ニュース
» 2006年01月31日 16時07分 公開

ドコモがフィリピンの通信事業者に出資、現地でiモード開始

NTTドコモは、フィリピンの通信事業者Philippine Long Distance Telephoneに資本参加すると発表した。現地でiモードサービスを開始する。

[杉浦正武,ITmedia]

 NTTドコモは、フィリピンの通信事業者Philippine Long Distance Telephone(PLDT)に資本参加するとともに、現地でiモードサービスを開始すると発表した。PLDTの100%子会社である移動体通信事業者、SMART Communicationsとiモードのライセンス契約を結ぶ。

 NTTコミュニケーションズ、PLDT、およびPLDTの筆頭株主であるFirst Pacific Companyの3社と包括的な事業提携を行うという内容。ドコモはNTTコムの保有するPLDTの株式1263万3486株を、約521億円で取得する。

Photo

 ドコモはPLDTとSMARTに各1人の取締役を派遣し、フィリピンでのiモードサービスの開始、W-CDMAサービスの展開、および日本・フィリピン間の国際ローミングの更なる推進などを目指す。今後は、市場の動向を見ながらPLDTの株式買い増しも検討するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう