ニュース
» 2006年10月17日 15時28分 公開

ソフトバンク、国際ローミングサービスの累計利用者が350万を突破

ソフトバンクモバイルの3G携帯電話を、海外でそのまま使える国際ローミングサービスの累計利用者が、2006年9月に350万を突破した。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、同社の3G携帯電話を海外でそのまま使える国際ローミングサービスの累計利用者が、2006年9月に350万を突破したと発表した。

 2006年10月号カタログにて、国際ローミングサービス対応機種として発表されているのは、ボーダフォンコネクトカード「VC701SI」を含む13機種で、166の国と地域での通話が可能となっている。

 また2006年10月31日には、インターネット接続サービスが利用できる地域として、新たにアラスカを追加。こちらは95の国と地域で利用可能となっている。

●国際ローミング対応エリア(2006年10月31日時点)

提供サービス 国と地域 事業者数
通話 166(0) 237(2)
SMS 166(1) 237(3)
インターネット接続サービス 95(3) 130(7)
モバイルデータ通信 95(3) 130(7)
TVコール 16(1) 21(4)
※( )内は2006年10月に増加する対応エリアおよび事業者数


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう