ニュース
» 2007年06月26日 14時32分 公開

データ送受信時間が最大5分の1に──KDDI、「CPAデータ快速オプション」を提供

KDDIは8月中旬から、法人向けリモートアクセスサービス「CPA」におけるWebサイトへのアクセスやファイルの送受信にかかる時間を短縮できる「CPAデータ快速オプション」を提供する。

[ITmedia]

 KDDIは8月中旬から、法人向けリモートアクセスサービス「CPA(cdma Packet Access)」の契約者向けに、Webサイトへのアクセスやファイルの送受信時間を最大5分の1に短縮できる「CPAデータ快速オプション」を提供すると発表した。月額利用料は無料で、初期費用(アドレス設定工事費)は5250円。

 CPAは、auの携帯や高速データ通信カードを利用し、「KDDI IP-VPN」などにアクセスできるサービス。認証サーバーやゲートウェイ機器などの購入が不要で、簡単に導入できるのが特徴だ。CPAにおけるWebサイトへのアクセスやファイルの送受信にかかる時間を短縮可能なCPAデータ快速オプションは、サービス申し込み後、PCに専用クライアントソフトをインストールするだけで利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう