ニュース
» 2004年01月14日 17時41分 公開

アイワ、USBメモリ着脱式のMP3プレーヤーやデジカメ

MP3プレーヤーはヘッドフォン一体型や防水仕様のモデルも。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは1月14日、USB 2.0フラッシュメモリを装着して使用するMP3プレーヤーやデジタルカメラ計6機種を、アイワブランドで2月1日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 ポータブル音楽プレーヤー4機種はそれぞれ、容量256MバイトのUSBメモリ「Pavit」が付属する。再生可能なフォーマットはMP3のみ。全機種とも、単4形乾電池×1で約11時間連続駆動する。

photo AZ-HS256(左)とAZ-FS256

 ヘッドホン一体型「AZ-HS256」(3月発売、実売予想価格:2万3000円前後)は、ヘッドホン部分にPavitを装着し、単体でMP3を聴ける。重さは129グラム。持ち運び時はコンパクトに折り畳める。音声入力端子を備え、通常のヘッドホンとしても利用できる。

 AZ-HS256にFMデジタルチューナーとバックライト付き液晶ディスプレイを追加した「AZ-FS256」(4月発売、実売予想価格:2万6000円前後)もラインアップする。重さは138グラム。

 Pavit着脱式MP3プレーヤーのベーシックモデル「AZ-ES256」(2月1日発売、実売予想価格:2万3000円前後)は、65(幅)×65(奥行き)×17.8(厚さ)ミリのコンパクトサイズ。本体カラーはシルバー、レッド、グリーン、ブルーの4色から選べる。

 AZ-ES256にFMデジタルチューナーとバックライト付きLCDを追加した「AZ-RS256」(3月発売、実売予想価格:2万6000円前後)も発売する。サイズは67(幅)×67(高さ)×21.7(厚さ)ミリ、重さは79.9グラムと、ES256よりも一回り大きい。

 MP3ファイルをスピーカーから再生できるPavit着脱式MP3プレーヤー「AZ-BS32」(4月発売、実売予想価格:2万円前後)は、お風呂でも利用できるという防滴設計。32MバイトPavitが付属する。

 FMデジタルチューナーとバックライト付き液晶を備えた。単3形乾電池×2で約11時間連続駆動する。サイズは115(幅)×115(高さ)×39.3(奥行き)ミリで、重さは255グラム。

 デジタルカメラ「AZ-C7」(2月1日発売、実売予想価格:2万5000円前後)は、付属の32MバイトPavitを装着して画像を保存する。

 撮影素子は有効204万画素CCD。最大1600×1200ピクセルの画像を撮影できる。内蔵リチウムイオン充電池で約90分の連続撮影が可能(640×480ピクセル時)。1.5インチのLCDを装備する。

 電源オフの状態からワンボタンで撮影できる「ダイレクトシャッター機能」や、明るさの違う写真を4枚撮影し、それぞれの画像から最適な部分を取り出して1枚の画像に合成する「ムーディーショット機能」を備えた。

 画像を保存したPavitをPCのUSBポートに差し込むと、写真日記ソフト「PhotoDiary」が起動して、画像をPCにダウンロード、写真日記を簡単につけられるという。

 サイズは95(幅)×76(高さ)×23(奥行き)ミリで、重さは127グラム。

 Pavit単体も発売する。256Mバイトの「AZ-RM256P」(2月1日発売、実売予想価格:1万1000円前後)と、128Mバイトの「AZ-RM128P」(同、実売予想価格:6000円前後)の2タイプ。

 対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう