ニュース
» 2004年01月16日 18時34分 公開

米AT&T Wireless買収、ドコモは「ノーコメント」

ドコモの米国での拠点であるAT&T Wirelessについて、合併・買収の報道が相次いでいる。

[斎藤健二,ITmedia]

 米国第3位の携帯電話事業者AT&T Wirelessが、合併または買収されるというニュースが国内外の各誌で報じられた。14日の段階で米CingularがAT&T Wireless買収への関心を強めているとWall Street Journalが報じ(1月14日の記事参照)、15日にはNTTドコモをはじめ英Vodafoneやドイツモバイル傘下のT-Mobile、米Nextelも買収を打診しているとロイターが報じた。

 ドコモはAT&T Wirelessに16%出資しており、同社の筆頭株主(2001年1月の記事参照)。AT&T Wirelessが合併あるいは買収されると、ドコモの北米の拠点としての位置づけが弱まることになる。

 ドコモはAT&T Wireless買収の件について「ノーコメント」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう