ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「入院」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入院」に関する情報が集まったページです。

Twitterで波紋の「PCR検査を受けると住宅ローンが組めなくなる」説 保険会社に真偽を聞いた
保険会社に聞きました。(2020/9/18)

リモートワーク推進にも有効:
日本の経理、効率化のカギはBPO 「多すぎる勘定項目」「紙の請求書」を乗り越えるには
リモートワークが難しいとされる経理業務。経理業務に関するソリューションを提供しているファーストアカウンティングの森社長は、課題として「多すぎる勘定項目」と「紙の請求書」を挙げる。リモートワークやBPOを進めるにはどうすればいいのだろうか。(2020/9/18)

医療におけるAutoMLの可能性【前編】
“AutoML懐疑派”だった医療機関がAutoMLのヘビーユーザーになるまで
「AutoML」(自動機械学習)に懐疑的だった、米国の医療機関Symphony Care NetworkのCIOは現在、AutoMLツールの「DataRobot」を積極的に利用しているという。なぜ心変わりしたのか。同機関の利用事例を紹介する。(2020/9/17)

「声がかすれてつぶれてしまう」「肺に違和感」 庄司智春、新型コロナの後遺症を告白
日常生活への「ありがたみ」を語る。(2020/9/16)

滝川英治、脊髄損傷の大けがから3年 「僕は障がい者です」「結論は出ていません」と“生きること”への思いつづる
滝川さん「特別な個性なんだと押し出せるようになりました」(2020/9/16)

“1日10リットル尿が出る病気”にかかった実録漫画が壮絶 「体が砂漠」「水分とトイレしか考えられない廃人化」
病院でも追い打ちをかけられ続ける恐怖……。(2020/9/16)

杉浦太陽が新型コロナウイルス陽性、咳の症状あり入院 辻希美と子どもたちは無症状
前日までYouTube更新。(2020/9/15)

千葉、台風15号から1年 進む電源確保 電力会社と自治体、役割明確化
2019年台風15号が千葉県を襲ってか1年がたつ。千葉県では、非常用電源の確保や電力会社と自治体の連携などが進んでいる。(2020/9/9)

ロボット:
自律走行ロボで病院業務のDX、大成建設らが名大附属病院で実証
大成建設は、ICTを活用した効率的な運用を行う次世代型病院「スマートホスピタル構想」の実現に向け、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター、モノプラスの協力を受けて、自律走行型の多目的ロボットを導入した病院運用システムの検証を名大附属病院で進める。病院運用システムが実用化すれば、病院スタッフの業務負担が軽減されるだけでなく、入院患者の容態急変などへの迅速な緊急対応、さらに感染症予防にもつながるという。(2020/9/8)

「膝蓋骨骨折」のLiLiCo、車椅子に乗った姿を初公開 手術後は食欲なく6キロ減
懸命なリハビリを続けています。(2020/9/6)

意味がわかると怖い話:「悪魔への願い」
悪魔に願ったのは、憎い男の死。(2020/9/9)

「陣痛5〜6時間に20回嘔吐」 菊地亜美、30時間出産での壮絶体験にファン「私だったら耐えられない」
陣痛の痛みはレベル1万、出産時はその100億倍だと証言。(2020/9/2)

高橋幸宏、脳腫瘍の摘出手術を告白 初夏に“断続的な頭痛”、手術当日にツイートも「今日は13日、緊張の日」
手術は成功し、後遺症もないとのこと。(2020/8/31)

「マッチョが細マッチョになって帰ってきました」 藤本美貴、夫・庄司智春の退院を“幸せ家族ショット”で報告
しばらくは細マッチョのまま安静にしてください。(2020/8/30)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

『キミオアライブ』作者、漫画家の恵口公生さんが8月19日に23歳で死去 ネットでは“若すぎる死”を悼む声が上がる
『月刊少年マガジン』で連載中の訃報でした。(2020/8/29)

つるの剛士、新型コロナ感染で入院 PCR検査で1度は陰性も、再検査で陽性判明
これがあるから怖い。(2020/8/27)

「ボロボロの体にこんな追い討ち」 川田裕美、出産後の胸の痛みを告白 授乳も難しく0歳息子に「泣かせちゃってごめん」
同じ体験をした人たちから多くの励ましが寄せられています。(2020/8/25)

「便利すぎる」──政府の接触確認アプリを補完する3密チェッカー、19歳学生が2週間で開発 「バグと試験が重なって大変だった」
自分がどれくらい“3密”の状態にいるかを判定するスマホアプリがある。19歳の学生が2週間で開発したという。ネットでは「周囲のCOCOAインストール数が分かるのすごい」「よくできている」と評価する声もある。開発者にアプリを作成した意図や経緯を聞いた。(2020/8/25)

藤本美貴、夫・庄司智春が退院できず「寂しい毎日」 3人育児に心配の声あがる
早くよくなりますように。(2020/8/25)

KDDIら、ネット依存外来の患者を通じた「スマホ依存」の共同研究を開始
KDDI、KDDI総合研究所、東京医科歯科大学は、ネット依存外来の患者に対する実態調査を通じて「スマホ依存」の調査と解明を行う共同研究を開始。ヒアリングと客観的な各種ログデータを組み合わせ、治療効果の検証などへの活用を目指す。(2020/8/25)

二次元は現実を生き抜くための伴侶である――『テニスの王子様』に人生を救われた人の漫画が教えてくれること
テニスの王子様たちが、いつも私を助けてくれた。(2020/8/24)

太陽生命、新型コロナへの保障手厚くした新商品
 太陽生命保険は18日、新型コロナウイルスに感染した場合にかかるさまざまな費用を保障する個人向け保険を9月に発売すると発表した。新型コロナに関する保障に厚みを持たせることで、感染再拡大への不安を和らげる狙いだ。既存の入院保険と組み合わせて加入する必要がある。新型コロナの治療で入院した場合や死亡した場合に一時金として、従来の2倍の最大40万円を受け取れる。保険金は入院にかかる諸費用のほか、休業に伴う収入減の補填(ほてん)として使うことができる。(2020/8/19)

意味がわかると怖い話:「いないはずの男の子」
忘れていたあのころの記憶。(2020/8/16)

「助けを求めたくても声が出ない……」LiLiCo、転倒し膝を骨折 声帯の手術を受けた翌日に負傷
声が出せないので、救急隊員への説明が大変だったと明かしています。(2020/8/14)

小木博明、ステージ1の腎細胞がんを公表 担当医師「今年(検査)受けなかったら死んでたかも」
小木さんの完治を願っています。(2020/8/14)

浜野謙太、椎骨動脈解離で2週間入院していた 「現場スケジュールひっくり返してもらい…」と突然の病か
無理しないで……。(2020/8/13)

憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
原作者がゲーム会社に勤務していたときの話が基になっているそうです。こわっ。(2020/8/13)

Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第4回】
医療機関が新型コロナ感染者数予測で実現した「データドリブン医療」とは?
新型コロナウイルス感染症の感染者数を予測するデータモデルを開発した、米国の学術医療センターCleveland Clinic。同施設がデータモデルに基づいて構築した医療体制とはどのようなものなのか。その成果は。(2020/8/11)

深夜に止まらない物音と人の気配、金縛り…… 「ハイスコアガール」押切蓮介の怖い体験漫画にゾワーッ
ガチのやつー……。(2020/8/10)

笠井信輔アナ、退院後初のアナウンス室で集合ショット 現場にも完全復帰「やはり心躍りました」
闘病期間を経て現場復帰した笠井さん。(2020/8/9)

飼い主さん帰宅 → 猫「ナデナデ……ナデナデシテーッ!」 かまってほしい猫ちゃんの行動にキュン死する人が続出
アピールポーズも鳴き声もかわいい!(2020/8/5)

「妻は発達障害なんじゃ?」妻と離婚寸前の相談者、それでもモラハラの自覚がない 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
ちゃんとしたしゃべり方に反して、とにかく的外れな受け答えが印象的。(2020/8/3)

横浜流星、主演舞台「巌流島」公演中止にコメント発表 「僕に大きな責任があります」と自責の念に苛まれる
横浜さん「またこのチームで“巌流島”が出来ることを信じて」(2020/8/1)

「やっとテレビ局に行ってもいいのだ!」 笠井アナ、医師からの“全ての仕事許可”に喜び
本当におめでとうございます!(2020/7/31)

コロナ禍でFAX・Excelから脱却 感染者データをクラウドで管理 ITで変わる自治体の今
役所では、紙とファクスを使った情報共有などの文化が根強く残っている。だが、新型コロナウイルスの感染が拡大し、地方自治体にもスピード感ある情報共有が求められるようになった。この状況に対応するため、クラウドを活用する自治体も現れつつある。その活用法はどんなものか。(2020/7/31)

コロナ感染の横浜流星、退院を報告 ファンから「どうか自分を責めないで」と気遣う声
よかった……!(2020/7/30)

「入院生活で出会った欅坂46に救われた」 楽曲やメンバーモチーフの和菓子を創作し続ける和菓子職人を取材
あきらめようと考えた職人の道、偶然出会ったMVが1人の和菓子職人を救った。(2020/7/26)

中村獅童、生後1カ月の次男を世話する長男に「距離が縮まってきました」 “兄弟愛” 感じるほっこり2ショット
お兄ちゃんしてる!(2020/7/26)

赤ちゃんが家にやってきたら、猫たちは……? 赤ちゃんの成長を見守る猫たちの漫画に心温まる
1歳の娘さんと猫たちの不思議な交流。(2020/7/25)

「呪われた日」 間瀬翔太、“2年連続で死にかけた7月23日”を振り返る 2020年は脳波検査で入院
平穏な日々が送れますように……。(2020/7/23)

地元も複雑:
「GoTo」人気観光地で医療崩壊危機! 「ウエルカム」とも「来ないで」とも言えず
22日から政府の観光支援事業「Go To トラベル」が始まる。対象から除外された東京都発着の旅行について、政府が一転してキャンセル料を補償するなど混乱したが、スタート後も注意が必要だ。(2020/7/22)

【うっかりおうちで死にかけた】忙し過ぎてトイレに行かなかったら、真夏に猛烈な寒気を感じて意識がなくなった……というお話
病名は「腎盂腎炎(じんうじんえん)からの敗血症」だったそうです。(2020/8/18)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

横浜流星、新型コロナ陽性と所属事務所が発表 主演舞台「巌流島」の稽古から帰宅中に倦怠感
心配だ……。(2020/7/21)

総監督・向井地美音、48グループ初のコロナ陽性でさらなる対策を約束 「誰もがかかりうる病気なんだということを強く認識しました」
4月以降メンバー・関係者との接触はほぼなし。(2020/7/21)

NEC、済生会中央病院ら、オンライン診療システムの実証実験 「診察予約、診察、会計、処方せん発行」を効率化
NECと東京都済生会中央病院、済生会熊本病院は、次世代のオンライン診療実現に向けた実証実験を始める。新たな病院情報システムとしてオンライン診療と電子カルテを連動し、診察予約や診察、会計、処方せん送付などの流れを一元管理し、医療業務を効率化する。(2020/7/21)

猫のおしっこには熱湯が効果的!? 身近なモノでニオイを解消する漫画が役に立つ
家にあるもので対処できます。(2020/7/18)

医療のデータ分析が難しい理由【前編】
コロナ禍で浮かび上がる「医療機関がデータを生かせない理由」
新型コロナウイルス感染症の危機に伴うサプライチェーンの崩壊によって、医療業界は物資不足に苦しんでいる。データ分析によって問題を解決できる可能性があるが、ハードルは小さくない。(2020/7/13)

中村獅童、妻の退院を報告 5日ぶりに再会した長男とのハグに「親子愛〜」の声
小さい子にとって5日は長い。(2020/7/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。