ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「超音波」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「超音波」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Innovative Tech:
体内のブドウ糖を電気に変える埋め込み式薄型電池 米MITなどが開発
米マサチューセッツ工科大学(MIT)とドイツのミュンヘン工科大学の研究チームは、体内のブドウ糖(グルコース)を直接電気に変換できる埋め込み式の薄型ブドウ糖燃料電池を開発した。(2022/5/18)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(9):
トポロジー最適化のチェッカーフラグ対策
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第9回では、チェッカーフラグ状の濃淡とグレーの濃淡をなくす方法を紹介する。(2022/5/17)

「超音波リモコン」で操作できる昭和のテレビに驚きの声 自動でダイヤルが回る仕組みに「心霊現象みたい」
要は高い音に反応する仕組みなので、鈴の音などでも動きます。(2022/5/13)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(12):
【第12回】「見えないものを見る」AIとセンシング技術の可能性
連載第12回は、AIとセンシング技術を組み合わせて、肉眼では見えないインフラ構造物の内部を調べる新たな手法について解説します。(2022/5/13)

遠隔手術装置などへの応用に期待:
深層強化学習法により、超音波モーターを最適制御
東京大学は、深層強化学習法を用いて、超音波モーターを最適駆動する制御システムを開発した。超音波モーターを手術ロボティックスや触覚提示システムなどへ搭載することが可能になるという。(2022/5/12)

ロボット:
三井不が東京ミッドタウン八重洲でロボを用いたデリバリーサービスを導入、Uberにも対応
三井不動産は、東京都中央区八重洲2丁目で開発が進められている複合施設「東京ミッドタウン八重洲」に、デリバリーロボットや清掃ロボット、運搬ロボットを用いたサービスを導入することを発表した。オフィスビルでロボットを用いたフードデリバリーサービスを行うの国内初だという。東京ミッドタウン八重洲でのサービス開始に先行して実証実験を、Uber Eats Japanを含むパートナー企業とともに、東京都中央区の複合施設「日本橋室町三井タワー」にある三井不動産のオフィス内で実施した。(2022/5/12)

スマート水産業で「取りすぎない」漁業に 水産資源 情報通信技術で守る
「海の豊かさを守ろう」。この項目がSDGsのひとつに掲げられている背景には水産資源の減少が背景にある。持続可能な水産業を実現するには、水産資源の実態把握や効率的な養殖などが求められる。近年、注目を集めているのがスマート水産業だ。(2022/5/11)

「AQUOS R7」実機レポート、“じゃじゃ馬”だった先代の弱点克服で死角なし?
シャープは9日、フラグシップモデル「AQUOS R7」の実機レポート。1インチカメラ&高性能ディスプレイは維持しつつ、前モデルの弱点を補い、魅力を高めている。同日開催されたメディア向け体験会から、実機の仕上がりをレポートする。(2022/5/10)

シャープ、1インチセンサー搭載スマホに新モデル 4720万画素 ドコモ版でもデュアルSIM対応
シャープは5月9日、新型ハイエンドスマートフォン「AQUOS R7」を発表した。前モデル「AQUOS R6」と同様、メインカメラに1インチセンサーを搭載する。(2022/5/9)

シャープが「AQUOS R7」を発表 刷新した1型センサーカメラ搭載、AFが高速に
シャープが5月9日、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS R7」を発表。2022年7月以降に発売する。ライカと共同開発した1型センサーのカメラは、AFが高速になり、ポートレートモードも刷新した。5G通信機能も拡張しており、Sub-6とミリ波の周波数を束ねてさらに高速化を図るDual Connectivityに対応した。(2022/5/9)

Innovative Tech:
紙のようにぺらぺらなスピーカー、どんな壁にも貼り付け可能 米MITが開発
米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究チームは、 紙のように薄い薄膜圧電スピーカーを開発した。従来のスピーカーよりも少ないエネルギーでゆがみの少ない音を発生させることができる。(2022/5/2)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(8):
トポロジー最適化の実践 〜いろいろな“形の創造”事例〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第8回では、トポロジー最適化の適用による、いろいろな“形の創造”事例を紹介する。(2022/4/25)

Medtec Japan 2022:
ソシオネクストがワイヤレス超音波プローブで次の一手、「viewphii64」を披露
ソシオネクストは、「Medtec Japan 2022」において、ワイヤレス超音波プローブ向けの次世代LSI「viewphii(ビューフィー)64」と、viewphii64を搭載した超音波プローブを披露した。現在開発を進めており、2022年秋〜冬にかけて発売する方針だ。(2022/4/22)

Innovative Tech:
VRで口の中を触られている感覚を再現 VRヘッドセットから超音波を放射 「虫が唇を這う」などが再現可能
米Carnegie Mellon UniversityのFuture Interfaces Groupは、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に空中超音波フェーズドアレイを統合し、VR体験に応じて超音波で唇や口腔内に触覚を与えるシステムを開発した。(2022/4/22)

2種類の専用LSIだけで実現:
ワイヤレス超音波プローブ用チップセットを開発
ソシオネクストは、ワイヤレス超音波プローブ向けに、2種類の専用LSIからなるチップセット「viewphii64」を開発した。このチップセットを搭載したワイヤレス超音波プローブも試作した。(2022/4/19)

オペアンプの選択やノイズの影響など:
高分解能コンバーターの設計におけるAFEの考慮ポイント
高分解能コンバーターを設計する際に考慮すべき、アナログフロントエンド(AFE)のポイントについて解説する。(2022/4/20)

産業動向:
太陽光パネル施工管理システムの試験運用を開始、旭化成ホームズ
旭化成ホームズは、太陽光パネルの施工を効率化する「ボルト管理システム」を開発した。今後は、太陽光システムの設置数増加を見据え、施工精度の向上と施工・管理の省力化を同時に達成し、脱炭素社会の実現への貢献を目指す。(2022/4/18)

Innovative Tech:
人体組織にデータを書き込み、体外へ無線送信する技術 米国とベルギーの研究チームが開発
米国とベルギーの研究チームは、体内の医療用インプラントからデータを送信する際に、人体組織内のイオンにデータを書き込み、体外の受信機にデータをワイヤレス送信するイオン通信技術を開発した。(2022/4/13)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(7):
実践! 密度法によるトポロジー最適化に挑戦してみよう
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第7回では、いよいよLISAとExcelマクロを使って、片持ちはりのトポロジー最適化を行う!(2022/4/13)

脱炭素:
空調機の計画的停止、制御時のCO2排出量を測定する濃度診断サービス
NECファシリティーズは、エアコンプレッサーのエア漏れを診断する「エアリーク診断サービス」と、空調機などによって発生する二酸化炭素の濃度を測定する「CO2濃度診断サービス」を、製造業向けに提供開始した。(2022/4/12)

Innovative Tech:
お菓子を食べ始めると「そしゃく音」と「ゲップ音」を流す、袋止めクリップ 「間食をやめろ」と暗に警告
中国の北京理工大学の研究チームは、スナック菓子の過剰摂取を軽減を支援する袋止めクリップスタンドを開発した。クリップを外すと、そしゃく音を再生し、50秒後にゲップ音を流して間食をやめるように暗黙のうちに促す。(2022/4/12)

Galaxy S22+は発売されず:
ドコモとauから「Galaxy S22」「Galaxy S22 Ultra」が登場 4月21日発売
サムスン電子の最新フラグシップスマホ「Galaxy S22シリーズ」がNTTドコモとauから発売される。シリーズの中間を担う「Galaxy S22+」は日本投入が見送られ、シリーズエントリーの「Galaxy S22」と最上位の「Galaxy S22 Ultra」の2本立てでの“勝負”となる。(2022/4/7)

自動運転技術:
PR:高解像度、広視野角とコスト低減を同時実現する「自動車用イメージングレーダー」
インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方の用途に対応する次世代型イメージングレーダーは、信頼性と経済性に優れたテクノロジーです。しかし、選定に当たってはコスト効率や実用性、信頼性が重要な基準となります。この最優先の基準に加えて、導入時に必要となる隠れたコストや労力、リソースについても考慮する必要があります。(2022/4/1)

新工法:
掘進しながら空洞の有無を連続測定できる装置を開発、大成建設
大成建設は、シールドマシンを掘進しながら地山の空洞状況を非接触で連続測定する「超音波式地山探査装置」を開発した。超音波式地山探査装置は適用することで、空洞の有無を確かめながら施工でき、空洞が検知された場合には充填材を即時注入し、掘削による地山変形を防げる。(2022/3/25)

防災DX:
電源・配線不要で低照度で鮮明に構造物を監視するカメラを発売、OKI
沖電気工業は、同社が推進する防災DX事業の一環で、ソーラー発電駆動により外部電源が必要なく、夜間など暗い低照度環境でも照明を用いず鮮明に構造物を撮れる「ゼロエナジー高感度カメラ」と多種多様なセンサーで取得したデータを一括管理できるインフラモニタリングサービス「monifi」を開発した。今後は、防災DX事業全体で2022〜2024年度までの3年間で100憶円の売上を目指す。(2022/3/24)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(6):
密度法によるトポロジー最適化の準備を行う
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第6回では「最適性規準法」を用いて、剛性を最大化=平均コンプライアンスを最小化する設計パラメータを求める。(2022/3/24)

製造業IoT:
OKIがインフラ監視用高感度カメラを“ゼロエナジー”に、防災DX事業を拡大
OKIは、太陽光発電により駆動する外部電源が不要な「ゼロエナジー高感度カメラ」を発売する。カメラモジュールを独自開発することで消費電力を約3分の1に低減するなど省電力化を図り、連続不日照9日間のカメラ撮影とデータ送信を実現した。併せて、クラウドベースのインフラモニタリングサービス「monifi」の販売も開始する。(2022/3/22)

自動運転やインフラ監視に適用:
手のひらサイズで計測距離300mの「LiDAR」を開発
東芝は、大きさが手のひらサイズで最長300mの距離計測を可能にする「LiDAR」を開発した。投光器を小型にできる「モジュール実装技術」および、全ての投光器を同じ向きにそろえる「モーター制御技術」を新たに開発することで実現した。(2022/3/18)

医療機器ニュース:
AIによるノイズ除去技術を搭載した超音波診断装置を発売
富士フイルムヘルスケアは、AIを活用したノイズ除去技術「DeepInsight技術」を搭載した超音波診断装置「ARIETTA 850 DeepInsight」「ARIETTA 650 DeepInsight」を発売する。スペックル信号と電気ノイズを高精度で区別し、ノイズを除去できる。(2022/3/16)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(5):
トポロジー最適化 〜密度法の定式化〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第5回では、トポロジー最適化における密度法の定式化に取り組む。(2022/3/8)

スマホで指紋認証ができない その原因と対策について考える
スマホの生体認証に、顔認証より指紋認証を使うというユーザーは多いだろう。しかし、冬に乾燥すると指紋認証も使いづらくなる。そんな時期でも指紋認証を利用できるように、その仕組みや指紋認証が利用しづらくなる原因と対策を紹介する。(2022/3/6)

Innovative Tech:
塩粒サイズのコンピュータに組み込む極小バッテリー 約10時間の電力供給が可能
ドイツのChemnitz University of TechnologyとドイツのIFW Dresden、ドイツのDresden University of Technologyによる研究チームがは、塩粒サイズ(1平方ミリメートル未満)のコンピュータに組み込む極小オンチップバッテリーを開発した。(2022/3/4)

「優良誤認」の声も:
クラファンで3億6000万円を集めた製品は、なぜ謝罪に追い込まれたのか
クラウドファンディングサイト「マクアケ」に掲載され、3億6000万円近い資金を集め、反響を呼んだ超音波食洗機「ザ・ウォッシャー・プロ」。その一方で、「優良誤認ではないか」と疑問視する声が上がり、その反応もまた大きくなっていった。同プロジェクトは何が問題だったのか。(2022/3/19)

自動運転技術:
PR:ADASや自動運転に4Dイメージングレーダーを選ぶべき理由とは
自動運転技術やADAS向けにさまざまな検知方式のセンサーの使用が検討されていますが、センサーテクノロジーの本質的な限界が安全面での課題となっています。Vayyar Imagingが扱う4Dイメージングレーダーは解像度やコストパフォーマンス、信頼性といった要求を満たします。(2022/3/1)

ロボット開発ニュース:
検知範囲を7倍に、自動走行地図作成も可能なパナの業務用ロボット掃除機
パナソニックは2022年2月22日、同年3月から同社が量産化予定の業務用ロボット掃除機「RULO Pro MC-GRS2M」の説明会を開催した。センサーレーダーの検知範囲を拡大した他、自動走行地図作成機能を持たせた。(2022/2/24)

車載ソフトウェア:
ADASや自動運転に不可欠な車載ネットワークの高速化、今後の進展は
より高い帯域幅とより低遅延のネットワークは、時間的制約のある複雑な自動車技術に対応する上で、重要な役割を担います。これらの要件の多くは、帯域幅が最大10Gbpsの車載イーサネットで対応することができます。一部のカメラの要件が最大3500Mbpsであることを考えると、そのデータをカバーする別のテクノロジーも考慮する必要があります。(2022/2/25)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(4):
トポロジー最適化に挑戦する
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第4回では、トポロジー最適化に取り組む。(2022/2/22)

車載半導体:
ジャガーランドローバーが自動運転コンピュータにNVIDIA採用、2025年から全モデルに
NVIDIAとジャガーランドローバーは2022年2月16日、複数年の戦略的パートナーシップを締結したと発表した。次世代の自動運転システムや、AI(人工知能)を活用したサービスや体験を共同開発する。(2022/2/17)

医療機器ニュース:
エクモカーと病院間を双方向でつなぐシステムの運用を開始
NTTドコモは、5Gネットワークを介してエクモカーと病院間をつなぐ、高精細リアルタイム映像伝送システムおよび双方向音声伝送システムを千葉大学医学部附属病院に提供した。(2022/2/16)

Samsungが「Galaxy S22シリーズ」を発表 Ultraは「Sペン」を収納可能に
Samsung Electronics(サムスン電子)が、フラグシップスマートフォン「Galaxy S」の新モデルを発表した。最上位モデルである「Galaxy S22 Ultra」は、Galaxy Noteシリーズの後継モデルとして収納可能な「Sペン」を標準装備する。(2022/2/10)

Innovative Tech:
意図しないタッチを98%以上で判別 常に指を置いたままタイピングできるタッチスクリーン
中国の清華大学の研究チームは、意図しないタッチを防ぐ感圧式タッチスクリーンキーボードを開発した。タッチスクリーンの意図しないタッチを機械学習で識別し、入力の邪魔にならないように排除することで入力速度と正確性を向上させる。(2022/2/9)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(3):
剛性を最大化するはりの形状を求める
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第3回では、片持ちはりの平均コンプライアンス最小化問題を「ラグランジュの未定乗数法」を使って解いていく。(2022/2/7)

日本向け製品が誕生:
最短30秒で洗える「超音波食洗器」が2億7000万円以上の支援! 何がスゴいのか
「次世代の超音波食洗器」として、クラウドファンディングサイトで先行販売中の「The Washer Pro」が、2億7000万円以上の支援を集め、反響を呼んでいる。同製品を開発したブランド・デザイン・プラス社の担当者に、特徴などを聞いた。(2022/2/3)

3Dプリンタニュース:
歯肉と歯を造形して総入れ歯を製作できる、3Dプリンタ用樹脂材料を発売
名南歯科貿易は、総入れ歯を製作できる、3Dプリンタ用樹脂材料「フリープリント デンチャー」「フリープリント テンプ」を発売した。歯肉と歯を造形し、歯科用接着剤で固定すれば、高精度の総入れ歯を簡単に製作できる。(2022/1/27)

ETロボコン2021:
2回目のオンライン開催は何が変わった? 保険会社の活躍など新しい風も〜ETロボコン2021チャンピオンシップ大会〜
2021年のETロボコンは、前回に引き続き。シミュレーターを活用した完全オンライン開催となった。20回目の節目を迎えたETロボコンだが、2回目となったオンライン開催では何が変わったのだろうか。(2022/1/27)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(2):
パラメトリック最適化に挑戦する
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第2回では片持ちはりをモチーフに、パラメトリック最適化について解説を始める。(2022/1/19)

河川の水位、防災AIが7日先まで予測 自治体向けに展開へ
三信電気は、AIで7日先までの河川水位を予測する「水位予測AIソリューション」を発表。ほぼ全ての河川で1週間後の水位予測が可能になる。全国の自治体向けに防災ソリューションとして展開する。(2022/1/13)

Alexa、話しかけなくても定型アクションを実行できるように 入退室を検知
アマゾンジャパンが「Echo」シリーズで、ユーザーの入室・退室を検知し、ユーザーが話しかけなくても定型アクションを実行する機能の提供を始めた。(2022/1/12)

Amazon、音声アシスタント「Amazon Alexa」で在室/不在を検知しての自動アクションが可能に
Amazonは、音声アシスタント「Amazon Alexa」搭載のEchoデバイスの機能強化を発表。在室/不在の判定に応じた提携アクションの実行が可能となった。(2022/1/12)

CES 2022で披露:
NVIDIAが注力する車載AIとゲーム向けの新技術
NVIDIAは、米国ラスベガスで開催された「CES 2022」(2022年1月5〜7日)において、車載AI(人工知能)やゲーム向けとして近く発表予定のさまざまな新技術を披露した。また、AT&TやSamsung Electronicsとの連携による新たなイニシアチブも発表している。(2022/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。