ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フランス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フランス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スタジオジブリに「名誉パルムドール」 カンヌ国際映画祭
フランスで5月14日から開催される「カンヌ国際映画祭」で、スタジオジブリが「名誉パルムドール」を授与されることが分かった。(2024/4/18)

「花咲舞が黙ってない」、当時出演キャストの現在 フランス在住、電撃引退の発表も
2024年4月13日からは今田美桜さんを主演に新たな「花咲舞が黙ってない」が放送。(2024/4/13)

Marketing Dive:
ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショーケースになりそうだ。(2024/4/12)

石川佳純、キャスターな近影に「桐谷美玲かと」「かすみちゃん美しい〜!」と注目集まる
フジテレビ系のパリ五輪SPキャスターに就任。(2024/4/8)

3つの特徴:
原宿店では行列も 元祖厚底シューズの「HOKA」、人気の理由は?
分厚いミッドソールで知られる「HOKA(ホカ)」。2009年にフランスで誕生し、17年に日本に本格進出した。24年2月にオープンした国内最大の直営店「HOKA Harajuku」は行列ができる人気ぶりだという。どんな点が支持されているのか。(2024/3/31)

「情報量多すぎ」「変態になった気分」 人気カリスマ主婦が投稿した“完璧なフランス流儀”の料理写真が“悪夢みたい”と話題に
二度見しちゃう。(2024/3/25)

楽天グループが大規模言語モデルを公開 Mistralベースの70億パラメータ 商用利用も可能
楽天グループは、日本語に特化した大規模言語モデル(LLM)「Rakuten AI 7B」などを公開した。フランスのAIスタートアップ企業のMistral AIのLLM「Mistral-7B-v0.1」を基盤に開発した70億パラメータのLLM。商用利用も可能。(2024/3/21)

フランス人母をパリのラーメン店に招待したら…… 予想外の涙に「もらい泣きしちゃう」「ラーメン愛に驚き」の声
そんなに日本を好きになってくれてうれしいです。(2024/3/20)

岡田紗佳、まさかのコスプレで感情爆発「恥ずかしい!」→悶絶する姿に「なにやらせてんねん」「テンパリ気味で可愛い」
メイド姿は「キャラじゃない」とのこと。(2024/3/15)

スマートリテール:
電子棚札大手からリテールIoTソリューションベンダーへ――VusionGroupの戦略
フランスの電子棚札大手であるVusionGroup(ヴジョングループ)。同社は2024年1月にSES-imagotagから社名を変更したがその狙いは何か。日本を含めた欧州域外への事業展開なども含めて、VusionGroup APAC エグゼクティブバイスプレジデントのパスカル・ジェルベール・ガイヤール氏に話を聞いた。(2024/3/12)

Koki,、父・木村拓哉と絵になるパリ散策 美術館での“おそろいショット”に「後ろ姿も似てますよね!?」
親子っぽい後ろ姿。(2024/3/11)

60代女性「しまむら」「ユニクロ」春コーデに「こんな可愛い着方があったとは」 パリマダムのような着こなしがすてき
「こなれ感」や「抜け感」を作るコツも教えてくれています。(2024/3/11)

中村江里子、188センチの17歳息子が社交パーティーへ 鏡越しに素顔チラリ「パリコレに出そう」「モデルさんみたい」
なんていう麗しさ。(2024/3/8)

「アメリ」出演俳優、若いころ受けた性的暴力を告白 「僕みたいなかわいい男の子が」現役の有名人から被害
フランスでは男性の「#MeToo」運動がスタート。(2024/3/7)

仏、中国激安ファッション「SHEIN」を規制する罰則を検討
フランスの与党議員らが、中国のファストファッションブランド「SHEIN」(シーイン)を念頭に、販売価格の最大50%の罰則を課す法案を提出した。ファストファッション産業は多くの温室効果ガスを排出するため、環境への影響を埋め合わせる狙いがある。(2024/3/7)

金属3Dプリンタ:
高剛性軽量ミラーをガルバノスキャナーに搭載、より高度なアプリケーションに対応
キヤノンはフランスのMERSENと技術提携を開始した。(2024/3/6)

中村江里子、ロンドン在住・長女の引っ越しでトラブル多発 “極寒の部屋”で途方に暮れるも……親心つづり「嬉しいんだけどね」
移住先のパリから駆けつけた中村さん。(2024/2/27)

Microsoft、OpenAI競合の仏Mistralと複数年契約 AIモデルをAzure顧客に提供
Microsoftは、仏パリに拠点を置く新興企業Mistral AIとの複数年提携を発表した。これにより、Mistral AIはLLM開発でAzureを利用できるようになり、MicrosoftはMistralのモデルをAzure顧客に提供できるようになる。(2024/2/27)

今後もパートナーシップは継続:
ルネサスがシーカンス買収を断念、TOBを中止
ルネサス エレクトロニクスは2024年2月23日、フランスSequans Communications(シーカンス・コミュニケーションズ)の買収に関する基本合意書を解除したと発表した。これにより2023年9月に開始した公開買い付け(TOB)も終了した。当初、買収は2024年第1四半期までに完了する予定だった。(2024/2/26)

フランス在住の杏、父・渡辺謙との思いがけない“偶然の出会い”に驚き 「まさかこんなことがあるとは」
親子の縁を感じる。(2024/2/23)

povo2.0における海外「エリアトッピング」対象国が拡大 ヨーロッパ9カ国や中国、台湾などを追加
povo2.0の海外ローミングをより安価に利用できる「エリアトッピング」で利用できる国/地域が拡大される。新たにヨーロッパ9カ国(イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、ドイツ、フランス、ベルギー)と台湾、中国、香港、マカオが対象となる。設定されるトッピングの内容は、対象国/地域によって異なる(2024/2/16)

「なぜフランスにはないんだ……」 日本のアパートを訪れた外国人夫妻が絶賛した“意外な住宅設備”とは
投稿者は日本在住のフランス人YouTuber、bebechanさん!(2024/2/10)

蜂の巣をそのまま食べた次の瞬間……! フランス人クリエイター、実食の様子が240万再生の反響
はちさんいつもありがとう!(2024/2/2)

パリ在住の中村江里子、13歳次女の日本語教育で課題実感 “育児歴19年”で初めての体験に「とっても嬉しいのです」
そういう問題もあるのか……。(2024/1/26)

パリの「屋根裏ワンルーム2人暮らし」をのぞいてみたら…… 工夫満載の4.5畳に「全てがオシャレ」「ドラマに出てくるお部屋みたい!」
小さな部屋での豊かな暮らし。(2024/1/26)

日本の寿司を8年ぶりに食べたフランス人夫、ため息をつき…… 思わずニヤつく一言に「やっぱり食のフランス出身だから」「私まで嬉しい」
言葉にならないおいしさ!(2024/1/21)

杏、オーディションでパリの“メトロミュージシャン”に合格 「フランスの人々にたくさんのすてきな日本の歌を紹介したい」
審査員の前で美しい歌声を披露した杏さん。(2024/1/20)

平野紫耀、セレブ集結のショーで“五輪金メダリスト”と2ショット サマになる“初パリ”姿に「やっぱり世界の紫耀」「いけめんすぎ」
名だたるセレブが勢ぞろい。(2024/1/18)

研究開発の最前線:
量子コンピュータに新たな道を開くか、電子の飛行量子ビット動作を世界初実証
NTTとフランスのCEA Saclay、NIMS、KAISTは、グラフェンのp-n接合と、ローレンツ波形の電圧パルスによって生成される単一電子源のレビトンを用いることで、電子の飛行量子ビット動作を世界で初めて実証したと発表した。(2024/1/17)

フランス人の母が初来日でケーキ屋へ → 「人生で一番おいしい」 大量購入したケーキを次々に平らげていく様子に視聴者もニッコリ
日本のケーキの魅力を再発見。(2024/1/19)

ギャップがすごい! 日本で暮らすフランス人のズボラ飯 昔と今の食生活の変化に「私より日本人」の声
完食したあとのひと言は、すっかり日本のおじさん。(2024/1/12)

「日本の自動車メーカー頭いい」 テリー伊藤、“フランス車みたい”な国産小型車に感嘆の声 新車は終了→視聴者「再販してほしいなぁ」
顔違いの「スペイド」もありましたね。(2024/1/11)

ケーキの次「おせち」は大丈夫? 高島屋ケーキ問題会見
オンラインで販売したクリスマスケーキの一部が崩れて購入客に届いた問題を受け、27日記者会見を開いた高島屋の横山和久専務は、問題のケーキを監修した横浜市のフランス料理店「レ・サンス」が製造する「おせち」について、年末年始に予定通りに配送すると説明した。(2023/12/27)

阪急百貨店の催事で販売のパン風菓子に「幼虫」混入 販売店が謝罪……「健康被害生じる恐れ」
フランス原産のパンでした。(2023/12/26)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
遠近両用メガネなのに見え方は“普通” AIを使ってパーソナライズする累進レンズ「Varilux XR」を体験した
フランスのバリラックスは、境目のない遠近両用レンズ、いわゆる「累進レンズ」を世界で最初に作ったレンズブランドだ。その新しいフラグシップ「Varilux XR」でメガネを作ってみた。(2023/12/26)

「パリピ孔明」舞台にも進出! 孔明役に藤田玲×脚本・演出ノンスタ石田で2024年5月上演
パリステとでも呼ぶのだろうか。(2023/12/22)

ミス・フランス史上初“ショートカット”の女性が優勝 「八百長」「美しくない」と容姿批判の声に向け「私たちはみんな唯一無二の存在」
強さもミスの証。(2023/12/21)

ヴィ・ド・フランスの2024福袋はバーバパパとコラボ! 2色から選べるオリジナルトートバッグ付き
2024年1月1日から販売します。(2023/12/20)

湯之上隆のナノフォーカス(68):
imecも全幅の信頼、Rapidusの「成功の定義」とは何か
imecや経済産業省など、Rapidusの支援を公言する組織/企業は多い。さらに、米TenstorrentやフランスLetiなど、Rapidusとパートナーシップを締結する企業や機関も増えている。それはなぜなのか。2023年11月に開催された「ITF(imec Technology Forum) Japan」で見えてきたその理由と、Rapidusにとっての「成功の定義」をあらためて考えてみたい。(2023/12/21)

フランスパンが2つ→どっちかが「木彫り」だと……!? “リアルすぎる木彫り作品”と食べ物を見分ける絵本『どっち?』発売
どっちが木?(2023/12/7)

新品みたい:
中古スマホって“ガチャ”だよね? 外資系の「整備品」が3倍ペースで伸びている背景
「中古スマホ市場」が盛り上がっている。フランス発のスタートアップ「Back Market(バックマーケット)」では、中古品の品質を最大限に引き上げることで急成長している。日本市場ではどんなことをしているのかというと……。(2023/12/1)

重さ約1キロ 杏、“フランス流デカ飯”公開にファン衝撃「ガチで巨大」「巨大すぎてジワジワくる」
目がバグる大きさ。(2023/11/25)

日本のクリエイティブチームが制作した“スパイラル木琴”がパリへ 68段超の巨大自動演奏装置が「フランス国立公文書館博物館」で展示される
転がる木製の球がバッハの名曲を奏でます。(2023/11/30)

中村江里子、美しいパリの“暗黒面”告白 度重なる窃盗被害や深夜の不法侵入に「やっぱり怖い……」
観光客だけでなくパリ在住の中村さんも被害に。(2023/11/22)

東京五輪女子体操の金メダリスト、腎臓病で“体重20キロ増” 治療法ないままパリ目指す20歳にエール殺到
モン系アメリカ人初の金メダリストとなったスニサ・リー。(2023/11/21)

VR映画「機動戦士ガンダム: 銀灰の幻影」制作決定 フランスの制作会社と共同で
バンダイナムコフィルムワークスは11月20日、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズを題材としたVR映画を制作すると発表した。(2023/11/20)

仲里依紗、パリコレ大胆衣装の裏側公開 「あゆの葉っぱで隠すやつ」「テーマは今海から打ち上げられたアリエル」
大胆!(2023/11/19)

欧州バッテリー規則にも対応:
75% DODで2000サイクル使用できる超小型全固体電池
フランスの小型電池メーカーITEN(アイテン)は、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、超小型の全固体電池を展示した。長寿命が特長で、75% DOD(放電震度)で2000サイクル使用できるという。(2023/11/17)

AIで作った不気味なCM、フランスのバーガーキングが公式SNSに投稿 「怖すぎる」「悪夢だ」と恐怖の声上がる
公式とは思えない恐怖映像です。(2023/11/4)

白城あやか&中山秀征、留学中の息子たちとパリで待ち合わせ 久々再会で成長ぶりにしみじみ「留学してから大変だったと」
今回は家族5人での旅行に。(2023/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。