二度見する」「AIも 太刀打ちできぬ 妻の勘」などもベスト100に。(2019/5/23)

「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」「やっと縁 切れた上司が 再雇用」 「サラリーマン川柳」ベスト10発表
世相を反映した句が選ばれています。(2019/5/23)

「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下
令和の子どもたち。(2019/5/17)

サラリーマンはご注意! 「五月病」より怖い「六月病」 きちょうめん、完璧主義者が……悪化すると鬱状態に
「五月病」は有名だが、サラリーマンにとってより要注意なのが「六月病」だというから安心はできない。どんな症状なのか。(2019/5/15)

きちょうめん、完璧主義者:
サラリーマンはご注意! 「五月病」より怖い「六月病」
新入社員や学生を中心に、大型連休明けに倦怠(けんたい)感や疲労感などの症状が出る「五月病」は有名だが、サラリーマンにとってより要注意なのが「六月病」だというから安心はできない。どんな症状なのか。(2019/5/13)

出世のために政略結婚したら思ってたのと違った サラリーマンが純真無垢なお嬢様に振り回される漫画が人気
こんないたいけな少女を政略結婚させるなんて、サラリーマンの世界はなんて無情なんだ……。(2019/3/17)

バーチャルアナのヨミ子さん、ニュースをお題に一句詠む サラリーマンの川柳学び
NHKが開発したバーチャルアナウンサー「ニュースのヨミ子」さんが川柳にチャレンジする。3月13日の「ニュースチェック11」で初披露。(2019/3/12)

水曜インタビュー劇場(眠り公演):
カプセルホテルの“常識”が変わる? 「ナインアワーズ」の考え方
カプセルホテルといえば、サラリーマンのおじさんが泊まっているといったイメージが強いかもしれないが、数年ほど前からちょっと異変が起きている。オシャレな雰囲気を演出しているところが増えてきたなかで、「眠り」にチカラを入れているところがある。それは……。(2019/2/27)

「ポケモンセンターにいる大人が好き」  “ナッシー厳選女子”や“大満足サラリーマン”を描いたイラストに共感
そうだ、ポケセンいこう。(2019/2/23)

ある人、ない人:
ビジネスセンスを磨くにはどうすればいいのか
サラリーマンであれ、起業家であれ、うまく問題を解決し、結果を出す人と、同じようなインプットと行動をとっているように見えても、まったく結果を出さない人がいる。何が違うのだろうか。(2019/2/18)

大泉洋、TBSドラマ「ノーサイド」(仮)で池井戸潤とスクラム 低迷ラグビー部を救うサラリーマンに
「TEAM NACS」の中では、大泉さんだけ池井戸作品への出演がありませんでした。(2019/2/18)

嘆きとユーモア……平成経済を綴ったサラリーマン川柳
会社での働き方や技術の進歩、人間関係のありようをどう表現してきたのか。優秀句に選ばれた2900句にものぼる川柳から平成経済を振り返ってみた。(2019/2/12)

今後の事業の展望は?:
有休使ってメダリスト活動 元陸上選手、朝原宣治さん
五輪に4大会連続で出場し、2008年北京五輪男子400メートルリレーでは銀メダルに輝いた朝原宣治さん(46)は現役引退後、大阪ガスの近畿圏部に所属し、同社の社会貢献活動を担う業務などに従事している。「サラリーマン生活は面白いですよ」と語る陸上短距離界の「レジェンド」に今後の事業の展望などを聞いた。(聞き手・林佳代子)(2019/1/17)

スタートは社内報だった 第一生命の「サラリーマン川柳」誕生秘話
「こわごわと パソコンにらむ 五十坂」――第一生命保険の「サラリーマン川柳」。今年の募集で32回を数え、応募総数はなんと114万句を数える看板企画だが、一般に公開されていない「幻の回」があるのは知られていない。(2019/1/11)

国内生産3分の1以下:
年中「ノーネクタイ」広がる……クールビズの影響か
クールビズの初夏から初秋の期間だけでなく、1年中、ノーネクタイで通すサラリーマンらの姿が目立つようになった。大阪市中心部で観察すると、スーツ姿の男性の半分近くがノーネクタイで、着用していないサラリーマンらに聞くと、「ほとんどつけない」や「顧客や外部の人に会うとき以外は着用しない」などという声が8割超を占めた。ネクタイの国内生産はクールビズ前と比べ3分の1以下、家庭の支出は6割減にまで落ち込んだ。だれもが着用しなくなる日が来るのだろうか。(張英壽)(2018/12/28)

左遷されたサラリーマンが異世界転生して魔王の四天王に→持ち前の交渉術で活躍する漫画がスカッとする
時空を越えた適材適所ができる魔王についていきたくなる。(2018/12/27)

ここが変だよ、日本の「働き方改革」:
残っても地獄、辞めても地獄……多くの日本人が悩む働き方の現実
「会社を辞めるべきか、このまま続けるべきか」。そんな悩みを持つサラリーマンは多いだろう。筆者も相談をよく受けるという。しかしながら、日本の場合は「残っても地獄、辞めても地獄」ということが多々あるので、よほどの強い覚悟が必要なのだ。(2018/12/6)

「なんで行きたくない飲み会に行ったの?」 “心の中の小学生”がサラリーマンの葛藤を鋭く突いてくる漫画が考えさせられる
本当は「そういう風に」なんてなってないのにね。(2018/12/5)

「まぎれもない恩人です」 高橋克典、津川雅彦さんと朝丘雪路さんの合同葬に参列し「サラリーマン金太郎」の共演に感謝
高橋さん「この世界の様々なことを教えていただきました」。(2018/11/21)

個人投資家列伝(1):
40代で億り人になった普通の会社員が米国株を勧めるワケ たぱぞうさん
普通のサラリーマンをしながら1億円もの資産を築いた投資ブロガーは、どのように投資に取り組んできたのか? これまでの投資遍歴と、お勧めの投資法を聞いた。(2018/11/12)

帰る場所が思い出せないサラリーマン……なぜか大人ばかりが集まる「迷子センター」の漫画が不思議で切ない
迷子の大人たちの切ない事情。(2018/10/24)

「会社がつまらない」と嘆く前に:
「コミュ障」だった38歳平社員エンジニアが会社から資金調達できた理由
38歳、無名、平社員――。普通のサラリーマンが会社からいかに500万円という資金を調達できたのか。「会社がつまらない」「どうせ会社なんて変えられない」と嘆く若手へのメッセージ。(2018/10/2)

“いちごミルクになりたい”元ヤンのサラリーマンが好きな相手は…… 純情な恋心を描いた漫画が応援したくなる
知られたくない過去は誰にでもあるよね……。(2018/9/22)

「面接で 話弾むも 電話来ず」:
就活生が詠む「これからサラリーマン川柳」、「自己分析 出した結論 僕は誰?」など入選
第一生命保険が「これからサラリーマン川柳」の優秀作品を発表。同社の内々定者が就活の思い出を詠んだもので、「自己分析 出した結論 僕は誰?」などが選ばれた。(2018/9/18)

「昭和の人、尊敬」「活字だと信頼度が上がる」 昭和サラリーマンの企画書作成あるある漫画に共感と驚き集まる
昭和サラリーマンの仕事術。(2018/9/14)

42歳サラリーマンが小学生になった漫画「おっさんが小学生」 営業で培った能力と行動力で学校改革する姿がかっこいい
この小学生(おっさん)強い……!(2018/9/6)

今日のリサーチ:
「家族」と「夫婦」は30年でどう変化したのか――博報堂調査
博報堂は、サラリーマン世帯の夫婦を対象にアンケート調査を行う「家族調査」の結果を発表しました。(2018/7/27)

スピン経済の歩き方:
日本人の働き方が変わらない、本当の原因は「大縄跳び競走」にある
先週、働き方改革法案が成立した。といっても、サラリーマンの多くは「どうせ変わらないでしょ」と思っているのでは。日本人の働き方はどのようにすれば変わるのか。筆者の窪田氏は法整備よりも、小学校で行われている「大縄跳び競走の中止」を訴えている。どういう意味かというと……。(2018/7/3)

一流の営業マンはやっている:
サラリーマンが5分でできる、簡単な服装チェック術
「大事な商談があるのに、どんな服装にすればいいのかよく分からない」「いつもと同じスーツで」といった人も多いのでは。身だしなみに自信を持てない人はどのようにすればいいのか。スタイルアドバイザーのたかぎ・こういち氏が、たった5分でできるチェック術を紹介する。(2018/6/25)

小売・流通アナリストの視点:
企業不祥事続発から、サラリーマン国家になった日本を考える
大企業の不祥事が後を絶たない。金融業界に長く身を置いていた筆者としては、とりわけスルガ銀行の不正融資疑惑にはあきれてしまった。なぜこうした事態が起きてしまうのか――。(2018/6/20)

2位は妻の「ちがうだろ!」:
「サラリーマン川柳」、1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」
恒例「サラリーマン川柳」の上位10作品が発表。1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」。働き方改革を詠んだ作品も多く入賞した。(2018/5/23)

土曜インタビュー劇場(かき揚げ公演):
アタリの店はどこ? サラリーマンが愛する「立ち食いそば」事情
ランチや仕事の合い間に「立ち食いそば店」に入ったことがある人も多いのでは。「アタリ、ハズレが大きい」なかで、どこがオススメなのか。雑誌『極上 立ち食いそば』の編集者に、アタリの店を紹介してもらった。(2018/5/19)

常見陽平のサラリーマン研究所:
年収を3倍にした、常見流の5カ条
今回のテーマは「フリーランス」。サラリーマンからフリーランスになり、年収を3倍にした経験がある私が、そのノウハウを惜しげもなく公にするぞ。(2018/2/23)

サラリーマン、プリキュアを語る:
娘を、プリキュアにするために就くべき職業5選
サラリーマンにも希望はあります。(2017/12/14)

あなたの職種は何位?:
サラリーマンの平均年収 17年に一番高かった業種は?
2017年のサラリーマンの平均年収は?――パーソルキャリア調べ。(2017/12/5)

PR:高橋一生さん、ニオイ気になるMEN! ファブリーズMENの新Webムービーに全サラリーマンが共感する
男の哀愁がすごい。(2017/10/3)

「社畜スキル」で「リストラ突入率アップ」修得 ドラクエ11風「サラリーマンスキルパネル」の設定がシビア
どの方面に伸ばしても苦難しかない。(2017/8/15)

エクストリーム営業だこれ 商談の駆け引きをブレイクダンスで表現した動画「サラリーマン交渉バトル」
取引先もノリノリでブレイクダンス。(2017/6/12)

常見陽平のサラリーマン研究所:
BOOWY好きの上司と飲むときに気を付けたいこと
群馬県高崎駅に伝説のロックバンド「BOOWY」と書かれたポスターが現れ、盛り上がっている。サラリーマン的に問題なのは、今月の会社の飲みの席で、男性上司から高い可能性でこの話題が出ること、それにどう対応するかということではないだろうか。(2017/6/9)

水曜インタビュー劇場(すみません公演):
サラリーマンの味方「切腹最中」は、なぜ1日に7000個も売れるのか
お詫びの手土産として、多くのサラリーマンが購入する「切腹最中(せっぷくもなか)」をご存じだろうか。1990年に発売したところ、当初は注目されていなかったが、いまでは多い日に7000個以上売れている。「切腹」という言葉が入っているのに、なぜヒット商品に成長したのか。(2017/6/7)

PR:大学発「ミライのケータイ」からITの未来が見えてくる――HPE・重松隆之さん
企業でサラリーマンとして働きながら、大学で教授として学生に教える“別の顔”も持つ――。そんなダブルワークをこなすエバンジェリストが日本ヒューレット・パッカードにいる。学生の活動からはITの未来が見えるというが、どういうことなのだろうか?(2017/5/31)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの会社は若者から魅力的に見えていますか?
2018年度の新卒採用が既に盛り上がりを見せている。「新卒の採用なんて関係ねえよ」というサラリーマン諸君も多いことだろう。しかし、サラリーマンとしての保身のためにも、少なくとも自社の採用については関心を持つべきだ。(2017/5/26)

「君の名は。」かけた作品も:
「サラリーマン川柳」1位は“ゆとり対バブル”
恒例「サラリーマン川柳コンクール」の上位10選は?(2017/5/22)

傘とデッキブラシを操るサラリーマンが中二かっこいい! “カサムライ”のアクション動画にエフェクトつけた結果がヤバかった
爽快感がすごいアクションにほれる!(2017/4/8)

水曜インタビュー劇場(変わらない公演):
売り場を減らしたのに、なぜ崎陽軒のシウマイはバカ売れしているのか
東京や新横浜で新幹線に乗ると、車内でビールを飲みながら「シウマイ」を食べているサラリーマンをよく目にする。崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。駅弁市場は縮小しているのに、なぜシウマイ弁当は売れているのか。その理由を、同社の担当者に聞いたところ……。(2017/3/29)

レアポケモンとサラリーマンの日常【みんなのポケGO写真】
(2017/3/15)

名刺交換からニンジャ現る サラリーマンの名刺アクションが華麗でかっこいい
きっと名前も覚えてもらえるはず。(2017/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。