ニュース
» 2004年01月14日 18時05分 公開

2004Q1業績発表を控え、Apple株価が上昇

好調が予想される2004年第1四半期の業績発表を控え、Appleの株価が上昇している。

[Peter Cohen,IDG Japan]
IDG

 Apple Computerは1月14日、アナリスト向けのカンファレンスコールを開催し、2004年第1四半期の業績を発表する。既にアナリストによる観測によって13日の株価は上昇を見せている。

 たとえば、Thomas Weisel PartnersはAppleの評価を"Peer Perform"から"Outperform"に引き上げた。Merrill LynchはAppleの目標株価を29ドルに設定し"buy"の評価に変えた。Merrill Lynchによれば、Appleは「一丸となってコアマーケットにフォーカスし、熟練したマネジメントチームを構築するとともに、最重要なことである、イノベーションを再び始めた」という。Merrill Lynchでは2004年の一株当たり利益を42セントと見積もっている。

 興味深いことに、2003年に、ミューチュアルファンド管理会社のJanus Capital GroupはAppleへの投資を6.5%から2.8%まで減らしていた。2003年1月末までをカバーするAppleの委任勧誘状によれば、これは、1300万株分に相当する。このニュースはSECへの提出書類に記載されている。

 Appleの13日東部標準時正午の株価は24.32ドル。最近52週間の最高値は25.01ドルである。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう