ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年06月06日 11時00分 公開

教えて! 絵師さん:“彼ら”を人間として愛したい あさひろさん

画面の中の人物を“人間”として愛したい――描く時のこだわりをそう話すあさひろさん。さまざまな表情を見せる女の子の中から、お気に入りの子、あなたもぜひ見つけて下さい。

[山崎春奈,ITmedia]
photo ALGL-score-(クリックでpixivへ)

クリエイター:あさひろ

Webサイト:ALGL

pixiv:あさひろ

Twitter:@asahiroalgl

 保育園のころ、ドレスや薔薇の絵を描いては見せてくれた先生がいました。その先生から薔薇の描き方を教わったのを、1番古い記憶として覚えています。

 小学校から高校までは、うちにあったPhotoshopで空いた時間に絵を描いていました。高3の夏、進路を決めなくてはいけない時期になり、当時自分にできることが絵くらいしかなかったので絵の専門学校へ通うことを決めます。

 専門学校で初めて、デッサンやクロッキーを経験しました。難しかったです。卒業間近、またもや進路を決めなくてはいけない時期になり困っていたところ、とあるゲーム会社さんから声をかけていただき、初めてイラストのお仕事をしました。そのままフリーランスのイラストレーターとして活動を始めました。

 そんな風にスタートした生活も4年目になりました。毎日描いていますが、描いている時間はそこまで多くないです。時間で言うと1日2〜5時間くらいですね。のんびりしすぎて、もっと幅を広げて活動した方がいいと言われることもあるのですが、どうしたらいいのか分からないまま今に至っています。

 とりあえず依頼が来たら受ける形で仕事をしていますが、商業・個人問わず自由に描かせていただける仕事が多い上、個人活動も満足にできているので、とても環境に恵まれていると思います。最近は個人で作っている絵本がもう楽しくて、ずっと描いています。絵もそうなのですが、話を考えるのが本当に楽しいです。

 描く時のこだわりは画面の中の人物を“人間”として愛しながら描くことです。私の作品にRolandoという子がいますが、私はRolandoの全てを知っているわけではありません。彼女は人間であり、キャラクターではないからです。人と関わる時、その人の全てを知ることは家族であっても難しいですよね。それと同じです。私は自分の知らないRolandoを描き続けたい、そして新たに見えてきた一面を、さらに愛したいと思っています。

 それから、あまり「綺麗でない」ように心がけています。整いすぎているものがあまり好きではないので、人間の顔も左右対称には描かないようにしています。

 この数年でアート面で引っ張られたな、と思うものは、ゲーム「Bloodborne」(PS4)でしょうか。かなり自分の描きたい世界に近かったので、悔しいと思いつつ、しっかり影響されました。普段は、アートコミュニティー「deviantART」で活躍する写真家さんや、旅行で訪れた場所や印象的な景色などが着想の元になっています。

 作風ではありませんが、「地獄少女」というアニメに、生き方の面で影響を受けた話がいくつかあり、絵を描く上でもその気持ちを忘れないでいます。

 絵を見て「この子好き」と言ってもらえるととてもうれしいです。愛しているとまではいかないかもしれませんが、たくさんの方に自分の作品の子たちを好きになってもらえるなら、これからも頑張りたいと思えます。

教えて! 自慢の1枚

 私からRolandoへの愛を描いた絵です。

photo

 ELからMirelaへの愛を描いた絵です。

photo

 クラシックを聞いていた時に描いた絵です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.