ニュース
» 2004年07月20日 18時34分 公開

福井県の集中豪雨、3キャリアの携帯利用に影響

福井県の集中豪雨が3キャリアの携帯利用に影響を与えている。停電や伝送路の断絶により、一部地域で携帯電話が利用できない状態になっている。

[後藤祥子,ITmedia]

 福井県の集中豪雨が、3キャリアの携帯電話利用に影響を与えている。停電や伝送路の断絶によるもので、一部地域で携帯電話が利用できなくなっている。

 ドコモは上味見地区と下味見地区で携帯電話が利用できない状況。「道路が遮断されて電源確保ができず、復旧の目処はたっていない」(ドコモ北陸)。ドコモ広報によれば、福井市と鯖江市、美山町、勝山市など一部地域で12.5%の通話規制(8台に1台がつながらない状況)を行っているという。7月19日に使えない状況になっていた藤木地区、一乗谷地区、下宇坂地区、阿波賀地区、美山地区は復旧している。

 なおドコモは7月18日12時51分から、安否情報をiモードで確認できる「iモード災害用伝言板サービス」に福井県を追加している。

 ボーダフォンも、一部地域で利用できなくなっている。美山町の市波、中手、東河原でVGSが、中手、東河原でPDCが使えない状況だ。一時使えない状態だった福井市の基地局は復旧が終わり、利用可能になっている。

 auは、美山中手、東川原町、福井西の3つの基地局で電波が出ない状況。KDDIによれば、本日中に普及の見込みだという(7月20日15時時点の状況)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう