ニュース
» 2005年09月05日 15時06分 公開

au携帯でエレベーターをメンテナンスするシステム

日立ビルシステムは10月から、auのBREW端末でビル内のエレベーターなどをメンテナンスできるシステムを導入すると発表した。業界初の試み。

[ITmedia]

 日立ビルシステムは10月1日から、KDDIのBREW対応端末でビル内のエレベーターなど昇降機をメンテナンスできるシステムを導入すると発表した。業界では初の試みという。

 日立ビルシステムズが培った昇降機のメンテナンスシステムと、携帯のリモートアクセス環境とを融合させる。これにより昇降機の運転操作、機器のチェックや設定、遠隔診断システムと連携した自動点検の指令送信などが可能となる。

 故障時や緊急連絡時には、専門技術者が常備する携帯などから状況を把握し、ユーザーのもとへ素早く駆けつけられる仕組みを整備した。当日の点検結果などをまとめたメンテナンスレポートを、技術者が携帯する小型プリンターを使って現地で作成、提出するシステムも構築。作業に必要な情報は、日立ビルシステムのデータセンターへアクセスして参照する仕様にするなど、セキュリティ面にも配慮したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー