ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「英語学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!TOEFL・TOEIC・英語検定→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でTOEFL・TOEIC・英語検定関連の質問をチェック
質問!英語→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で英語関連の質問をチェック
「英語学習」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「Who are you?」何気ない英語のあいさつで喧嘩に 英会話講師の“適切な表現”解説が「そうだったんだ」と注目
使いまくってたと思う……。(2024/6/13)

英語学習、3人に1人が「うまくいかなかった」 効果的な学習に必要なものは?
ベンドが調査結果を発表した。(2024/6/13)

6歳娘の英語力に英検3級パパは無言に…… 「表情までアメリカンw」なあおりっぷりが130万再生
パパたじたじ……。(2024/2/8)

【生き物で覚える英会話】 「捕らぬ狸の皮算用」を意味するイディオムに入る生き物は何?
どの生き物が入るでしょう。(2024/1/3)

【生き物で覚える英会話】 「早起きは三文の徳」を意味するイディオムに入る生き物は何?
どの生き物が入るでしょう。(2024/1/2)

【生き物で覚える英会話】 「触らぬ神に祟りなし」を意味するイディオムに入る生き物は何?
どの生き物が入るでしょう。(2024/1/1)

【生き物で覚える英会話】 「ソワソワする ドキドキする」を意味するイディオムに入る生き物は何?
どの生き物が入るでしょう。(2023/12/27)

英語を学び直す理由 2位「職場で仕事の幅を広げるため」、1位は?
昨今、「リスキリング」に注目が集まる中、社会人は「英語学習」について、どのような意識を持っているのか。ナイル(東京都品川区)が運営する情報メディア「Appliv(アプリヴ)」が英語学習に関する調査を実施した。(2023/11/16)

英語の「アイス」は日本語の「アイス」と意味が違う? 英会話教師の解説がわかりやすい
ぶっちゃけアイスでも通じてほしい。(2023/9/27)

ホロライブ初の英会話教本「ホロリスニング」登場 書影は「ゆるゆり」なもりが担当 さくらみこの帯コメも
ネイティブな英会話が学べる本格的な教材。(2023/8/24)

「取ってよかった資格」ランキング TOEIC800点台やMBAを上回る1位は?
リスキリング施策を準備する企業や、個人の学び直しに興味を示すビジネスパーソンが増えている。資格取得にも注目が集まるが、実際に取得して役立つのは、どのような資格なのだろうか。(2023/8/5)

VTuber事務所「ホロライブ」、初の英会話教本を発売へ がうる・ぐらさんなど5人が登場
バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは、同社初の英会話教本「ホロリスニング ホロライブEnglish -Myth- と学ぶ不思議な世界の英会話!」を9月27日に発売する。(2023/6/27)

Webエンジニアの“職務経歴書ガイド”、スタディサプリが公開 「早期ミスマッチ解消のため」
Webエンジニアの職務経歴書に書くべき内容とは何か。リクルートの英語学習アプリ「スタディサプリ」の採用チームは自社ブログ内で“職務経歴書ガイド”を公開した。(2023/6/22)

たむらけんじ、米移住1カ月で進化した英語力を披露 「慣れてきた。今日は完っ璧」
日々語学力を磨いているたむけんさん。(2023/6/12)

31言語に対応:
グーグル翻訳を超える「DeepL」トップが描くAIの未来図 「英語学習は必ずしも必要でなくなる」
「Google翻訳よりも精度が高い」といわれる機械翻訳サービス「DeepL」。企業はどのようにAIを活用していくべきなのか。エンジニア出身で博士号も持つ、DeepL社のヤロスワフ・クテロフスキーCEOに話を聞いた。(2023/5/30)

その資格はいらない:
学生時代に取っておくべき資格 3位「TOEIC」、2位「簿記」、1位は?
学生時代に取っておくべき資格は、なんだろうか。全国の男女に聞いたところ、1位は……。(2023/5/26)

ビジネスパーソンに必要とされる英語力 2位「ライティング」、1位は?
ビジネスパーソンに最も必要とされる英語力とは? 無料語学学習アプリを提供するDuolingo(米ピッツバーグ)が調査を実施した。(2023/5/16)

子どもにさせている習い事 3位「英会話」、2位「サッカー」、1位は?
メーリングリスト「らくらく連絡網」を運営するイオレ(東京都中央区)は、子どもの習い事に関する調査を実施した。(2023/5/7)

「TOEIC」紙の認定証廃止、デジタル化へ ブロックチェーン活用
「TOEIC」の公開テストで4月から、ブロックチェーン技術を活用した「デジタル公式認定証」の提供が始まる。当初は紙の認定証と並行して発行するが、2024年度のテストからは紙を廃止し、デジタルに一本化する。(2023/4/24)

英語力と年収の関係:
初級レベルの人は何を学べばいいのか 企業も「英語」を支援
とある調査によると、英語力と年収に相関関係が見られました。では初級レベルの人は、どのように勉強すればいいのでしょうか。(2023/3/31)

実は2カ月前から“GPT-4”を活用していた 英会話アプリ「スピーク」運営が明らかに SNSでも「AI講師がすごすぎる」などの声
教育支援事業を手掛ける米Speakeasy Labsは英会話アプリ「スピーク」の機能に大規模言語モデル「GPT-4」を活用していると発表した。GPT-4の公式発表の2カ月前から活用していたという。(2023/3/15)

600人に聞いた:
子どもの頃やっておけば良かった習い事 3位「そろばん」、2位「楽器」、1位は?
eスポーツ事業を手掛けるゲシピ(東京都千代田区)は、子どもの習い事と英語学習に関する調査を実施した。小学生の子どもを持つ親に「子どもの頃やっておけばよかった」と思う習い事を尋ねたところ、1位は「英語・英会話」という結果になった。(2023/3/11)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(6):
OpenAIのテクノロジーも活用した、英会話学習アプリが登場 Speakeasy Labsが「Speak」日本版をリリース
Speakeasy Labsは、英語スピーキングに特化した特化型学習アプリ「Speak(スピーク)」の日本語正式版を2023年2月9日にリリースした。独自開発の自動音声認識技術やChatGPTを支えるAI技術、英語学習ノウハウにより対人英会話以上の体験を提供するとしている。(2023/3/6)

幼少期の習い事費用も調査:
「大人になってからやっておけばよかった習い事」 英会話を抑えた1位は?
わんぱく教育カンパニーは習い事に関する調査を実施した。「大人になってからやっておけばよかった習い事」2位は英会話だった。1位は?(2023/3/4)

満足度が高い小学生向け英会話スクール 3位「ECCジュニア」、2位「ピーススタジオ」、1位は?
oricon MEは「子ども英語 幼児/小学生」についての満足度調査を実施した。(2023/2/28)

満足度が高い英会話スクール 3位「ECC外語学院」、2位「イーオン」、1位は?
oricon MEは、満足度の高い「英会話スクール」「オンライン英会話」ランキングを発表した。(2023/2/28)

20代転職に役立つ資格 3位「普通運転免許」、2位「英検・TOEIC」、1位は?
 求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある20代の男女173人を対象に「20代の転職に役立つ資格に関する意識調査」を実施しランキングを発表した。その結果、20代が転職に役立ったと思う資格の1位は「簿記」であることが分かった。(2023/2/9)

「TOEICのリスニングの極意を伝授します」どんなことかと思ったら…… まさかの「TOEICあるある」連発に「邪道すぎて笑った」の声
「退社するからパーティ」とかもありましたね……。(2023/1/24)

TOEIC申し込みサイトで情報漏えいか 不正アクセス被害で パスワード更新呼び掛け
「TOEIC」を実施する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC申し込みサイトにおいて不正アクセスが発生したと明らかにした。会員の氏名や住所、メールアドレスなどが閲覧された可能性がある。(2023/1/12)

履歴書に記載していいと思うTOEICスコア 受験者「700点以上」、人事が評価するスコアは?
国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEICの受験経験者500人と企業の人事・採用担当者500人を対象に、「TOEICの点数とキャリアの関係性」にまつわるアンケートを実施した。(2023/1/12)

23年に武器になる資格 3位は「TOEIC(R)テスト」、2位は「行政書士」、1位は?
ユーキャンは、全国の20〜60代の男女を対象に、「学びや資格取得に関する意識調査」を実施した。2023年に武器になる資格1位は「ファイナンシャルプランナー(FP)」だった。(2022/12/16)

「こんな募集あるんだ」 ワンオクTaka、“バンドのマネジャー”を一般募集 「もの凄いチャンス」とファン沸き立つ
英語力……!(2022/11/11)

綾部祐二、LAで英語学習プロジェクトを立ち上げ 渡米5年で英語話せず「どんどん僕を追い越していってください」
レッスンは高評価。(2022/10/22)

コスパの高いスキル:
英語ができれば給与はアップするのか 年収1000万円の壁
英語力がある人は給与が高い――。そんな話を聞いたことがあるが、実際のところはどうなのか。調査データを見ると……。(2022/10/6)

副業で月5万円以上稼ぐ232人に聞いた:
副業に役立つ資格やスキル 3位「英検・TOEIC」、2位「FP」、1位は?
PLAN-Bは、副業と資格についてのアンケート調査を実施した。副業で最も多かったのは「Webライター」、副業に強いと思う資格・スキルの1位は「プログラミング」だった。(2022/9/9)

TOEICの点数を短期間で爆上げする画期的な方法とは「1日9時間英語の勉強をする」こと シンプル過ぎる答えに「結局その通り」
やはり努力が一番の近道!(2022/8/31)

英語勉強中の中2息子に「river」の意味を聞くと「ノリ」と即答して…… 謎めいた“覚え間違い”の理由に笑いが止まらない
ちょっとノリで書きすぎちゃったかな。(2022/7/24)

「満足度の高いオンライン英会話スクール」ランキング 3位「DMM英会話」、2位「ビズメイツ」、1位は?
oricon MEはがオリコン顧客満足度調査で「オンライン英会話スクール」ランキングを発表した。その結果、3位「DMM英会話」、2位「ビズメイツ」だった。それぞれの選出理由もまとめた。(2022/5/31)

「満足度の高い英会話スクール」ランキング 3位「ECC外語学院」、2位「英会話イーオン」、1位は?
oricon MEは、オリコン顧客満足度調査で「英会話スクール」ランキングを発表した。(2022/5/31)

ビジネスパーソン1016人に聞く:
継続は力なり オンライン英会話を続けるコツは?
ビジネス特化型オンライン英会話事業「Bizmates」を展開するビズメイツ(東京都千代田区)は、「オンライン英会話学習の習慣化」に関する調査を実施した。65.5%がオンライン英会話の受講を継続することは難しいと感じていることが分かった。(2022/5/25)

5位は「プログラミング」:
子どもが小さいうちに経験させたいこと、3位に「投資」がランクイン 1位は?
「子どもが小さいうちに経験させたいこと」、1位は「英会話」だった。3位に「投資」、5位に「プログラミング」がランクインした。小さいうちからお金を稼ぐ術を学ばせようという傾向が見られた。(2022/3/5)

100人に聞いた:
未就学児を英会話教室に通わせる理由 2位は「早く英語に慣れさせたい」、1位は?
ジャストイットは、未就学児を英会話教室に通わせている親を対象に調査を実施。英会話教室に通わせている理由で最も多かったのは「将来の役に立つから」だった。(2022/2/26)

Innovative Tech:
ゲームキャラに「Excuse me」 英会話で進行するRPGゲーム、関西大学が開発 文法ではなく積極性を評価
関西大学米澤研究室の研究チームは、失敗を恐れず堂々と英語を話す積極性を向上させるためのRPGゲームを開発した。(2022/2/10)

「カムカム」話題の美少年、流ちょうな英語で物語を原点へ引き戻す 「これであんこと時代劇と英会話が繋がるのか」
城田優さん説も根強く。(2022/2/4)

女性は1.6倍差:
TOEIC 735点以上は高収入? 50代男性は1.3倍の年収差
「Daijob.com」を展開するヒューマングローバルタレントは、英語力が年収に与える影響について調査した。年代および男女別に英語力と年収を比較した結果……。(2022/1/31)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
世界の英語力ランキング もともと低い日本のランクが下げ止まらない……
低いのは承知。でも、さらに下がり続けているとは一体全体どうしたものでしょうか。(2021/12/27)

将来の不安についても調査:
取得すべき資格、Z世代の1位は「TOEIC」 ゆとり世代と就職氷河期世代は?
ユーキャンは、Z世代・ゆとり世代・就職氷河期世代の10〜50代の男女に、「仕事や資格に対する意識調査」を実施した。自分たちが取得すべきと考えている資格は何か聞いたところ、Z世代の1位は「TOEIC®テスト」だった。ゆとり世代と就職氷河期世代はどんな資格を挙げたのか? そのほか、将来の不安についても調査した。(2021/12/13)

保護者が通わせて良かった習い事1位は「水泳」 注目の「英会話教室」を抑え、男女ともに高い人気
体力がつく、学校の授業のためなどが大きな理由に。(2021/11/25)

アレクサンダー&川崎希、息子の英会話力に磨きがかかる 父と話ながらおもちゃで遊ぶ“おちびーぬ”
YouTubeでは、子どもが成長していく様子を動画で紹介。(2021/11/17)

大人になって始めた習い事 「英会話」や「料理」を抑えて1位となったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、働く男女500人を対象に「大人になってから始めた習い事に関する意識調査」を実施した。(2021/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。