ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  N

「NHK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

医療機器ニュース:
カメラヘッドを小型化した医療用8K解像度カメラを開発
池上通信機とNHKエンジニアリングシステムは、アスペクト比を1:1とするスクエアイメージング技術と、有効対角長8.8mmの小型センサーを搭載した医療用8K解像度カメラ「MKC-820NP」を共同開発した。(2019/6/13)

夢のような:
チコちゃんが画面から飛び出す? NHK放送技研で次世代展
人気番組のキャラクターや出演者がテレビから飛び出してきたら、離れた場所にいる仲間たちと好きな番組を楽しめたなら――。子供の頃に思い描いた夢のようなシチュエーションに、技術が追いついてきつつある。(2019/6/11)

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回
ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。(2019/6/10)

NHK問題、なにが軸なのか
放送法の改正により、NHKテレビ放送の常時同時配信が認められた。これが意味するのは何か? 考えてみた。(2019/6/7)

技研公開2019:
白黒映像をAIで自動着色 NHKの技術を記者が体験
NHK技研が「技研公開2019」で白黒映像を自動でカラー化するAIを展示している。(2019/5/30)

技研公開2019:
ニュース原稿に特化した日英翻訳AI 約50万対の学習データを手作業で NHKが開発
NHK放送技術研究所はAIを活用した日英翻訳システムを公開した。(2019/5/30)

NHK番組で“レンタル家族”事業者がやらせ スタッフに利用客演じさせる
NHKは番組制作過程でスタッフが出演者の問題に気付けなかったとして、謝罪しています。(2019/5/29)

技研公開2019:
ラジオの気象番組、AIで原稿作成から読み上げまで完結 NHKが公開
NHK放送技術研究所が「技研公開2019」で、AIの活用でラジオの気象予報番組を自動作成する技術を披露した。(2019/5/28)

瀬戸康史「デジタル・タトゥー」は匿名の悪をどう描く? ユーチューバー、Vチューバー、匿名ブロガー……NHKが迫る“ネット世界の現在”
高橋克実&八嶋智人懐かしのトリビアコンビも登場、8へぇ。(2019/5/25)

NHK「クローズアップ現代+」で「水増しインフルエンサー」特集 フォロワー数売買の実態に迫る
放送にあわせて、専用掲示板で意見を求めています。(2019/5/21)

KDDIとNHK、一緒にテレビを見て雑談できるロボットを開発 ロボットとともにテレビを楽しむ時代へ
NHK技研の「テレビ視聴ロボット」に、KDDI総合研究所の「雑談対話型AI」を搭載。(2019/5/20)

「攻めてんな〜NHK」「テレビ東京だと思った」 実写ドラマ「聖☆おにいさん」、NHKでの地上波初放送決定にファン驚き
“安息日”に視聴すべし。(2019/5/20)

NHKドキュメンタリー番組で「世界最大級のネット炎上」放送 唐澤貴洋弁護士をゲストに迎え炎上を追体験
ネット上で有名な“炎上”を取り上げます。(2019/5/17)

NHK「みんなで筋肉体操」が出演者を募集中 「★筋肉募集★」というマッチョな求人文言も
武田真治さんや小林航太さんなどと一緒に黙々と筋肉を動かすチャンス……!(2019/5/13)

『映像研には手を出すな!』が湯浅政明監督によりテレビアニメ化! 浅草氏が動くティーザーPVが公開
アニメーション制作は「サイエンスSARU」。NHK 総合テレビで放送されます。(2019/5/8)

NHKが「ゴールデンウィーク」という言葉を使わない理由
なんで「大型連休」って言い換えるの?(2019/5/1)

「みんなのアイドル」「超絶かわいい」 高田夏帆、NHK「昆虫すごいぜ!」の“子カマキリ”役に絶賛の声
カマキリ姿でもみんなのアイドル!(2019/4/27)

「NHK総合ドキュメント72時間」で「レンタルなんもしない人」に密着 4月26日放送
気になる依頼人たちや当日のやり取りを取材しています。(2019/4/24)

AIを使うには“疑う力”が欠かせない データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」に望むこと
日本が直面する社会問題について、AI(人工知能)はどのような提言をしたのか――NHK総合の番組「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」について、データサイエンティストの松本健太郎氏が気になる点を解説する。(2019/4/18)

NHKが「なつぞら」オープニングアニメを全編公開 スタッフクレジットなし版
これはうれしい。(2019/4/17)

「壁ドン」は知ってるけど「肩ズン」「耳つぶ」「NHK」って何? 分からない人には全く分からない“恋愛用語”
「壁ドン」「床ドン」あたりは別の意味が浮かんでしまう……。(2019/4/13)

「生きてるから何だって出来る」 仮面女子・猪狩ともか、“事故からの1年”を回顧する姿がファンの心打つ
4月からはNHKの番組にレギュラー出演。(2019/4/12)

NHK基礎英語が異世界転生ラノベに!? 「女子中学生がドラゴンから王子を救う」物語の狙いをNHK出版に聞いた
この英語なら、吾輩の脳を浸食する隙があるというものよ。(2019/4/6)

令和早々の大盤振る舞い、NHK-FM「今日は一日“ガンダム”三昧」が来るぞ!
5月2日放送、ガンダムサウンドを聴きまくる8時間半の長丁場。(2019/4/3)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

NHK「ガンダム誕生秘話」3月30日放送 富野由悠季・安彦良和・大河原邦男らが制作当時の過酷な環境語る
声優陣も、アムロ・シャア・ララァがそろっての参加。【更新】(2019/3/24)

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 NHKの人気キャラ「チコちゃん」になれるボイスチェンジャー玩具が発売
いろいろな楽しみ方ができそう。(2019/3/23)

「radiko」のNHKラジオが4月から正式サービスに 「NHKラジオ第1」「NHK-FM」を全国47都道府県で配信
これはうれしい。(2019/3/23)

Eテレ特番「平成ネット史(仮)」が今度はラジオで NHKラジオ第一で3月21日21時5分から
テレビ版でナレーターを務めた緒方恵美さんが、今回はゲストとして出演。(2019/3/19)

「平成ネット史」ラジオ版、21日放送へ 「侍魂」健さんやNiantic川島さんなど出演
「平成ネット史(仮)」のラジオ版「ラジオで平成ネット史(仮)」が3月21日、NHKラジオ第1で生放送される。リスナーとともにインターネットの思い出などを語り合う内容で、「侍魂」管理人の健さん、Nianticの川島優志さんなどをゲストに迎える。(2019/3/19)

ワンセグ携帯にもNHK受信料の支払い義務 最高裁で確定
ワンセグ付きの携帯電話を所有しているだけで、NHKに受信料を支払う義務が生じる旨の判決が、最高裁で下された。ワンセグ付きの携帯電話を選ぶ際は注意が必要。なお、iPhoneはワンセグを搭載していない。(2019/3/14)

ワンセグ受信料「契約義務ある」 NHKの勝訴が確定 最高裁
テレビを視聴できるワンセグ機能付きの携帯電話を持つとNHKと受信料契約を結ばなければならないかどうかが争われた2件の訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は、契約義務はないと訴えた原告側の上告をいずれも退ける決定をした。契約義務があるとしたNHK勝訴の2審東京高裁判決が確定した。(2019/3/14)

「いだてん」公式サイトからピエール瀧容疑者の写真が削除 NHK「逮捕を受けて」「対応は検討中」
主人公にランニング用の足袋を提供する役柄で出演。(2019/3/13)

NHKのAIアナ「ニュースのヨミ子」が北大の技術で川柳に挑戦 当日話題のニュースをお題に1句
ヨミ子の川柳は3月13日の「チェック11」で初のお披露目。4月からは「シブ5時」に移籍します。(2019/3/12)

バーチャルアナのヨミ子さん、ニュースをお題に一句詠む サラリーマンの川柳学び
NHKが開発したバーチャルアナウンサー「ニュースのヨミ子」さんが川柳にチャレンジする。3月13日の「ニュースチェック11」で初披露。(2019/3/12)

NHKさんがまたやった! 「全マクロス大投票」がスタート、今回も頑張りすぎな網羅率
柿崎・おぼえていますか。(2019/3/1)

「筋肉は裏切らない」誕生秘話 谷本道哉近大准教授(上)
昨年8月にNHKで放送された「みんなで筋肉体操」。番組でのメニューを監修したのが近畿大生物理工学部の谷本道哉准教授(46)。話題を呼んだ番組作りの裏には、筋トレに魅せられ、研究と自身の体を鍛え上げる中で築いた、筋トレへの情熱とある信念があった。(2019/2/26)

グローバルに広がる「やってみなはれ」 120周年のサントリー
平成26年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、主人公に国産初の本格的ウイスキー造りを指示した「鴨居商店」社長の口癖は「やってみなはれ」。(2019/2/22)

鳥井商店の創業者:
120周年のサントリー グローバルに広がる「やってみなはれ」
平成26(2014)年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、主人公に国産初の本格的ウイスキー造りを指示した「鴨居(かもい)商店」社長の口癖は「やってみなはれ」。モデルは鳥井商店(後のサントリー)の創業者、鳥井信治郎(1879〜1962年)だ。その生涯を描いた伊集院静氏の小説「琥珀(こはく)の夢」も昨年にテレビドラマ化されるなど、創業120周年を迎えた今、彼のチャレンジ精神は改めてサントリーグループ社員らを鼓舞している。(栗川喜典)(2019/2/22)

「はやぶさ2」着陸、NHKが「宇宙データ中継」 データ基にCG映像化、ほぼリアルタイムで
22日朝に行われる「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへのタッチダウン(着陸)の様子を、NHKがほぼリアルタイムにCG映像化し、Webサイトで公開する。「世界に類を見ない“宇宙データ中継”」になるとしている。(2019/2/21)

高校野球中継にもAI “人手不足”のNHK地方放送局が考えたAI活用法
「第48回 番組技術展」でNHKの地方局が取り組んでいるAI(人工知能)活用事例が紹介されている。放送用に撮影した動画からSNSに使うダイジェスト版を自動作成するシステムなど現場作業の省力化を目的にしたものが多い。(2019/2/13)

“特撮オタク”描くドラマ「トクサツガガガ」 主役の小芝風花、すっかり特撮ファンに
“特撮オタク”を描き話題のドラマ「トクサツガガガ」(NHK総合金曜午後10時)。主役の仲村叶を演じている女優、小芝風花(21)も、すっかり特撮ファンになってしまったとか。(2019/2/13)

NHKの“新人AIアナ”は、「情報を取捨選択し、放送時間ぴったりに収める」
NHKが「新人AIアナウンサー」を開発している。NHKのアナウンサーの声から作られたAIアナで、人間のアナウンサーのように情報を取捨選択し、放送時間ぴったりの長さに収めるという。(2019/2/8)

NHK、CDN事業者に出資「急いで検討」 新年度からTVer参加へ
NHKの上田良一会長は7日の定例会見で、CDN事業者への出資について、「NHKとしては民放との二元体制を維持しながら、検討していることのひとつ」との認識を改めて示した。(2019/2/8)

NHK「クロ現」消滅危機……視聴率低迷で週3回放送に縮小、問われる矜持
NHKの看板報道番組「クローズアップ現代+(プラス)」が4月から週4回(月〜木曜)から週3回(火〜木曜)に縮小されることになった。しかし、実際は番組自体が存続の危機に瀕しており、状況によっては、秋にも消滅のおそれがあるというのだ。(2019/2/8)

NHK、テレビとネット常時同時配信に「年50億円」 上田会長が明かす
NHKの上田良一会長は25日、産経新聞などのインタビューに応じ、テレビと同じ番組をインターネットでも流す「常時同時配信」について、本格的な運用を始めた場合にかかる費用を「年50億円前後と試算している」と明らかにした。この試算には権利処理などにかかる費用は含まれないという。(2019/1/28)

NHKの“闇キャラ”高瀬アナ、今度はガンダムで自虐……
 NHKきっての“闇キャラ”である「おはよう日本」キャスターの高瀬耕造アナ(43)。22日には、人気アニメ「機動戦士ガンダム」をめぐって、自虐ネタを披露した。(2019/1/25)

ピタゴラ装置は「装置合宿」で作る……ピタゴラスイッチの謎、「ユーフラテス」に聞く
NHKEテレの人気番組「ピタゴラスイッチ」。ピタゴラ装置はどうやって作っているのかなど、気になることを制作会社のユーフラテスに聞いた。(2019/1/24)

今日のリサーチ:
第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も注視されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。(2019/1/18)

あの“ノッポさん”と“ゴン太くん”がゾンビになって29年ぶり復活!? NHKが狂気の「できるかな」動画公開
ドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」は1月19日(土)スタートです。(2019/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。