ITmedia NEWS >

科学・テクノロジー

IT製品・サービスにまつわる新技術や科学の話題を掲載します。

icon

NECが創薬事業に本格参入した。AIを活用して患者ごとにがんワクチンを開発して治療を行うという。

(5月27日 15時06分)
news056.jpg

万物のもとになる元素を規則的に配列し、その性質を解き明かした「周期表」の発明から今年で150年。あらゆる科学研究の基本として、新たな材料や物質の探求など、さまざまな形で人類に貢献してきた。

(5月27日 05時57分)
news042.jpg

東芝は、脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる部分を模倣するハードウェアを米大学と共同で開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を再現したと発表した。

(5月27日 00時00分)
news137.jpg

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは強化学習を活用した自律型ミニチュアカーとその学習環境を提供するサービスを公開した。

(5月23日 19時16分)
news104.jpg

理化学研究所は、スーパーコンピュータ「京」の後継機の名称を「富岳」に決めた。2021年ごろに運用を始める予定で、京の最大100倍の実行性能を目指す。

(5月23日 15時58分)
news056.jpg

探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」への着地準備のための降下を中止した問題で、JAXAは22日、高度を測る計器が異常な値を示したことが原因だったと発表した。既に対策を確立しており、6月末にも2回目の着地を目指す計画に変更はないという。

(5月23日 06時47分)
news090.jpg

バッタなどの獲物を枝に突き刺した「はやにえ」をたくさん食べたモズのオスは、歌がうまくなりメスにモテる――そんな研究成果を、大阪市立大学が発表した。

(5月22日 12時13分)
長生きは本当に幸せか? 医師・ジャーナリスト富家孝が問う:

最先端の研究では「老化はもはや“自然現象ではない”」とされる。となると、老化は病気と同じで、治療も可能になる。一方で、老化はやはり自然現象なのだから、寿命には限界があるという説も根強い。

(5月22日 05時52分)
news049.jpg

丸いボディーに映像を表示しながら飛行できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」、プロペラがなくても空を飛べる「羽根がないドローン」など、球体のドローンを手掛けてきたのが、NTTドコモの山田渉さんだ。山田さんは「SFをサイエンスにする」をモットーに掲げ、モノづくりに取り組んできた。そんな山田さんに、ドローン開発にかける思いやこだわりを聞いた。

(5月22日 05時00分)
news053.jpg

茨城県自然博物館が販売している「恐竜研究かるた」が人気だ。750セットを用意したものの、わずか2カ月で完売し、1900セットを急遽増刷した。博物館の学芸員が考案したかるたには、教材メーカーなどの「知育玩具」とは一味違った、研究者らしいこだわりがにじんでいる。

(5月21日 07時09分)
news103.jpg

東京大学大学院工学研究家の研究グループはこのほど、電力を蓄えることで構造を自己修復する電極材料を発見したと発表した。二次電池は充電のたびに性能が劣化することが知られているが、この電極材料なら、充電により安定な構造に変化するため、充放電を繰り返しても性能が落ちないという。

(5月20日 16時11分)
news050.jpg

超高速で計算できる量子コンピューターの小型化に必要な心臓部の部品を東京大の古沢明教授らのチームが開発した。従来の手法と比べ計算回路を大幅に減らすことができ、量子コンピューターの実用化に一歩近づいた。米科学誌電子版に17日、論文が掲載された。

(5月20日 07時06分)
news133.jpg

東京都市大学の研究チームが、会議の状況に応じて参加者の椅子を振動させると意見交換が活発になるという研究結果を発表した。

(5月17日 19時08分)
news098.jpg

ソニーは5月17日、フルカラーで繰り返し描画・消去ができるフィルムを開発したと発表した。レーザー照射で高速に描画・消去が行えるため、一度印刷したものを後から書き替えられる。

(5月17日 14時46分)
news093.jpg

DNPが視認性を妨げないスマートフォン向けフィルム型アンテナを開発したと発表した。

(5月17日 13時17分)
news064.jpg
平成の科学:

日本の科学は平成の時代に大きく飛躍し、基礎科学と産業技術の両面で発展を遂げた。だが近年は研究開発の勢いが失われ、国際的な競争力は低下。東日本大震災では「想定外」の前に立ち尽くした。再生への処方箋はいまだ見えず、令和時代の大きな課題だ。(小野晋史)

(5月16日 06時10分)
news130.jpg

JAXAと東京大学が、ガンダムとシャアザクの「ガンプラ」を搭載した超小型衛星を打ち上げる。衛星が宇宙空間を背景にガンプラを撮影し、画像を地球へ送信する計画だ。

(5月15日 20時30分)
news112.jpg

AGCは5月15日、窓ガラスに透明ディスプレイを組み込む技術を、世界に先駆けて開発したと発表した。電源を切っている時は通常の窓ガラスだが、電源を入れると映像を表示できる。

(5月15日 16時42分)
news088.jpg

さくらインターネットが、JAXAの人工衛星「つばめ」が撮影した画像を「Tellus」に追加。新宿エリアを4月2日〜5月10日の午後4時半ごろに毎日撮影したもので、新国立競技場の建設工事の進捗状況などを確認できる。撮影高度は約270キロで、他の人工衛星よりも低いため、高い解像度を実現している。

(5月15日 13時20分)
news061.jpg

水中の無線通信で大容量の動画データを送受信することに東京海洋大などのチームが成功した。

(5月13日 07時11分)

北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が今月4日、小型ロケットの打ち上げに成功した。同社は今後、超小型衛星の打ち上げ市場への参入に向け、新型ロケットの開発を本格化する。ライバルは国内外に存在し、技術的な難度も格段に上がるが、人工衛星打ち上げは宇宙開発の“本丸”だ。さらなる高みに進めるか、同社の正念場は今後も続く。

(5月13日 07時06分)
news121.jpg

月は原始地球にあったマグマの海(マグマオーシャン)からできた――JAMSTECらの研究グループが新たな可能性を導き出した。

(5月10日 18時03分)
news054.jpg

JAXAは9日、探査機「はやぶさ2」が6月末にも小惑星「リュウグウ」に2回目の着地を行うと発表した。4月に弾丸を発射して作製した人工クレーターの付近に着地し、露出した地下の物質を採取する。

(5月10日 06時32分)
news125.jpg

脳波測定により感情を可視化するシステムを、電通サイエンスジャムが5月7日に発表。Japan IT Weekで体験してきた。

(5月9日 19時27分)
news006.jpg
コンピュータで“錯視”の謎に迫る:

早稲田大学・新井仁之教授が解説する錯視の世界。第12回では、これまでに錯覚がどのように発見されてきたかをたどります。

(5月2日 07時00分)
news033.jpg
ニコニコ超会議2019:

ニコニコ超会議2019に「寝るブース」が出現。大音量の中で人々は寝られるのか。

(4月27日 16時02分)
news078.jpg

ソフトバンクと米Googleの兄弟会社が、無人航空機を成層圏(上空10〜50キロ)に打ち上げる事業で協業すると発表。ソフトバンクの宮川潤一副社長によると、その目的の1つに「情報格差の解消」があるという。達成に向け、航空機の相互利用などを行っていく。

(4月26日 10時47分)

「探査の大きな扉を開けた」「明らかな大成功」。小惑星「リュウグウ」で人工クレーターの作製に成功したことが25日、確認された探査機「はやぶさ2」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの関係者は口々に喜びを語った。

(4月26日 07時12分)
news141.jpg

探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の表面に金属の塊をぶつけた地点で、人工的なクレーターができていることが確認された。

(4月25日 20時36分)
news058.jpg
平成の科学:

宇宙の一生を探究する「宇宙論」は平成の時代にどう進化したか。米カリフォルニア大バークレー校の村山斉教授(理論物理学)に聞いた。

(4月23日 06時32分)
news052.jpg
平成の科学:

大地震が相次いだ平成は地震予知への期待と幻想が崩れ落ちた時代だった。国は東日本大震災を受け「予知はできない」との方針に大転換し、地震防災の考え方は根底から変わった。転換の当事者である山岡耕春・日本地震学会会長に聞いた。

(4月22日 07時07分)
news112.jpg

ダイソンが「パーソナル」をうたう初の空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool Me」を発売。狙った場所に風を届かせる新技術は、垂直離着陸機の「ハリアージャンプジェット」がヒントになった。

(4月17日 15時10分)

群馬大学と国立感染症研究所のチームが、「寄生虫によるダイエット効果」に関する研究結果を発表した。都市伝説のように伝えられていた「寄生虫ダイエット」だが、研究で何が明らかになったのか。そしていつ実用化されるのか。共同研究者に聞いた。

(4月16日 06時58分)
news054.jpg

半導体を使った量子コンピューターの計算で発生する情報の誤りを高い精度で検出する手法を開発したと、理化学研究所などの国際研究チームが発表した。量子コンピューターに不可欠な技術で、実用化へ大きく前進した。英科学誌に16日、論文が掲載された。

(4月16日 06時49分)
news098.jpg

SpaceXが大型ロケット「Falcon Heavy」(ファルコンヘビー)の商業打ち上げ。空中で切り離した3機のブースターは、すべて自動着陸に成功した。

(4月12日 15時12分)
news114.jpg

ブラックホールを観測した望遠鏡の「視力300万」は視力検査でどこまで見えるか計算してみた。

(4月11日 17時38分)
news055.jpg

世界で初めてブラックホールの撮影に成功した国際チームに参加した国立天文台のメンバーは10日夜、東京都内で会見し、「天文学の新しい時代の始まりだ」などと喜びを語った。

(4月11日 06時30分)
news054.jpg

国立天文台などの国際チームが初めてブラックホールの撮影に成功した。その特徴などをQ&Aでまとめた。

(4月11日 06時25分)
news053.jpg

宇宙で最も重く、謎に包まれた天体であるブラックホールの撮影に世界で初めて成功したと国立天文台などの国際チームが10日、発表した。強い重力で光さえのみ込んでしまうため撮影は困難とされてきたが、高精度の電波望遠鏡を使って「黒い穴」のように見える姿を捉えた。ブラックホールの存在を証明する画期的な成果で、天文学の大きな前進となる。

(4月11日 06時20分)