ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イルカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イルカ」に関する情報が集まったページです。

“Excelのイルカ”を現実世界へ召喚するMR技術がシュール みんな大好き「お前を消す方法」を打ち込むと……
HoloLens 2を通して見た世界に懐かしいアイツが浮かぶ。(2021/5/10)

いつかイルカに乗ろうな! 「アクアマン」俳優、病気の少年へのサプライズ動画で全米を涙の海にしてしまう
約束だ!(2020/11/20)

「ラッセンの絵みたいなん撮れた」 水族館で撮影されたイルカのジャンプが絵画のような美しさ
夕暮れとイルカの組み合わせ、すてきですね(2020/8/1)

「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
もう自分を消す方法を聞かれる心配もない。(2020/7/13)

【ナニコレ?】「イルカの頭にある、音波を集める部分」のかわいい名前
(2019/7/10)

「ボブネミミッミ」のAC部が初の絵本を発売 セラピスト『イルカのイルカくん』のハートフルストーリー?
「おさらがわれた!」「ちいさい おさらが たくさん ふえたッキュー!」(2018/11/10)

閉館から半年ひとりぼっちのイルカ 「移してあげて」呼び掛け話題 行政検査では「施設や健康状態に問題なし」
1月に閉館した水族園「犬吠埼マリンパーク」に取り残された1頭のイルカに注目が集まっています。現在の状況について、千葉県や銚子市に取材しました。(2018/8/24)

巨大イルカの水しぶきがほぼ滝 シーパラで信じられない量の水をぶっかけられてきた
全身クールミント状態。(2018/8/18)

【マンガ】「イルカの頭には“メロン”が入っている」って知ってた?
しかも、プルプルですって!(2018/6/19)

「イルカがせめてきたぞっ」はありうるのか 1960年代から存在する「軍用イルカ」
半世紀以上にわたって続く「米海軍海洋哺乳類プログラム」。(2018/6/4)

テクノフロンティア2018:
卵型に変形するドローンと水中ロボットが登場、新製品は水上を走る“イルカ”
パワービジョンジャパンは、「第4回国際ドローン展」において、同社が販売する各種ドローン製品を展示した。持ち運びの際に卵型に変形するフライングロボット「PowerEgg」、30mまでの水中を航行できる水中ロボット「PowerRay」、水上を移動できるスイミングロボット「PowerDolphin」などだ。(2018/5/8)

バスケ部作ったよー バスケットボールで遊ぶ大阪・海遊館のカマイルカ 上手過ぎてプロバスケ選手も注目
今日も自主練するよー。(2017/8/6)

「上司のパソコンにイルカがいた」 シュールでクセになる山田全自動さんの浮世絵風作品が書籍化決定でござる
書き下ろしは30作品でござる。(2017/7/31)

「上司のパソコンにまだイルカがいたでござる」 現代の「あるある」を浮世絵風に描くシリーズがクセになるシュールさ
ちょんまげなのに共感しかなかった。(2017/7/17)

近未来的! 仙台の水族館に「うみの生きもの×360度プロジェクションマッピング」の新コンテンツが誕生
水槽の魚と映像のクジラやイルカが共演します。(2017/7/7)

頭が2つあるネズミイルカ 初めて見つかる
ネズミイルカの結合双生児の報告は初とのこと。(2017/6/16)

イルカ・ドジっ子・ヘンタイメガネ! 水族館が舞台のドタバタコメディー漫画『水族カンパニー!』が笑えて泣ける
こう見えても、実際の水族館を取材して作りこまれた本格派漫画です。(2017/6/12)

現代に蘇るExcelイルカの悲劇 Win 10搭載「Cortana」に「お前を消す方法」と質問するとまさかの反応が
Microsoftさん、なんでこの機能付けちゃったんです?(2017/5/24)

イルカはタコを放り投げて水面にたたきつける 豪大学研究
タコを空中に放り投げて水面にたたきつける狩りの手法が、南西オーストラリアのバンドウイルカに見られました。(2017/4/4)

イルカやペンギン、フウセンウオ 「アクアワールド・大洗」のフレーム切手が生き物好きにはたまらない顔ぶれ
陸の生き物代表はカピバラ。(2017/3/14)

イルカやラッコが名前の横でごあいさつ 銀行印にも使えるハンコ「うみのいきものずかん」が誕生
水族館の人気者ばかりです。(2017/3/13)

香川・琴平電鉄のイルカの「ことちゃん」 誕生は「ことでんが要るか、要らないか」との話し合いに由来?→事実です
最近はLINEスタンプも人気のイルカさんです。(2017/1/24)

沖縄モノづくり新時代(7):
イルカ、クラゲ……美ら海水族館の話? いえ、ロボットの名前です――「沖縄海洋ロボコン2016」レポート
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第7回では、いつもとは少し視点を変えて海中のロボット競技「沖縄海洋ロボコン」の模様をお届けする。(2016/12/20)

どん兵衛と画家ラッセンが「かき揚げを描きあげる」奇跡のダジャレコラボ 美しすぎるシャチとかき揚げが謎の共演
直筆のイルカ(文字)もプレゼント。(2016/12/7)

イルカってこんなに歯が生えてたのか アクアワールド茨城県大洗水族館が大口を開けたイルカの写真を公開
歯磨きが必要なわけですね。(2016/9/3)

イルカにさわりたくなったらぬれたナスを用意!? 「仙台うみの杜水族館」がイルカの感触そっくりな“ナス”を展示中
皆さん、ナスのご用意はよろしいですか。(2016/8/13)

TORQUEオーナーズイベント第2弾は「イルカでGO」 高耐久デモがもっと“手荒”に
その“タフネスさ”から、特別な体験がエスカレートしているauのTORQUEオーナーズイベント。メーカーの反応と今後も展開を聞いた。(2016/8/10)

お湯を注ぐと泳ぎ出す? 遊び心あふれる「イルカのティーバッグ」がヴィレヴァンオンラインに登場!
クラウドファンディングから商品化されたイルカちゃん。(2016/7/8)

パンダっぽいけどイルカだよ!  「イロワケイルカ」が横浜・八景島シーパラダイスにやって来る
オセロにも見える。(2016/5/31)

イルカが出産する様子を収めた感動的な動画が話題に なお、産まれたてのイルカは天使でした
親子で寄り添って泳ぐ。(2016/4/21)

イルカ対おじいちゃん 無邪気に水をかけ合う姿にほっこり
どっちも子どもみたい!(2015/12/12)

ティーポットの中を泳ぐイルカ! ロマン感じるクラウドファウンディングがスタートしてた
スイスイ泳がせたい。(2015/10/24)

海にiPhoneを落としたらイルカが拾ってくれた! 奇跡の動画が話題に
イルカかしこすぎる。(2015/10/2)

絵を描くシロイルカに名画のポーズを再現するセイウチも 八景島シーパラダイスでオータムフェスティバル開催
海の生き物たちが芸術家になるよ!(2015/9/2)

一度見たら忘れられないヤバイインパクト 最近じわじわ来ている謎のキャラ「イルカのイルカくん」って何者?
癒されたいあなたにイルカセラピーですキュ♪(2015/7/12)

スピン経済の歩き方:
太地町のイルカ漁を追い込むと“得”をするのは誰だ?
和歌山県太地町の「イルカ漁」が、またまた叩かれている。さまざまな団体が「環境問題」や「自然保護」の視点からイルカ漁をやり玉に挙げているが、問題はそれだけなのか。筆者の窪田氏は、「関係各位の『ビジネス』における戦略だ」と指摘している。(2015/5/26)

日本動物園水族館協会、追い込み漁のイルカ入手禁止 世界動物園水族館協会「称賛する」
WAZAの会員として残留するため、追い込み漁のイルカ入手を禁止するとした。(2015/5/21)

演出面がグレードアップした「エプソンアクアパーク品川」7月10日にオープン イルカにワクワク、クラゲに癒やされる
今年1月5日から休館していた「エプソン 品川アクアスタジアム」がリニューアル。(2015/4/24)

君のことは忘れたくても忘れられないよ……! Windows XPの一周忌が開催!
きっとイルカも泣いている。(2015/4/9)

計算もできるかな? Excel柄のパーカーが意外にオシャレ。
イルカがついてたらさらにうれしかったかも。(2015/3/14)

「イルカはうなぎを使ってマスターベーションする」 “衝撃の事実”にネット民困惑
1940年代の海外論文に記されています。(2015/3/11)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第40回 ビジネスSNS「LinkedIn」に過去55年間で150職種を経験した「バービー」が登場
1959年〜1960年頃の「バービー」はファッションモデルやファッション編集者だった。以後、歌手、フライトアテンダント、バレリーナ、テニス選手、アイススケーター、宇宙飛行士、医師、女優、教師を経験、2013年にはパティシエやマジシャン、イルカの調教師なども務めた。(2014/7/17)

ご満悦? 水族館で人間の曲芸を楽しむイルカ
あれ? 逆? どっち?(2013/8/18)

お葬式のよう――死んだ子イルカを背中に乗せて泳ぎ続ける母イルカの動画
「子どもを手放そうとしないこの母親ほど心を打つものを見たことはない」と目撃したホエールウォッチングのスタッフは話しています。(2013/3/29)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
90年代のG-SHOCKブームを、コラボモデル&テーマモデルで振り返る
UNITED ARROWSやBEAMSなどとのコラボ、ワールドカップ公式モデル、イルカ・クジラ、ラバーズコレクション……1990年代後半に一大ブームとなったG-SHOCKのテーマ・コラボモデルの数々を、企画担当者とともに振り返る。(2013/2/19)

「日本タイトルだけ大賞2012」が開催 「イルカをボコる5つの理由」などノミネート
「ひつまぶしとスマホは、同じ原理でできている」「出世するキレ方」などタイトルだけで気になる作品がノミネートされている。(2012/12/21)

萌える異種交流 ネコとイルカがいちゃいちゃ
愛は種族を超えるのかもしれません。(2012/5/27)

節電のおともに:
ひんやり冷たい「冷えぐるみ」に新種登場
ひんやりとした感触を長く楽しめる「冷えぐるみ」にカメ、イルカ、アシカが新登場。(2012/5/17)

描けそうで描けないお題にぐぬぬ…… 画伯力を試せるiPhoneアプリ「PicTack」
複数人でお題に沿って絵を描いて競うiPhoneアプリ「PicTack」を紹介しよう。イルカやニワトリにカメレオン……みなさんはパッと描けますか?(2012/1/19)

まるでイルカ! ジェット水流の力でアクロバティックに泳げる「Flyboard」がすごい
フランスの水上スキーメーカーが開発した「Flyboard」という装置の映像がすごい。両手足に取り付けたホースからジェット水流を噴き出し、イルカのようにアクロバティックに泳いでいる。(2011/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。