ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年11月09日 06時03分 公開

Niantic、“現実世界のメタバース”「Lightship」のAR開発者キットを公開

「Pokemon GO」のNianticが“現実世界のメタバース”構築のためのプラットフォーム「Lightship」を発表。Unityベースの開発キット「ARDK」を公開した。集英社やソフトバンクがパートナー企業に名を連ねる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「Pokemon GO」で知られる米Nianticは11月8日(現地時間)、同社が「現実世界のメタバース」と呼ぶAR開発者向けプラットフォーム「Lightship」のリリースと、UnityベースのARアプリ開発キット「Niantic Lightship ARDK」の提供開始を発表した。

 hanke Lightshipを発表するジョン・ハンケCEO

 8月に「メタバースはディストピアの悪夢」と警鐘を鳴らしたジョン・ハンケCEOは、「Nianticの設立当初から変わらない目標は、世界中の人々にARを体験してもらうプラットフォームの構築だ。そのためには可能な限り多くの人々の意見と視点が必要だ。だからこそ、開発者、ブランド、クリエイターの皆さんにLightshipのプラットフォームを利用してもらえることを非常に嬉しく思う」と語った。ハンケ氏の提唱するメタバースは、仮想世界に入るのではなく、現実世界で人々を直接結びつけるものという。

 Lightshipプラットフォームは、「Ingress」や「Pokemon Go」、最近公開された「Pikmin Bloom」などを開発・運営してきた同社のゲームの基盤となるもの。

 ARDKはAndroidおよびiOS向けのLightshipアプリを構築するためのソフトウェア開発キット。Unityと統合されており、Mapping(リアル タイムでの現実世界の再現)、Understanding(環境の理解)、Sharing(体験の共有)の3つのAR機能をアプリで提供できる。

 unity Lightship ARDKはUnityと統合されている

 体験の共有のためのAPIで、最大5人のプレーヤーを同時にサポートするARセッションを構築できる。下の動画は、3人のプレーヤーが共同で同じARオブジェクトを加工するデモだ。


 同日公開された発表イベント動画では、日本の集英社、英Science Museum Groupなどのパートナー企業がこのARDKで構築したARを紹介した。ソフトバンク、米Universal Pictures、米Warner Music Groupもパートナーブランドに名を連ねる。

 shueisha 集英社のデモ

 同社はまた、Lighshipに参加する企業を対象に2000万ドル(約23億円)を投資することも発表した。

 イベントのQ&Aコーナーでは、同社が開発中のARメガネについての質問があったが、「現時点で発表できることはない」という回答だった。「ARメガネは非常に人気のあるハードウェアになると確信しており、ARメガネで魔法のような体験をするのに役立つツールとテクノロジーのサプライヤーになるつもりだ」。

 Lightship ARDKは公式サイトからダウンロードできる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.