速報
» 2005年01月19日 08時17分 公開

世界の携帯電話加入者、年内に20億に――Deloitte予測

Deloitteの予測によれば、世界の携帯電話加入者数は年内に20億近くに達し、複数の国・地域で普及率が100%を超すという。

[ITmedia]

 Deloitte & Toucheは1月18日、2005年の通信業界に関する展望を発表した。複数の国・地域で普及率が100%を超すと予想している。

 音声通話の大部分で固定電話が利用される状況はまだ続くが、携帯電話やVoIPなどの競争にさらされて、固定電話は値下げを迫られると指摘。VoIPはコンシューマーと企業の間で通話量とユーザー層が拡大するが、品質や信頼性の問題で成長は限られ、市場にややマイナスのイメージをもたらすだろうと予測している。

 ブロードバンドは2005年も浸透を続け、多くの国でダイヤルアップをしのぐようになる一方、料金は値下がりが続いて利益に響くようになる見通し。ビデオ電話、ネットワーク対応ゲーム機、ホームセキュリティ機器といったブロードバンド製品も投入されるが、運営側があまり宣伝努力をせず、ブロードバンド利用はPCアプリケーション中心の状況が続くと見ている。

 RFIDは今年に入って研究段階から実用段階へと進展。大手小売りチェーンや自動車メーカーなどがサプライヤーにRFIDの採用を義務付けていることが後押しする形で、年末までに100億を超すRFIDタグが販売・利用されるようになると予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう