ニュース
» 2006年10月25日 15時45分 公開

ドコモの「iD」、サークルKとサンクス全店舗に導入決定

サークルKサンクスは10月25日、NTTドコモのケータイクレジット「iD」を、2008年春までにサークルKおよびサンクス全店舗に導入すると発表した。

[ITmedia]

 サークルKサンクスは10月25日、三井住友カードと提携し、NTTドコモのケータイクレジット「iD」を、サークルKおよびサンクス全店舗に導入することで基本合意したと発表した。2008年春までに、サークルKおよびサンクス全店舗でのiD取扱い開始を目指すという。

 iDは、店頭に置かれた専用リーダー/ライターにおサイフケータイをかざすだけで、サインレスで利用できるクレジット決済サービス。サークルKおよびサンクス全店舗ではiDのほかに、「Edy」「QUICPay」「Smartplus」の3規格、非接触IC決済サービス「FeliCa」が利用可能となっている。このためリーダー/ライターシステムには、NECが開発を進めているFeliCa汎用リーダー/ライターを採用する予定だ(2006年9月27日の記事参照)。

 また、2007年1月には三井住友カード会員向けに「iDクレジット一体型カード」を発行。携帯電話だけでなくカード形態での利用も可能になるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう