ニュース
» 2004年05月17日 15時50分 公開

公式iアプリで誤通信。ドコモが注意促す

自動的に通信を行うiアプリの一部に不具合があり、想定外の通信を行う可能性がある。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは5月17日、待ち受け画面やゲームなどの一部iアプリにおいて、「プログラムの不具合によって想定以外の過度の通信が発生する」場合があることをアナウンスした。これまで30件ほど発生している。

 iアプリは、自動的に通信を行ってデータを更新する機能を備える場合がある。ドコモは、iアプリを提供するコンテンツプロバイダに対してiアプリのチェック強化を依頼するが、過度の通信によって発生した通信料については、「ユーザーがIPとの間で解決するもの」というスタンス。

 iアプリを利用するユーザーは「ドコモ料金案内サービス」や「一定額到達通知サービス」などを活用し、不審な通信が行われているようなら、問い合わせを行うよう促している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう