ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デマ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【求】ねとらぼがライター募集をスタート 編集部は「おいでよ」となかまをよんだ!
たくさんのご応募お待ちしております!(2021/6/18)

小林礼奈、炎上騒ぎのラーメン店に謝罪 「中本の名前を出してしまい」「客同士のトラブルです」
小林さん「心ない言葉を受けたのは お店や店員さんでは決して無く」。(2021/6/10)

「もう10年前なの嘘でしょ」 アニメ「あの花」10周年記念の上映会告知にネットの動揺が止まらない
ノンテロップオープニング映像も公開。(2021/6/10)

国民的アニメのリメイクは「デマ」 カラー、庵野監督次回作についての一部報道を否定
庵野秀明監督の次回作を「国民的アニメのリメイク」などと報じた記事をカラーが否定。「そのような事実はない」としている。(2021/5/17)

アミューズ、三浦春馬さんのデマ発信サイトを名指しで注意喚起
アミューズは、昨年7月に死去した三浦春馬さんについて、根拠のないデマ情報を発信しているWebサイトやYouTube動画があるとして、その一部を名指しして注意喚起している。(2021/4/28)

半径300メートルのIT:
横行するディープフェイク 拡散される悪質な“デマ”に企業が対抗する術は
加藤官房長官のディープフェイク映像が注目を集めています。日本でもディープフェイク攻撃元年がとうとうやってきたのかもしれません。悪質なデマに対抗するために企業が取るべき最大の防御策とは何なのでしょうか。(2021/4/20)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
元祖女子スマホメーカー「Doov」が5Gスマホを中国で発売していた
中国メーカーは大手の寡占が年々進み、弱小メーカーは次々と消えていっています。Doovも中国ではもはや誰も知らないメーカーとなってしまいましたが、しぶとく製品を出しているのです。しかも5Gスマートフォンを中国で発売したというので、実機を入手してみました。(2021/3/25)

中国政府は音声データにアクセスか:
「Clubhouse」離れのナゼ 会話の内容が外部へ拡散
1月末ごろからiPhoneユーザーの間で急速に盛り上がった米国発の音声SNS「Clubhouse」。“意識の高い”著名人らがこぞって参加、一時は招待枠が高額で売買されるほどだったが、最近は流行も落ち着いてきたようだ。(2021/3/21)

大震災の教訓 災害時もつながる通信へ 技術革新やAI活用も
通信・IT各社は震災時の経験を教訓に大災害でも通信が途絶えることのないよう技術革新に力を入れてきた。通信網の防災力強化や最先端技術の導入で、大規模化する災害に備える終わりのない取り組みを続けている。(2021/3/11)

大震災の教訓 災害時もつながる通信へ 技術革新やAI活用も
11日で発生10年となった東日本大震災では、津波被害や停電で基地局が停止し、通話の集中で電話がつながらないといった事態が全国規模で起きた。通信・IT各社は通信網の防災力強化や最先端技術の導入で、大規模化する災害に備える。(2021/3/11)

PC利用者の方が「脅威名の認知度」が高い:
「若いほどセキュリティ教育の受講経験が多く、脅威に遭遇した経験は少ない」 IPAが情報セキュリティに対する意識調査結果を発表
IPAは、「2020年度情報セキュリティに対する意識調査」の結果を発表した。10代や20代はセキュリティ教育の受講経験が多く、脅威への遭遇経験が少ないことが分かった。(2021/3/8)

世界を「数字」で回してみよう(65)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話
日本でもいよいよ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が始まりました。収束のメドが立たない現状においてワクチンが“希望の光”であることは確かですが、やはり恐怖心はそう簡単に拭い去れるものではありません。あの“轢断のシバタ先生”から、長文のメールが届いたのはそんな時でした。今回も超大作のそれには、現役医師によるワクチンの考察と分析がつづられていたのです。(2021/2/26)

新連載「デジタル・イエスタデイワンスモア計画」:
Clubhouse隆盛でふと思う、この道はいつか来た道 Twitterとの共通点・異なる点
早すぎた、理解されなかった過去の製品やサービスを取り上げつつ、今の時代にそれがどう生きているのか、今ならどんな使われ方があるのかという可能性を、温故知新で考える新連載、スタート。(2021/2/16)

企業のゼロトラスト構築は急務か RSAが2021年のセキュリティ動向に関する21の予測を発表
RSAは、グローバルで実施した調査結果を基に2021年のサイバーセキュリティ動向を予測した。COVID-19の影響を大きく受けた今回の予測には、IDガバナンスの管理やゼロトラストセキュリティ、QRコード詐欺やBOPIS詐欺などが登場した。(2021/2/5)

スピン経済の歩き方:
「ふざけんなよと」怒り爆発 大手外食が“露骨に冷遇”されるワケ
「ランチがどうのこうのと言われました。ふざけんなよと」――。サイゼリヤの社長がキレたわけだが、その気持ちも分からないわけではない。東京都の感染拡大防止協力金(1日6万円)をみると、中小企業や個人事業主には配られるのに、なぜ大手チェーンには支給されないのか。その背景にあるのは……。(2021/1/19)

他企業からスカウト可能:
「囲い込んだ学生が必ず活躍するとは限らない」 オープンな採用で“就活ルール”を破壊する、ガイアックスの挑戦
ガイアックス(東京都千代田区)は、自社の新サービス「面接動画スカウト」の社内活用を始める。新卒採用の一次面接を動画面接にし、応募者がそのまま他企業からのスカウトも受けられるようにする。「就活生は受ける企業の数だけ同じ質問をされて非効率」との考えから、一次面接にかかる工数を削減する取り組みだ。一方で、優秀な人材をみすみす外部に紹介することになるとも考えられる。その狙いを聞いた。(2021/1/15)

「マスクやトイレットペーパーの品薄ない」 経産省、落ち着いた購買行動を呼びかけ
1都3県への緊急事態宣言発令を受け、経済産業省の公式Twitterアカウントが消費者に「落ち着いた購買行動」を呼びかけた。(2021/1/7)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

TwitterのRT仕様、元に戻した理由は「“思慮深い拡散”につながらなかった」から
Twitterは、RT機能の仕様を元に戻した理由を説明した。ユーザーの「思慮深い拡散」を促そうと「引用RT」を標準にしたが、狙い通りにいかなかったためという。(2020/12/17)

Twitter、リツイートの仕様を元通りに 引用RTの標準化を解除
米Twitterがリツイート(RT)機能の仕様を変更。「引用RT」が標準になっている状態を解除した。(2020/12/17)

スピン経済の歩き方:
焼肉業界で「大豆ミート」が主流になる、これだけの理由
外食産業が苦戦する中、「焼肉」が健闘している。カルビやハラミなどを好む人が多いだろうが、近い将来、肉を食べることができない日がやって来るかもしれないのだ。どういうことかというと……。(2020/12/15)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】「星をみるひと」研究者に聞く“問題のある作品だからこそ愛されてきた理由”
「星をみるひと」関係者への取材を行っている方にお話を伺いました。(2020/12/29)

防犯訓練を勘違いか:
銀行強盗に遭遇はデマ! 山陰合同銀行が公式に否定した背景
山陰合同銀行が「当行支店へ強盗が入ったというツイッター情報について」という文章を発表。Twitterの投稿を受け、顧客から問い合わせが複数寄せられたという。(2020/12/10)

真偽不明のツイートをRTすると警告が出る仕様、「いいね」にも拡大へ 米Twitterが発表
米大統領選挙で奏功。(2020/11/25)

引用RTの仕様変更でリツイート数が20%減少 デマの拡散抑制に効果か 米Twitterのレポート
米Twitterはこのほど、米大統領選挙に合わせてリツイート(RT)の仕様を変更した結果、リツイート数が20%減少したと発表した。(2020/11/18)

Twitterに「よくないね(dislike)」ボタンができるかも? 幹部が「検討している」
「dislikeボタンや反対票を投じる機能」を検討していると述べています。(2020/11/18)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュアで10年以上信じられている“7つのウワサ”を検証する
ネットでまことしやかに語られているプリキュアのウワサ話を検証しました。(2020/10/22)

Twitterのリツイート制限、きょうから 米大統領選デマ防止で「引用RT」を標準に
米Twitterが全世界で、11月の米大統領選に向け一時的にリツイート機能の仕様を変更した。大統領選に関する安易な拡散を防ぐため「引用RT」の使用を促す。(2020/10/21)

アミューズ、ネット上の誹謗中傷・デマ情報の流布を警察に通告 法務部Twitterアカウントも開設
すでに事実無根のデマ情報を警察に相談したとのこと。(2020/10/20)

「フェイクニュース見破る自信ない」7割近く 男性は見抜く自信アリ? MMD調査
「7割近くの人が、フェイクニュースを見破る自信がない」という調査結果をMMD研究所が発表した。男性より女性の方がフェイクニュースを見抜く自信がないようだ。(2020/10/14)

Twitterリプライ制限機能に賛成が半数以上 「安心して投稿できた」と使用経験者の5割以上
12%の人が使用したことがあると答えました。(2020/10/14)

Twitter、一時的に「リツイート」機能を仕様変更 引用RTを標準に 米大統領選のデマ拡散防止で
11月の米大統領選に向け、一時的にリツイート(RT)機能の仕様を変更する。(2020/10/10)

スピン経済の歩き方:
「日本の宝・中小企業」をイジメる菅総理は、「悪」なのか
「秋田初の総理大臣」「実はシャイでパンケーキ好き」――。菅総理は好感度の高いキャラで高い支持率を得ているようだが、中小企業の経営者などからブーイングが出ている。どういうことかというと……。(2020/9/22)

意味がわかると怖い話:「ゴミ屋敷」
ゴミ屋敷に隠されている秘密。(2020/8/30)

「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
調べたところ、書籍内にそのようなマナーは載っていないことが分かりました。(2020/8/13)

Twitter、待望の“クソリプ防止機能”をついに実装 一方で「デマや間違いを指摘できなくなる」と懸念も
これでクソリプが減る……?(2020/8/12)

中国で普及する信用スコアは、なぜ日本で定着しない? 「Yahoo!スコア」終了に思うこと
ヤフーの信用スコアサービス「Yahoo!スコア」が8月末に終了する。多くのユーザー基盤を持つヤフーが手掛けたにもかかわらず、このサービスは日本に定着しなかった。一方、中国では、数年前から「芝麻信用」が普及している。なぜ日本と中国で、こうした差が生まれるのか。中国に精通する筆者が、その要因を考察する。(2020/8/6)

意味がわかると怖い話:「首無し峠」
有名な心霊スポットの、秘密の話。(2020/8/2)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
Facebookのヘイト対策に「大穴」 〜ザッカーバーグの矛盾とは〜
米国で、Facebookにとって手痛い内容の報告書が公表された。報告書は、この2020年11月に米大統領選挙が控えている中で、差別問題やヘイトスピーチに対するFacebookの取り組みがまだ不十分であり、しかも「大穴」が空いていることを指摘している。(2020/7/22)

クラウドゲーミング? いいえ、フォグゲーミングです:
セガが構想する“フォグゲーミング”とは何か? 「セガがXbox発売?」噂の発端となってしまった西川善司が種明かしをしよう
セガの“フォグゲーミング”をスクープした西川善司さんによる詳細な解説。その前編。(2020/7/21)

他人の不倫騒動に首を突っ込み、尾行&盗撮。不倫女性からの訴訟に怯える相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
モヤモヤが残る相談……。(2020/7/13)

100日後に振り返る「100日後に死ぬワニ」 作者・きくちゆうきインタビュー
大ヒットと大炎上を振り返る。(2020/6/28)

意味がわかると怖い話:「仲良くなりたい」
エレベーターの中で会う彼女。(2020/6/28)

対応策はあるのか:
コロナ禍が「地震・台風時を凌ぐ」デマを生む真の理由
コロナ禍で特に問題視される「情報の混乱」。専門家間の意見対立や悪質なデマも。他の災害との根本的な違いに迫る。(2020/6/25)

放送メディアは利用度と信頼度がともに高い:
若年層ほどデマを信じやすいが、真偽を調べる割合は高い 総務省が新型コロナに関する情報流通調査
総務省は、「新型コロナウイルス感染症に関する情報流通調査」の結果を発表した。放送メディアは利用度と信頼度がともに高く、SNSは利用度と信頼度のいずれも低い。デマやフェイクニュースは、若年層ほど信じやすい傾向にあった。(2020/6/23)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
米国との密な連絡、習近平主席の指導 〜数字で読み解く中国の新型コロナ白書(前編)
中国政府は6月7日、新型コロナウイルスの初の患者発生から封じ込めまでの取り組みを白書として公表。内容は、米国などの海外からの批判に対し、中国がいかに適切に対応したかをアピールしたもので、時期により5段階に分かれている。ここでは、2020年2月中旬までの最初の2段階を紹介する。(2020/6/18)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本人は「ネガティブ思考」なのか 新型コロナと水商売の関係
東京都で、新型コロナの感染者が増えてきた。こうした事態に対して、「自分の仕事はどうなる?」「日本経済がヤバいでしょ」などと悲観的に考える人も多いのでは。なぜネガティブ思考に陥るのかというと……。(2020/6/16)

「リツイートする前にちゃんと記事読んだ?」 Twitter、“中身を読まずにRT”への警告機能をテスト開始
正確な情報に基づいた議論を推奨したいねらい。(2020/6/11)

第24回「震災対策技術展」横浜:
SNSの書き込みから被害状況を収集、「ソーシャル防災」を支援する解析テクノロジー
昨今は、SNSの浸透とともに、社会に発生するさまざまな事象の情報が、スマホに代表されるモバイルツールから日々投稿されている。JX通信社は、Twitter上を流れるツイートから、災害・事故・事件などに関する情報を得るシステム「FASTALEAT」を開発した。既に放送局や通信社などのメディアで多数採用されており、その有用性は高く評価されている。(2020/6/3)

【5年前の今頃は?】「チョコレートダイエットは効果的」デマ論文に世界中が踊らされる 世の中そんなに甘くなかった……
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/5/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。