ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「主婦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

洗剤「一週間程度ほっといても大丈夫です」  忙しい主婦に寄りそう“イケメン洗剤”に2万いいね メーカーに開発経緯を聞いた
なんというイケメン……!(2022/5/9)

主婦に聞いた:
値上げしてほしくないもの 3位「小麦・バター」、2位「ガソリン」、1位は?
主婦の友社は、「暮らしニスタ」ユーザーである全国の30〜50代の既婚主婦に、「値上げに関するアンケート」調査を実施した。値上げしてほしくないもの1位は「電気料金」だった。(2022/4/9)

4割以上の主婦が「夫は家事に協力的」と回答:
夫が担当している家事、2位は「買い物」 1位は?
主婦を対象に家事に関する調査を実施した。4割以上の主婦が「夫は家事に協力的」と回答した。夫が担当する家事の2位は「買い物」、1位は?(2022/4/9)

【主婦あるある】夕方になると異常にだるい、寝る直前にやるべきことを思い出す…… 2児ママが描く日常漫画に共感集まる
思い当たる節がありすぎる。(2022/2/9)

「尊敬しかない」「本当に偉大なママ」 辻希美、巨大魚をさばく“鉄人主婦”ぶりに感嘆の声
偉すぎます。(2022/2/7)

宅食サービスを充実:
ワタミ、子ども向けミールキットを発表 主婦層の負担を軽減
ワタミが子ども向けミールキットで新ブランド発表した。短時間で調理できるようにしている。子育て層の社会進出を支援する。(2022/2/1)

【漫画】「いい買い物できた!」と喜ぶママだったが…… 家族のものばかり買ってしまう“主婦あるある”がせつない
分かる。(2022/1/8)

自転車で赤切符!? 信号は青だったのに!? 警察官に呼び止められた主婦の体験談がTwitterで話題に
意外と知らない人も多いのかも。(2021/11/23)

夫に内緒で……40歳専業主婦の約1割が一度に「10万円以上」使ったことがあると回答
 SheepDog(東京都品川区)は、運営するITツール比較サイト「STRATE」にて、専業主婦を対象に「夫に内緒で利用したお金に関するアンケート」を実施した。(2021/11/11)

イノベーションのレシピ:
ドンキのPB家電メーカーが開発、主婦目線で作った水拭き掃除機と2色鍋
ドン・キホーテのプライベートブランド製品などを開発するアズマは2021年10月29日、在宅勤務増加に伴う主婦層の悩みや課題を解決する新ブランドを発表した。水拭き掃除ができるコードレスモップクリーナー「Water CyCleaner」と、仕切り付きの「2食おやこ電気なべ」をそれぞれ発売する。(2021/11/4)

300人に調査:
若い専業主婦の25%が夫の給料を知らない 不満がある人の割合は?
20〜30代専業主婦の25%が夫の給料を知らない。ITツール比較サイトを運営するSheepDog(東京都品川区)が調査して分かった。不満がある人の割合は?(2021/10/26)

主婦500人に調査:
主婦の「お小遣い」金額、専業主婦とそうでない人でどう違う?
タンタカの調査によると、主婦が自由に使える「お小遣い」金額の1位は、1カ月当たり1万〜3万円未満だった。専業主婦とそうでない人で差はあるのだろうか。(2021/9/19)

主婦対象のDXに関する調査:
主婦の約4分の1が「DX人材になりたい」と回答 なぜ?
主婦層を対象にした「DXと人材」の調査から主婦の約4分の1が「DX人材になりたい」と回答していることが分かった。一見、主婦とDXは関係がなさそうに見えるが、なぜなのだろうか?(2021/8/27)

コロナの影響はあるのか:
図書館で一番本を借りている職業は「専業主婦、主夫」 特に読まれているジャンルは?
プラネットは、「図書館利用に関する意識調査」を実施した。図書館を利用する目的と職業による差はあるのか、図書館を利用する目的やどんな本を必要として来ているのかなどを調査した。(2021/8/26)

目指すは上場:
育児中の主婦が立ち上げた「子ども向け英語スクール」は年商7000万円に成長 教育ビジネスの勝ち組に「異色の戦い方」を聞いた
今、ひそかに注目を集める、子ども向け英語スクールがある。SUNNY BUNNY Language Educationは、もともと2006年に当時2歳の娘を育てていた羽織愛氏が立ち上げた親子英語サークルが母体だ。設立7年で年商は7000万円、売り上げを伸ばし続ける教育ビジネスの勝ち組だ。大手企業も進出する教育ビジネスの中で、どのような戦略を実行してきたのか。代表の羽織氏に聞いた。(2021/8/23)

4分の1世帯はボーナス減:
配偶者の夏ボーナス「満額支給された」は36.1%、使い道の1位は?
「しゅふJOB」を運営するビースタイル メディアは、求職中の主婦層を対象に「2021年夏のボーナス」について調査。配偶者の夏のボーナスが「満額支給された(される予定)」と回答した人は36.1%で、前回調査の28.8%を7.3ポイント上回った。(2021/7/28)

ビジネスSNS「LinkedIn」 職歴に「主婦・主夫」追加 「復職を応援」
ビジネスSNS「LinkedIn」で、ユーザーの職歴欄に「主婦・主夫」を登録できるようになった。(2021/6/10)

専業主婦は「働いてる」とは言わないの? 葛藤する主婦が夫の言葉に力づけられた漫画がステキ
みんなそれぞれ責任と役割を担っている。(2021/5/30)

「池にダンナ捨てなよ!」モラハラ夫に悩む主婦と友達のギャルの漫画がまさかの展開 「スカッとした」と話題
クズ男に負けるなー!(2021/5/21)

2021年の世帯年収、平均「107万円」減りそう 働く主婦のアンケート調査
「世帯年収の変化」をテーマにしたアンケート調査を働く主婦618人を対象に実施。結果は?(2021/1/29)

クレーマーを育成:
経営陣は正念場! 「マルちゃん正麺PRマンガ」炎上への正しい対応
マルちゃん正麺をPRするマンガがTwitterで公開されたところ、女性差別、家事をするのは主婦と決めつけたといった批判投稿が寄せられた。このような批判意見に、会社はどう対応すべきか。(2020/11/17)

これは家事あるある だしパックと間違えて麦茶パックでみそ汁を作ってしまった漫画に「同じことやった」の声
まるで何事もなかったかのように対処するのも主婦のワザ。(2020/11/12)

リモートワークで副業:
ヤフー「副業人材」104人の活用開始 10歳から80歳まで
ヤフーは10月28日、副業として働く人材104人との業務を開始したと発表した。同社は7月から副業人材の募集を行っており、4500人以上の応募があったという。年齢は最年少が10歳、最年長が80歳。職業は会社員の他、医師、芸人、漫画家、主婦など幅広い層の人材を選んだ。(2020/10/28)

武田総務大臣、10月8日に携帯利用者と意見交換会を開催 ただし非公開
総務省は、10月8日に「武田総務大臣と携帯電話利用者との意見交換会」を開催。しんぐるまざあず・ふぉーらむ、主婦連合会、老テク研究会、全国消費生活相談員協会、クラウドソーシング協会が参加する。(2020/10/6)

矢沢心、ひどい手荒れ“主婦湿疹”の苦悩を告白 「家事をやめることは出来ない」「手はカサカサです」
同じ悩みを抱える人が本当に多い。(2020/10/5)

ハッシュタグ「ジブリで学ぶ主婦業」が大盛況 『千と千尋』や『ゲド戦記』の名場面が育児あるあるに見えてくる
(2020/9/23)

その姿、まるで「こなれた主婦」 0歳の妹をお世話する3歳姉の漫画にほっこりが止まらない
お母さんの真似をしてお世話してくれるそうです。(2020/8/13)

「予算1日1000円」のルールで晩ご飯づくり 高1の息子がカリスマ主婦のような料理を作れるようになるまでの記録
すばらしい成長力です。(2020/7/1)

今日のリサーチ:
主婦の約7割が「チラシ少ない」と感じる――ONE COMPATH調査
主婦の3人に2人が、チラシが少ないと感じているようです。(2020/6/17)

今日のリサーチ:
コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。(2020/5/28)

「お家 バージョン2.2.1 おやつBOXが実装されました」 自宅のアップデート情報を夫に送る主婦がユニーク
「キッチンのツール配置を変更しました」(2020/5/22)

「首を長ーくして待っててください!」 デビュー20周年の元モー娘。石川梨華、変わらぬ美ぼうで復帰の可能性を示唆
今は育児に主婦業に日々奮闘中のチャーミー石川さん。(2020/5/18)

今日のリサーチ:
新型コロナによる自粛で最もストレスが増加しているのは専業主婦――ブレインパッド調べ
主婦/主夫の36%が今の自粛生活を続けられるのは「今後2週間まで」と回答しています。(2020/5/13)

「子持ちの専業主婦ってなんでそんな忙しいの?」を説明した漫画にママたちから「わかる」と共感の嵐
トイレに行きたい時に行けないことも。(2020/2/14)

イノベーター列伝:
「老舗だからこそ進化が必要」――銀座テーラーグループ代表取締役社長 鰐渕美恵子氏
主婦業しかやってこなかった自分に何ができるのだろう――40代で入社し、経営者になって19年。AIの時代に目指すこととは。(2019/5/30)

1000人に聞いた:
GWの10連休は「うれしくない」? 働く主婦の本音
主婦向け人材サービス「しゅふJOB」がゴールデンウイークの10連休について、働く主婦1000人にアンケート調査を実施した。その結果は?(2019/4/12)

『通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー』書籍化 主婦や店員にも助言する優しい世界
ギャップ萌えで人気の漫画がついに書籍化(2019/2/22)

子どもの「居場所確認」と「病院の予約」にニーズあり 子育て世代の母親がIoTに求めることは?
MMD研究所が自社で行った調査をもとにしたコラム「子育て世代(30-40代)の母親の育児をIoTで支えるために必要なことは?」を公開。IoTで育児や子育てに取り入れたいことは、働く母は「子どもの病院の予約」、専業主婦は「子どもの居場所確認」がともに高く、安全確認を非常に気にかけていることがわかった。(2019/2/20)

社会が追いついていない:
働く主婦が2018年を振り返る 約7割は「女性が働きやすくなった実感なし」
2018年、女性が働きやすくなった実感はない……?ビースタイルがこのほど、「働く女性の2018年」をテーマに実施した調査結果を発表。18年を振り返り「女性が働きやすくなった実感がない」と回答した人は66.7%に上った。(2018/12/29)

スピン経済の歩き方:
「専業主婦バッシング」が、日本社会のブラック化につながってしまう理由
朝の情報番組『スッキリ』で、MCの加藤浩次さんが「専業主婦であることに罪悪感なんて持たなくてもいい」とコメントしたところ、ちょっとした騒動に。労働者不足や働く女性が増えたこともあって、専業主婦に対するバッシングが厳しくなっているが、筆者の窪田氏はこうした風潮に違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/12/18)

仕事の話は争いの種になる場合も:
働く主婦の7割は夫に「仕事の話をしたい」 一方で「話すな」「辞めれば」と言われて相談できない人も
夫婦で仕事について話したい? 主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルが働く主婦を対象に夫婦の会話に関する調査を行った結果は……(2018/11/19)

NHKドラマ「炎上弁護人」 “ネット炎上”に立ち向かう弁護士と炎上した主婦の物語
「フェイクニュース」を正面から扱うドラマを10月に放送し、話題を集めたNHKから、“ネットの闇”をテーマにしたドラマがまた放送される。12月15日にNHK総合で放送予定の「炎上弁護人」だ。(2018/11/16)

全体の6割:
専業主婦であることに「罪悪感」? 「何の存在意義もないと感じる」「夫にばかり経済的負担が」……
主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルがこのほど、「専業主婦であることに対する罪悪感」についての調査結果を発表。専業主婦・主夫であることに罪悪感を覚えたことがあった人は全体で56.6%いることが分かった。(2018/11/2)

家事や育児をがんばりすぎて自滅寸前――人に頼れない主婦が夫に「“何もしない日”をもらった話」がホッとする
お母さんにも、休みは必要。(2018/8/18)

「今日からは普通の主婦として」 小林麻耶が芸能界引退を発表 “ワクワク”が止まらない胸中を明かす
ブログ継続はうれしい。(2018/8/4)

ZOZOTOWN、トップページを“しまむら仕様”に模様替え
主婦やファミリー層向けにリーズナブルな価格で衣類を販売するブランド「ファッションセンターしまむら」が通販サイト「ZOZOTOWN」に出店。しまむらの通販サイトは初。(2018/7/9)

「主婦獲得の成否」が立地選択の決め手に:
郊外で激化する「ママ人材」獲得競争 人手不足対策に大和ハウスが“次の一手”
深刻な人手不足から、関東圏の郊外では「ママ人材」の奪い合いが起きている。テナント企業が主婦層を採用しやすくするために、大和ハウス工業が仕掛けた“次の一手”とは――。(2018/7/9)

「主婦は見た!」漫画 浮気を疑う妻がのぞき見した夫の本性とは?
結婚しても、なかなか見えないパートナーの本音。(2018/6/18)

「もう2度とベビースター食わせない」 秀逸すぎるハッシュタグ「名画で学ぶ主婦業」に共感殺到
心の叫びが集まっていく……。(2018/5/7)

主婦連、NTTのブロッキング実施方針に抗議文 「利用者の通信の秘密を侵害」「消費者団体訴訟も辞さない」
NTTグループ4社は、海賊版3サイトへのブロッキングを実施する方針を発表していました。(2018/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。