ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

医療機器ニュース:
医薬品向け製造、品質管理システムのサプスクリプション型サービスを開始
日立製作所は、医薬品、医療機器製造業向けに、製造および品質管理システム「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS版HITPHAMS」の提供を開始した。クラウド上に顧客ごとの利用環境を構築する。(2024/4/15)

キャッシュレスが主流になってほしい場面 3位「交通サービス」、2位「行政サービス」、1位は?
お金に関する情報サイトMoneyFixを運営するウェブクルーは、キャッシュレス決済に関する調査を実施した。その結果、キャッシュレス決済が主流になってほしい場面やサービスの1位は「医療機関」(75.3%)で、2位は「行政サービス」(60.7%)、3位は「交通サービス」(50.8%)だった。(2024/4/12)

IoMT導入の課題とは
「医療IoTデバイス」導入前に知っておきたい活用例と成否を分ける2大ポイント
医療分野のIoT「IoMT」の導入が広がりつつある。IoMTの導入やシステムの構築を検討する際に理解しておくべき、医療現場特有の用途や課題を紹介する。(2024/4/12)

dヘルスケア有料契約者限定、ドコモオンラインショップで最大1万ポイント還元 対象商品の購入で
NTTドコモは、dヘルスケア有料契約者がドコモオンラインショップで対象スマートウォッチまたはイヤフォンを購入するとdポイントを最大1万ポイントプレゼントするキャンペーンを開催。期間は5月13日まで。(2024/4/11)

PLMシステム:
PR:医療機器開発を取り巻く課題は山積 複雑化する規制に対する最適な環境とは
医療機器開発には、IoTやAIなどのデジタル技術を取り入れるだけでなく多様化/複雑化する規制に対応するために解決すべき課題が山積している。この解決に有効なのが、PLM、ALM、SLMなどを組み合わせて製品の設計や生産、運用、メンテナンスといった各プロセスをデジタルデータでつなぐ「クローズドループ」だ。(2024/4/12)

医療機器ニュース:
AIを活用して慢性腰痛のヘルスケアを支援する技術を開発
NECと東京医科歯科大学は、スマートフォンやタブレットで撮影した映像や問診データをAIで解析し、慢性腰痛のセルフケアを支援する技術を開発した。(2024/4/9)

デジタル変革の旗手たち:
AI活用で世界の内視鏡医療の向上に貢献したい――AIメディカルサービス 多田智裕CEO
内視鏡の画像診断を支援するAIが世界を変えようとしている。日本でこそ内視鏡で早期発見が可能な消化管がんだが、世界では多くの患者が命を落としているのが実情だ。内視鏡AI検査でがんの見逃しゼロを目指す医療ベンチャー、AIメディカルサービスの取り組みについて、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/4/9)

医療機器ニュース:
創薬、医療技術、デジタルヘルス増進のための生成AIマイクロサービス
NVIDIAは、世界中のヘルスケア企業が、どのクラウド上でも最新の生成AIを活用できるようにする20種以上のマイクロサービスの提供を開始した。(2024/4/8)

燃料電池や環境発電などに適用:
高効率の直流電源 省部品で高昇圧、低ノイズを実現
神戸大学と国立中興大学(台湾)の研究グループは、受動部品の削減が可能で、高い昇圧能力と低ノイズを実現した「高効率直流電源」を開発した。燃料電池や環境発電、医療機器などで用いられる電源装置に適用していく。(2024/4/5)

医療機器ニュース:
正しい測定姿勢をとりやすい上腕式血圧計を発売
オムロン ヘルスケアは、カフに腕を入れるだけで正しい測定姿勢がとりやすく、簡単に測定できる「オムロン 上腕式血圧計 HCR-1801」を発売した。(2024/4/4)

製造マネジメントニュース:
GEの3分社計画が完了、銘柄コード「GE」はGEエアロスペースが引き継ぐ
GEエアロスペースは、旧GEのエネルギー事業を担うGEベルノバの分社化を完了したと発表した。これにより先行する形で既に分社化しているGEヘルスケア・テクノロジーズを含めて、2022年7月に発表したGEの3分社計画は1年9カ月をかけて完了したことになる。(2024/4/3)

蔵出しブックレット
「触覚インターネット」から「レジなし決済」まで 5Gがもたらす医療や小売りのこんな未来
「5G」は、さまざまな業界に恩恵をもたらす可能性があります。小売り、製造、医療業界を例に5Gがもたらす未来を考察します。(2024/4/2)

Cybersecurity Dive:
米国インフラを狙った“過去最悪の攻撃” Change Healthcareを襲った悪夢
ランサムウェアグループALPHVは法執行機関による摘発の後、すぐに復活し、米国のインフラを標的にした攻撃の中でも過去最悪の攻撃を実行した。医療業界を揺るがすこの攻撃の影響とは。(2024/3/30)

ネットワークニュースフラッシュ
無線LAN「アクセスポイント約800台」への増設 病院はどう管理した?
病院などの医療機関は無線LANの導入に慎重だったが、状況は変わりつつある。医療現場でさまざまな課題が生じる中で、病院は無線LANをどう活用しているのか。無線LAN導入の主要なニュースを紹介する。(2024/3/29)

医療機器ニュース:
自社MRによるリアルタイムCGMの情報提供を開始
デクスコムジャパンは、自社のMRによる情報提供を2024年4月1日より開始する。これまで販売代理店を通じて展開していたDexcomのリアルタイムCGM「Dexcom G6」を、医療機関へ直接提供していく。(2024/3/28)

屋内や店舗、舞台、医療用途など:
汎用性が高い1.4mm角の小型LEDチップ
ams OSRAMは、汎用性が高いLEDチップ「OSLON Pure 1414」を発表した。サイズは1.4×1.4mmと小型で、屋内や店舗、舞台、建築、医療用の照明に適する。(2024/3/27)

人工知能ニュース:
国内製造業での生成AI活用度合いは海外より高い傾向に CEO意識調査レポート
PwC Japanは2024年3月19日、生成AIに関するCEOのグローバルな意識調査結果を発表した。国内企業が海外企業と比較して生成AI導入に積極的な姿勢を見せている他、製造業やヘルスケア業界でとくに生成AIの活用度が高いといった実態が浮かび上がった。(2024/3/26)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第7回】
政府主導の「医療DX」は成功するのか 医療現場が感じるギャップ
政府は医療DX構想「医療DX令和ビジョン2030」を掲げ、電子カルテの普及や標準化を推進しています。それ自体は望ましいとしても、医療現場はギャップを感じています。なぜでしょうか。(2024/3/26)

松尾豊「生成AIは医療、金融、製造に貢献」 日本語に特化した開発への“懸念”は?
松尾豊・東京大学大学院教授が「生成AIの進展と活用可能性」と題して、AI開発の最新動向や社会へのインパクトについて講演した。(2024/3/21)

サーバの準備も不要:
深刻化する警備員の人手不足 人による警備をAIが変える
商業施設や医療機関、教育機関、オフィスビル、工場など、安全管理の強化が求められるシーンは多い。だが警備員の人手不足が深刻化しており、監視カメラによる警備も完全とは言えない。解決の糸口となるのがAIだ。(2024/3/21)

海外医療技術トレンド(105):
フィンランドが推進する医療と社会福祉のDX/SX戦略とイノベーション
本連載第32回、第45回、第51回、第57回、第90回、第100回で北欧全体のデータ駆動型デジタルヘルス施策を取り上げてきたが、今回はフィンランドの医療/社会福祉におけるDXやSXの動向に焦点を当てる。(2024/3/15)

500人に聞いた:
女性が考える、働く上での“障害”とは? 「待遇」「時間・場所の拘束」を超えた1位は
働く上で、どのようなことが障害になっていると女性たちは考えているのか。ヘルスケア事業を手掛けるオルガノンなどが調査した。(2024/3/14)

医療機器ニュース:
医療器材物流アウトソーシング市場、2022年度は1250億円で堅調に推移
矢野経済研究所は、国内の医薬品、医療器材物流アウトソーシング市場に関する調査結果を発表した。同市場は堅調に推移しており、2022年度の市場規模は前年度比6.8%増の1250億円だった。(2024/3/14)

「LINEドクター」、花粉症のオンライン診療が2月は前年比4.5倍に 「定着の兆し」
LINEヘルスケアは12日、オンライン診療サービス「LINEドクター」で、花粉症診療件数が2月は前年の4.5倍に増えたと明らかにした。全体の診療件数も2倍になった。(2024/3/12)

スマホとマイナンバーカードで確定申告をやってみた メリットと注意点とは?
給与が2000万円以上の人、副業などの収入が20万円を超える人、家族の医療費が10万円を超える人などは、会社員でも確定申告をする必要がある。これまで確定申告したことがない人にとっては、難しく感じるかもしれない。だがスマホとマイナンバーカードで、意外と簡単に申告することができる。(2024/3/12)

療養中の渡邊渚アナ、お金にまつわる後悔と悩み告白 ネガティブ思考止まらず「生命保険入っておけばよかった〜」
「医療費を見ると『生きてるだけで大損じゃん!』と思ってしまう」(2024/3/8)

iPS心筋球移植 1年で心不全に顕著な効果 来年にも実用化 慶大発ベンチャー
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を球状に加工した「心筋球」を、重い心不全患者の心臓に移植する世界初の治験で、移植後1年間の経過観察により長期間の顕著な症状改善効果が確認されたことが3月8日、分かった。実施した慶応大発の医療ベンチャー、ハートシード(東京都新宿区)は「来年にも実用化したい」としている。(2024/3/8)

2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【後編】
短期間で二度もランサムウェア攻撃を受けた医療機器メーカー その“悲しい”理由
米国で2023年11月に発生したランサムウェア被害の4事例を紹介する。大手医療機器メーカーが立て続けにランサムウェア攻撃を受けたのはなぜだったのか。(2024/3/8)

DeNA、ダイヤモンド社に法的措置へ “子会社で個人情報の目的外利用”報道を否定 「事実ではない」
当社グループが医療データを目的外に利用し、個人情報保護法に違反した事実は一切ない──DeNAはそんな声明を発表した。これは、経済メディア「ダイヤモンド・オンライン」の記事に対して反論するもので、DeNAはダイヤモンド社に法的措置をとるとしている。(2024/2/28)

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

NHS Whalesで進む電子処方箋の導入【後編】
「電子処方箋」普及に向けてNHS Walesが開発 “医療アプリ”の役割とは?
英国のウェールズ地域を管轄するNHS Whalesが電子処方箋の導入を進めている。その計画を構成する要素の一つが「NHS Wales App」だ。試験運用から本稼働までの流れを整理する。(2024/2/28)

医療技術ニュース:
手足をつくる四肢前駆細胞を産むリプログラミング因子群を同定
九州大学らは、非四肢細胞に四肢前駆細胞の性質を付与するリプログラミング因子群を同定した。同因子群は、四肢発生過程でも四肢前駆細胞特定化の役割を担う可能性が高く、四肢再生医療への応用が期待される。(2024/2/27)

万博で世界へ羽ばたく「金の卵」探しが活発化 スタートアップ後押しも見え隠れする閉幕後の課題
2025年大阪・関西万博に向けて、万博のテーマと合致した健康・医療分野を中心に、スタートアップ(新興企業)や中小企業の参画を促す動きが活発化している。(2024/2/26)

フリーランスになって初の「確定申告」やってみた “SaaSで申告”は楽にできるのか?(前編)
確定申告の季節がやってきた。筆者はこれまでも、ふるさと納税や医療費控除などのために毎年確定申告をやってきたが、今回は一味違う。2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなったからだ。(2024/2/26)

非接触でバイタル計測が可能:
60GHzミリ波レーダーを活用した高齢者見守りシステムを実現
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは2024年2月6日、医療機器の開発/販売を行うフィンガルリンク、豊田通商グループのエレクトロニクス商社であるネクスティ エレクトロニクスと、60GHzミリ波レーダーを活用した高齢者の見守りシステムを発表した。(2024/2/26)

医療サイバーセキュリティ最新動向(3):
間近に迫る国内医療セキュリティ規制対応の期限、デッドラインは2024年3月末にも
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第3回は、2024年3月末にも期限を迎える国内医療関連サイバーセキュリティの規制に対して、医療情報システムや医療機器のメーカーが今すぐに取るべき対応について解説する。(2024/2/22)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

医療機器ニュース:
脳神経領域の高度な研究ニーズに応えるMRI装置を発売
シーメンスヘルスケアは、脳神経領域の研究用MRI装置「MAGNETOM Cima.X」を発売した。新開発の傾斜磁場コイル「Gemini Gradients」により、最大傾斜磁気強度が従来機の2.5倍に向上している。(2024/2/20)

往診アプリ「みてねコールドクター」往診終了 診療報酬改定で
「みてねコールドクター」の往診サービスが3月31日へ。診療報酬改定で、往診の条件が厳格になるため。(2024/2/19)

ミクシィと資本提携「みてねコールドクター」が往診サービス提供を終了 診療報酬改定に伴い
夜間休日の往診を3月末で終了する。(2024/2/19)

CODE BLUE 2023レポート:
ランサムウェアは“波及”する――ハッカー医師が語る医療セキュリティの現実
医療業界を狙ったサイバー攻撃が日々報道で話題になる中、二人の“ハッカー医師”が「被害を受けなかった近隣の病院」への影響に着目して調査を実施した。どのような結果が得られたのだろうか。(2024/2/16)

医療機関の倒産、2023年の負債総額は過去最大に
集計対象は負債1000万円以上法的整理による倒産、および休廃業・解散となった企業とした。(2024/2/13)

製造マネジメントニュース:
クオリカプスの譲渡やヘルスケアと産業ガスの事業好調で三菱ケミカルGが増益
三菱ケミカルグループは、2024年3月期第3四半期(2023年10〜12月期)の決算で、売上高は前年同期比5%減の3兆2451億円となるも、営業利益は同337%増の2125億円となった。ハードゼラチンカプセルやHPMCカプセルの製造販売を行うクオリカプスの譲渡やヘルスケアセグメントと産業ガスセグメントの好調が増益の要因だった。(2024/2/8)

ソニー「aiboの里親」募集開始 寄付されたaiboを再生して施設へ
ソニーは6日、犬型ロボット「aibo」の“里親”募集を始めた。オーナーから寄付されたaiboを再生し、導入を希望する医療機関や介護団体に提供する試み。(2024/2/6)

製品動向:
現場のコミュニケーションの課題を音声技術で改善、NTTソノリティが参入
NTTソノリティが法人向けの音声DX事業に参入した。現場向けの音声コミュニケーションツールを展開するBONXを関連会社化し、建設業や製造業、医療業界などのデスクレスワーカーを対象としたNTTソノリティ初のサービス事業「ゼロから始めるNTTの現場DX」を開始した。(2024/1/30)

医療機器ニュース:
医療機器の主要製造拠点に新棟を建設
オリンパスは、医療機器の主要製造拠点である長野事業場に新棟を建設した。新棟は3階建てで、延べ床面積は1万6368m2。医療用内視鏡の小型電子部品を生産する。(2024/1/29)

医療技術 インタビュー:
日本の技術が実用化に貢献、フォトンカウンティングCTは医療に革新をもたらすか
CTに新たな進化をもたらす技術として2021年に登場したのがフォトンカウンティングCTである。ドイツの医療機器大手であるSiemens Healthineersが開発を進める中で、実用化に大きく貢献したのが、沖縄を拠点とする研究開発型メーカーのアクロラドの技術だった。(2024/1/24)

医療機器ニュース:
北海道の3病院を結んだ「視て触れる」遠隔視触診の実証実験に成功
NTTコミュニケーションズらは、「視て触れる」新しい医療通信システムを開発し、北海道内の中核病院3拠点を結んだ遠隔視触診の実験に成功した。視覚情報と診察動画を統合、伝送し、遠隔で触覚を再現できる。(2024/1/24)

スマートシティー:
スマートシティー具現化に向けた包括連携協定を締結、日立製作所と日立市
日立製作所と日立市は、デジタル技術を活用したスマートシティー(次世代未来都市)実現に向けた包括連携協定を締結した。グリーン産業都市、デジタル医療や介護、公共交通などSociety 5.0の具現化を目標とする共創プロジェクトを進める。(2024/1/23)

海外医療技術トレンド(103):
米国政府のAI駆動型保健医療DX推進策とDFFTの関係性
本連載第23回や第65回で米国保健医療行政当局のIT戦略やDXを取り上げたが、データ駆動型からAI駆動型への進化に向けた動きが本格化している。さらに、日本が提唱してきたDFFT(信頼性のある自由なデータ流通)をも取り込もうとしている。(2024/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。