ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ことわざ・慣用句」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ことわざ・慣用句」に関する情報が集まったページです。

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DXが進む企業には、失敗を恐れない文化がある
調査によると、DXを積極的に推進する企業は「失敗を恐れない文化」との回答が、デジタル化に苦しんでいる未推進企業と比べて約6倍多いことが分かりました。縦割り組織にありがちな古い文化や意識を改善し、DXプロジェクトを成功させるコツを探ります。(2021/4/7)

「猫は執念深いのだ」 “猫に七代たたられた”一族の末路を描いた4コマがかわいい
これが本当の宇宙猫。(2021/3/21)

「あーっ、お猫さまそれは困ります」 飼い主を熱烈になめて起こす“ペロリスト”な猫たちの漫画がかわいい
痛くたってなめられたい。(2021/2/26)

Citrix Overseas Report:
サイバー攻撃リスクは高く、現場に余裕はない――苦しい医療機関のためのセキュリティ「5つの見直し」と「4つの対策」
医療の現場が大きな負担と緊張にさらされる一方、患者のデータや治療情報といったセンシティブなデータは、残念ながら多くのサイバー攻撃者にとって格好の“的”でもあります。セキュリティのレベルは強化しなければならないけれど、とても人を割く余裕がない――。そんな現場でも今からできる対策を取り上げました。(2021/2/15)

「怖いくらい神秘的」「なにこれ神々しい…」 富士山に巨大な笠雲が降臨
迫力すごい。(2021/2/3)

石野純也のMobile Eye:
異例の新プランを発表した楽天モバイル 解約率は下がるも、収益性を上げられるか
楽天モバイルの新料金プランは、段階制を導入することで、20GB以下と3GB以下の料金を低廉化。さらに1GB以下の場合、料金を無料にするという大胆な手を打った。大手3社のオンライン専用料金プランに対抗した格好で段階制を導入することで、小容量と中容量のプランにフィットするユーザーの負担感を軽減するのが狙いだ。(2021/1/30)

フツーの格好で大統領就任式にやってきたバーニー・サンダース、俳優らによるコラ画像作成が捗る
「SATC」続編で不在の「4人目のキャラクター」にも。(2021/1/22)

和室の壁にこびとの「床の間」が……!? 夢のある世界観を手作りしたミニチュア作品がワクワクする
気になることわざ(?)の書かれた掛け軸をめくると……?(2021/1/15)

今日のリサーチ:
コロナ禍で売れなかったものランキング「口紅」「酔い止め」などが上位に――インテージ調査
ぜんぶコロナのせいだ。(2020/12/14)

3密回避が浸透:
今年の漢字は「密」 新型コロナの1年、「家」「滅」「鬼」なども上位
日本漢字能力検定協会が1年の世相を表す「今年の漢字」を発表し、「密」が選ばれた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、密となる行動を避けたほか、人との関係が密接になったことなどを理由に、多くの票が集まった。(2020/12/14)

「元気な虫酸です」 “虫酸が走る”を具現化したラジコンがさっそうと走り抜け10万件に迫るいいねを集める
スイーッ。(2020/11/18)

モバイルディスプレイのすゝめ:
まだテレワークで消耗している? よろしい、よみうりランド「アミューズメントワーケーション」の出番だ
旅先でバカンスしながら仕事もこなす「ワーケーション」だが、都会にある遊園地の「よみうりランド」が新たな提案をスタートさせた。早速、モバイルディスプレイを片手に乗り込んでみた。(2020/10/23)

カップの中で軍艦が荒波を乗り越える! 職人技の光る小さなジオラマがまさに「カップの中の嵐」
広大な海をカップで切り取ったような。(2020/10/22)

【あなたの親のウソ教えてください】子どものころ「自分はナメック星人みたいに誕生した」と信じていた理由
知る順番。(2020/10/30)

VMworld 2020に見るVMwareの大きな変化(2):
Kubernetes創始者の1人、ジョー・ベダ氏に聞いた「Kubernetesとエンタープライズビジネスの関係」
Kubernetesプロジェクトの創始者の1人として知られるジョー・ベダ氏は今、オープンソースプロジェクトと企業向けビジネスの関係をどう考えているのか。また、Kubernetes製品としての差別化を、どう進めているのか。同氏に直接聞いた。(2020/10/12)

みんな、ボーイズラブの名門レーベル「onBLUEコミックス」が半額だぞ 商業BLオタクが選ぶ「名作8作品」レビュー
10月14日まで半額です!(2020/10/1)

「年齢なんてただの数字よ!」夫たちのカミングアウトから始まったおばあちゃん2人の共同生活は…… 「グレイス&フランキー」がコミカルでパワフル
こんなおばあちゃんになりたい!(けっこう下ネタもあります!)(2020/9/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「国民車」ヤリスクロス
原稿を書く側にしてみると非常に困るクルマだ。何か得意な芸があって、そこに集中して説明すれば伝わるというクルマではなく、オールラウンダー型の車両なので良いところを挙げていけばキリなく、それを全部書いていては冗長になる。かといって端折ると正確ではなくなる。正直だいぶ困っているのだ。(2020/9/21)

「思い出の日の空」を売る謎のお店「空屋(そらや)」 都市伝説めぐる漫画にゾクゾク
なんとも言いがたい、不思議で不気味な雰囲気です。(2020/9/11)

「好きな人を見ると目の色が変わる女の子」が恋する相手は? 両片思いなすれ違いラブコメ漫画にもどかしさと尊さがあふれる
目は口ほどにものを言ってる。(2020/9/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「肋肉」
肋骨なら「ろっこつ」。肉の場合は?(2020/8/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「屯する」
ヒント:○○○する(2020/8/28)

「タガが外れる」の語源を再現するとこうなります
そういうことだったのか。(2020/8/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「咽ぶ」
ヒント:○○ぶ(2020/8/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「霰」
お天気用語(2020/8/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鬆」
ヒント:プリンを作るときに悩まされるやつ(2020/8/22)

【なんて読む?】今日の難読漢字「巻繊汁」
たぶん食べたことはある。(2020/8/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「弥立つ」
○○つ(2020/8/18)

動画「豪雨と普通の空間の境目」がすごい! 「ラピュタの竜の巣と、紅の豚を混ぜたみたいな景色」だと話題に
雨ってこういう風に降るの……!?(2020/8/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「謬る」
○○○る(2020/8/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「甚振る」
ヒント:○○ぶる(2020/8/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「璧」(完璧の璧)
よく見ると壁(かべ)じゃない漢字でおなじみ。(2020/8/12)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(3):
いまさら聞けない 3Dプリンタの選定基準
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第3回は、3Dプリンタの特長や造形方式による違いなどに触れつつ、導入時に検討すべき「3Dプリンタの選定基準」について解説する。(2020/7/28)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【7月20日〜7月26日】
(2020/7/20)

専門家のイロメガネ:
「としまえん売却」と「GAFAMの東証一部超え」から見えるコロナ後の世界
「としまえん」の売却が今年2月に伝えられた。また1月には時価総額において「GAFAM」が東証一部全体を超えた。さらに、これら2つのニュースが示す新時代への移行は、コロナで一気に加速している。ここでは、リアルな土地から「新大陸の土地」へのビジネス主戦場の移行、コロナによる移行の加速、またコロナ後の世界を見ていきたい。(2020/7/14)

「花よりうんこ」「論よりうんこ」 うんこも踏むし韻も踏む『うんこことわざ辞典』8月発売 「うんこドリル」初のクソ学習漫画
「花より団子」「論より証拠」が覚えられるかは知りません。(2020/7/8)

男性編集者に聞いて回った「一番忘れられない元カノって誰?」 漫画『往生際の意味を知れ!』のリアルな取材現場
作者&担当インタビューの後編です。(2020/7/5)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(3)量子コンピュータ(3):
量子ビットを初期化する 〜さあ、0猫と1猫を動かそう
今回のテーマはとにかく難しく、調査と勉強に明け暮れ、不眠に悩み、ついにはブロッホ球が夢に出てくるというありさまです。ですが、とにかく、量子コンピュータの計算を理解するための1歩を踏み出してみましょう。まずは、どんな計算をするにも避けて通れない、「量子ビットの初期化」を見ていきましょう。(2020/6/23)

思春期な“こじらせ”に寄り添うアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」の「5つ」の魅力
脚本家・岡田麿里の作家性が存分に発揮された、思春期の少年少女の悩みに真摯に向き合うアニメ映画。(2020/6/18)

司書みさきの同人誌レビューノート:
雄大、壮観、迫力の地層 ただただかっこいい地層をまとめた同人誌を読んで自然の魅力に圧倒される
今回紹介する2冊には、合計12カ所の地層を掲載。(2020/6/14)

社員研修のプロが語る:
ウィズコロナ時代、新人研修はどう変化していくか オンラインの強みと弱み
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインで新入社員研修を行う企業も少なくない。社員研修や人材教育を手掛ける企業「新規開拓」の朝倉千恵子社長が、オンライン研修の強みと弱みを解説する。(2020/6/12)

タイムアウト東京のオススメ:
ベルリンのナイトクラブ、ダンス禁止のビアガーデンとして再開
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/5/26)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(2)量子コンピュータ(2):
量子コンピュータよ、もっと私に“ワクワク”を
この連載のために量子コンピュータについて勉強し続けていますが、今一つワクワクしません。ハードがないのにアルゴリズムの研究が何十年も行われているのは素直にすごいと思いますが、ことアプリケーションの話になると、どうも“ショボい”気がするのです。そうは言っても、連載を続けないといけませんので、「私の、私による、私が楽しむためだけの記事」として筆を進めることと致します。(2020/5/25)

「足を洗いたいのですが」「はい」 いろんなものから足を洗わせてくれる「足洗い師」を描いた漫画がシュールでふしぎ
やめたくてもやめられないあなたに(2020/5/23)

メディアとPRのプロが語る:
なぜ広告は炎上するのか ダイバーシティ(多様性)とSNSの時代の企業コミュニケーション
多様性とSNSの時代、企業が情報発信において留意すべきことは何か。メディアとPR(パブリックリレーションズ)のエキスパートが語り合った。(2020/3/5)

新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク(2):
新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク 情報公開が遅れる中国との付き合い方
新型肺炎の感染拡大が連日のように報道されている。報道を見れば見るほど、私たち日本人は「中国リスク」を痛感させられているのではないだろうか。本連載では中国ビジネスについての歴史的な経緯をクローズアップ。中国となんらかの関わりを持つ人が事前に知っておくべき教養と、新型肺炎がもたらすリスクについて取り上げていく。第2回目は、情報公開の遅れを生みだす中国の体質を知り、日本が付き合っていく方法に言及する。(2020/3/4)

圧倒的不審者の工房:
水と油を混ぜて包丁を作る → イチから抽出した油と加湿器の水垢で切れ味鋭い包丁が誕生
めでたしめでたし(混乱)。(2019/12/21)

筋金入りのウルトラマン好き声優・潘めぐみ 個人的にイベント参加、飛び入りでステージに上がってしまう
「潘めぐみ、改めファンめぐみ」(2019/12/15)

「“格ゲー勢の発言まとめ”でイケると確信しましたわ」 話題沸騰の「ゲーミングお嬢様」、作者に取材したらお嬢様口調で答えてくれた
「ちなみにリュウとザンギはどっちがクソキャラだと思いますか?」 → 「ザンギに決まってんですわよ」(2019/12/8)

ディルバート(632):
上司の詭弁、部下の返り討ち
ボーナスカットを正当化する論理を振りかざしたボスですが、“チームワークとは皆が痛みを分かち合うもの”なら、そりゃボスだって当然……?(2019/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。