ニュース
» 2006年09月29日 07時46分 公開

写真で解説する「811SH」「810SH」(2/2 ページ)

[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

女性をターゲットにブリリアントフェイスデザインを採用──「810SH」

 一方、女性をターゲットにブリリアントフェイスデザインを採用した810SHは、光の具合によって表情が変化するエレガントなデザインが特徴の端末だ。背面が若干カーブしているために、ダイヤ型の模様が少しずつずれて光るため、美しい陰影が浮かび上がる。

 サブディスプレイ部もダイヤ型に処理されており、中央に2行全角6文字表示に対応したモノクロ液晶を備える。表示できる情報は811SHと同じで、時計や電波状態、バッテリーの残量などが確認可能だ。

PhotoPhoto 光が当たるとダイヤ型の陰影が浮かび上がるブリリアントフェイスデザイン。サブディスプレイはミラー状のダイヤ型の中央に組み込まれている。ダイヤルキーのレイアウトは811SHと同じだが、使用されているフォントなどが微妙に変えてある
PhotoPhoto 端子類の配置は811SHとまったく同じで、左側にmicroSDカードスロットと電源端子、右側に上下キー、決定キー、平型イヤフォン/ビデオ出力端子を持つ
PhotoPhoto ヒンジの向かって左側に赤外線ポートを備える。下部には充電台で充電する際に利用する端子がある

811SHと810SHは共通のソフトウェアを搭載

 搭載するソフトウェアは811SHと810SHでほぼ共通となっている。メニュー画面などはまったく同じであるほか、新たに搭載されたフルブラウザの「PCサイトブラウザ」、PDFファイルやWord、Excel、PowerPointなどのファイルが読める「ドキュメントビューワ」などを標準装備する。ほとんどの新サービスに対応しており、ソフトバンクのラインアップの中でももっともスタンダードな端末といえるだろう。

PhotoPhoto 811SH(左)と810SH(右)のメニュー構成はまったく同じだ。搭載されているアプリなどにも違いはなく、純粋にデザインの違いで選べる。サービスの対応状況も同等だ
PhotoPhoto PCサイトブラウザを標準搭載している。PC向けの画面をそのまま表示し、十字キーでスクロールしながら表示する「PCスクリーン」モードと、携帯の画面の横幅に合わせてレンダリングする「スモールスクリーン」モードが選べる
PhotoPhoto S!キャスト購読者向けの新サービス「3Gお天気アイコン」にも対応している。1日3回天気予報や降水確率などを受信し、待受画面に表示してくれる。詳細表示も行える
PhotoPhoto 日本語入力システムは910SHと同様にケータイShoin4を採用している。端末にはVGA液晶の解像度の高さを生かし、高精細な壁紙がプリインストールされている。待受画面のフォントは905SHなどと似た雰囲気だ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー