ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本代表」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本代表」に関する情報が集まったページです。

Uber Japanを書類送検 当時の日本代表らも 「Uber Eats」で不法就労助長の疑い
日本に不法滞在中のベトナム人をフードデリバリーサービス「Uber Eats」の配達員として雇用し、不法就労を助長したとして、警視庁は運営元のUber Japan(東京都港区)と、同社の当時の日本代表ら2人を入管難民法違反の疑いで東京地検に書類送検した。(2021/6/22)

PR:サッカー日本代表選手の母校の生徒たちと「センパイ応援フラッグ」を作成 TOYO TIRESがSAMURAI BLUEに粋なサプライズ
代表選手たちの母校の生徒たちからメッセージを募集。集まったメッセージをフラッグにして選手たちに届けました。(2021/6/18)

八村塁や渡邊雄太のNBA勢も、東京五輪へ男子バスケ日本代表候補選手20人発表「バランスを考えたチーム構成を」
NBA名が出てくる日本代表熱すぎる。まじ漫画。(2021/5/14)

サッカー日本代表・浅野拓磨、所属チームとの契約解除を発表 理由は「度重なる給与等の未払い」
5大リーグからオファーありそう。(2021/5/3)

西川貴教、“肉体美”で日本代表に 「BEST BODY JAPAN 2021」ポスターで輝き放つ
もう誰も止められない。(2021/4/20)

三浦りさ子、亡き父の宝物を公開 キングカズの“サイン入り日本代表ユニフォーム”を「登記簿よりも大切に」「2度と手に入らないと言っていた」
知良さんの試合に大興奮していた過去も。(2021/4/6)

猫「イタズラするニャ」飼い主「ああああ!」 “カフェラテ大事件”を起こした猫ちゃんのおとぼけ顔がかわいい
被害甚大選手権・日本代表ニャ!(2021/1/6)

「自分が自分を好きでいれることが大事」 「ミス・ワールド」日本代表の金谷鞠杏、18歳が伝えたい“美しさ”の価値観
負けず嫌いから日本代表へ。(2020/11/17)

今日のリサーチ:
熱しやすい「日本代表」 冷めにくい「国内リーグ」――トライバルメディアハウスとNTTデータがスポーツ調査
トライバルメディアハウスとNTTデータが実施した「熱狂スポーツ調査2020」の結果です。(2020/10/2)

元日本代表DF内田篤人、現役引退へ 若すぎる32歳での決断にファンから「ここまで戦ってくれてありがとう」の声
古巣シャルケもコメント。 (2020/8/20)

毎日庭に現れ「シャー!」とあいさつをする猫 徐々に距離が縮まる様子に注目が集まる
シャー顔日本代表間違いなし!(2020/8/15)

中田英寿が挑む日本酒ビジネス【前編】:
高輪ゲートウェイ駅に全国の銘酒と高級レストランが集結 中田英寿とJ-WAVEが仕掛ける「NIHONMONO LOUNGE」
高輪ゲートウェイ駅前に元サッカー日本代表の中田英寿氏とJ-WAVEがコラボした期間限定のレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」がオープンした。中田氏が厳選した159蔵の銘酒と、国内で人気の高級レストランの料理が週替わりで登場する。中田氏に、コロナ禍の今だからこそ日本の魅力と文化を発信する意義を聞いた。(2020/7/28)

「ヒトって2つ折りになるんですね」 元体操日本代表・田中理恵、“自宅トレーニング”の前屈がほぼ真っ二つ
一瞬、感覚がバグってしまった人も。(2020/5/26)

MALIA.の長男・新保海鈴、Jリーグ公式戦出場可能に 父はサッカー元日本代表
才能が見事に遺伝してる。(2020/3/30)

個人とチームをどうリンクさせるのか:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が後輩たちに語る「チームの作り方」
 2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗は試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。後編ではBBTがラグビーチームのリコーブラックラムズ向けに全10回の人材育成講義「MFP(Make Future Project)」を実施しており、その中で行った廣瀬の講義の様子をレポートする。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーをまとめてきた廣瀬の知見を生かした講義だ。(2020/3/19)

常勝チームの根底にあるもの:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が語る「リーダーの在り方」
2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗さんは試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。廣瀬さんに「リーダー論」を中心にビジネスにも応用できるチーム作りの考え方を聞いた。(2020/3/18)

アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた
最後のブログは訪日予定を伝えるものでした。(2020/3/17)

栄冠はどのクルマに!? 「世界最速の市販車」決めるドラッグレース、米空軍基地で開催 日本代表はGRスープラ
毎年恒例、ここでしか見られない豪華すぎる顔ぶれ。(2020/2/6)

「侍ジャパン」密着ドキュメンタリーが映画に 「侍の名のもとに〜野球日本代表 侍ジャパンの800日〜」劇場公開決定
あの感動をもう一度。(2019/11/26)

今日のリサーチ:
ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。(2019/11/7)

「日本代表として参戦だにゃ〜!」 ラグビーワールドカップを全力で応援する猫ちゃんがかわいい
そこだにゃ! ジャッカルだにゃ!(2019/10/26)

「ただの本物で草」「何回見ても笑顔のベジータ混じってる」 ガリットチュウ福島の“ラグビー日本代表集合ものまね”がジワジワくる
みんないい顔してやがる……!(2019/10/21)

ビジネスを通して実現したいこと:
ラグビー選手から起業家へ 前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が示す「セカンドキャリア」の作り方
空前のラグビーブームに沸く一方、まだまだ課題があるのが、選手たちが引退した後の「セカンドキャリア」だ。ラグビー日本代表のキャプテンをかつて務めていた廣瀬俊朗さんは選手たちの「セカンドキャリアの道筋を示したい」と語る。廣瀬さんに、日本代表を率いてきたリーダーシップの秘訣や、引退後のキャリア、起業した経緯について聞いた。(2019/10/20)

スコットランドの暴れん坊に日本刀を贈呈、ラグビー日本代表リーチ・マイケル主将の粋な計らいが話題に
日本対スコットランド、激戦の後に訪れる美しきスポーツマンシップ。(2019/10/16)

史上初の決勝トーナメント進出 ラグビー日本代表がスコットランドに勝利でネットに歓喜あふれる
日本代表がスコットランドに28対21で勝利し1次リーグを4連勝。(2019/10/13)

「奇跡とは言わせない」 ラグビー日本代表が世界ランク2位のアイルランドに勝利、ネットが感謝の声であふれる
日本代表が優勝候補のアイルランド代表に19対12で勝利。(2019/9/28)

PR:サッカーはツイートしながら見るともっと楽しい! ハッシュタグ「キリチャレの日」が世界トレンド1位になる理由
JOYさんと一緒に日本代表を応援。(2019/9/4)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがバスケット日本代表戦で5Gプレサービスを実施――やはり当面は4Gネットワークが主戦場か
ソフトバンクがさいたまスーパーアリーナで5Gのプレサービスを提供した。他社と比べて5Gの割り当て帯域が少なめであるソフトバンクだが、他社と遜色のないパフォーマンスを発揮できるという。なぜなのだろうか?(2019/8/30)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクの5Gプレサービスでバスケ観戦 “5Gならではのコンテンツ”に課題
ソフトバンクが、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されたバスケットボールの日本代表戦で、5Gプレサービスを提供した。スタジアム内に1カ所基地局を設け、ユーザーに5Gならではの試合映像を配信した。ユーザーを巻き込んだプレサービスの狙いとは?(2019/8/24)

「選手目線をVRで」──KDDI、日本サッカーミュージアムにVR視聴システム提供
サッカー日本代表のドキュメンタリー映像をKDDIのVRシステムで視聴できる。(2019/8/14)

イノベーター列伝:
フェンシング日本代表を支えるアナリストの闘志――日本フェンシング協会 千葉洋平氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/7/25)

「1番好きな世代!」 小野伸二、稲本潤一、中田浩二ら、サッカー日本代表“黄金世代”の同窓会ショットにファン熱狂
小野選手の天才ぶりが大好きだった。(2019/3/20)

FAニュース:
インダストリー4.0の本場で日本の力を訴求、日本企業82社がハノーバーメッセに出展
日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部は2019年4月1〜5日にドイツのハノーバーで開催される、世界最大規模のB2Bの専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2019」での日本企業の出展状況とジャパンパビリオンの取り組みについて紹介した。(2019/3/7)

「勝利の女神!」 おのののか、バスケ男子W杯進出に喜ぶ姿でファンのテンションを爆上がりさせる
バスケ男子日本代表が見せた“奇跡の逆転劇”。(2019/2/26)

ピーダブルビーの松並亮輔氏:
はんだ付け世界大会、日本代表が史上初の快挙で優勝
エレクトロニクスの国際標準化団体IPCが主催するはんだ付けコンテストの世界大会「IPCはんだ付・リワークワールドチャンピオンシップ2019」(米国サンディエゴ)が2019年1月29〜30日に開催され、日本代表でピーダブルビーの松並亮輔氏が優勝した。今回で9回目を迎えた同大会での日本代表の優勝は初めて。また、史上初のパーフェクトスコアを達成する快挙も成し遂げた。(2019/2/5)

槙野智章、アジア杯後の“日本代表=仲良し軍団”報道に苦言 「一言で表してほしくない」「伝わらんのは残念だ」
ユーザーからは賛否両論の声。(2019/2/3)

「本田選手の代わりに召集された感」 じゅんいちダビッドソン、槙野智章&高梨臨の結婚式で“日本代表入り”ショット
本田選手やけに小さいと思ったらダビッドソンさんだった。(2018/12/28)

野村証券和田木哲哉氏×SEMIジャパン浜島氏:
アンテナを高く張れ! 半導体製造装置材料業界がスーパーサイクルを勝ち抜くために
野村証券アナリストの和田木哲哉氏と、半導体製造装置/材料の業界団体SEMIの日本代表(SEMIジャパン社長)を務める浜島雅彦氏に、これからの半導体市況、そして、半導体製造装置/材料業界に求められることなどを聞いた。(2018/12/6)

伊達“独眼竜”政宗の子孫、ミス・ワールドで日本代表初の部門1位に 6カ国語を話す才色兼備
タレント部門1位を受賞した伊達佳内子さんは伊達政宗から21代目の直系子孫。(2018/11/29)

「ヤバい位、可愛い」「コレは日本の宝」 ミス・ユニバース日本代表の加藤遊海、スラッと美脚のセーラー戦士に変身
これぞ日本文化の象徴。(2018/11/21)

ハノーバーメッセ2019:
インダストリー4.0に向かって渦巻く共創の波、ハノーバーメッセが日本に呼びかけ
 日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部は2018年11月13日、2019年4月1〜5日にドイツのハノーバーで開催される、世界最大規模のB2Bの専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2019」の開催概要について発表した。(2018/11/14)

「涙が止まりません」「いつかは日本代表の監督」 卓球の福原愛が現役引退を発表、ネットでは第二の人生を後押しするエールも
長い間、お疲れ様でした!(2018/10/22)

「日本代表勝ったら自転車で東京から山口行ってやるよ 」 → 日本勝利! 1150キロの旅が11日掛けて感動のゴール
「ちょっとやめてくださいでござるやめてくださいでござる、うぎゃあああああああああああああああああああ」(2018/10/16)

サッカーW杯ロシア大会、延べ1億7500万人がテレビの前で応援 深夜の対ベルギー戦も約3000万人が視聴
ビデオリサーチがサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の推計視聴者数を発表。日本代表戦は4試合で約1億7458万人が視聴したという。(2018/7/23)

「世界屈指のCBのチェッキングを片手で?」 サッカー日本代表DF吉田麻也、“半端ない育児”で長女が見せる塩対応が話題に
「大迫育児ハンパないって!を吉田がやるとこうなる」(2018/7/12)

元バレー日本代表、高橋みゆきが第1子出産 ブログではわが子との2ショットも
2015年に一般男性と結婚していました。(2018/7/11)

「めっちゃ顔ゆるんでる」 日本代表の乾貴士、W杯帰国後に大ファンの小島瑠璃子と2ショットで満面の笑み
こじるりのファンだったか。(2018/7/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
西野監督の去就はどうなるのか 見え隠れするJFAの思惑
日本代表ロスになっている人も多いだろう。大会終了後、本田圭佑や長谷部誠が代表引退を表明。メンバーの世代交代が進むなか、次期日本代表監督にも注目が集まっている。なぜこうした動きが広がっているかというと、日本サッカー協会の思惑があるようで……。(2018/7/5)

W杯敗戦の日本代表、更衣室を清掃し、ロシア語で「ありがとう」のメモ Twitterで称賛
W杯でベルギーに惜敗した直後の日本代表の更衣室の写真が、FIFAのスタッフによりTwitterに投稿され、称賛を集めている。きれいに清掃され、ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモが残されていたという。(2018/7/3)

「なにこの試合」「これが勝負の世界」 野村周平、竹内涼真ら賛否分かれるW杯日本代表の試合にそれぞれの意見
試合後半の時間稼ぎに賛否。(2018/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。